アンチエイジングに効果的な果物(フルーツ)を紹介します。

アンチエイジングに果物の効果が注目されています。

老化を防止するという意味を持つ、アンチエイジング。

特に30代以上の女性にとっては、美肌などの美に関するアンチエイジングが注目されています。

近年は食事の改善によるアンチエイジングが話題となっていますが、中でも果物は栄養価が高くて美味しく、女性からの人気が改めて高くなっています。

そこで今回は、アンチエイジングに効果のある果物や、より効果的な食べ方についてご紹介します。

簡単にアンチエイジングした方は、是非、チェックしてください。



スポンサードリンク


アンチエイジングに果物が効果的な理由

アンチエイジングに果物(フルーツ)が効果的な理由を紹介します。

何故アンチエイジングに果物が効果的なのか、その理由や果物を取り入れるメリットについて知っておきましょう。

果物には美肌に効果のある成分が豊富

果物全般にはビタミンやミネラルなどアンチエイジングに効果的な美肌成分が豊富に含まれています。

この2つの成分は美肌に効果のあるものが多く、摂取することでお肌のアンチエイジングが目指せます。

特にアンチエイジングに大切な「抗酸化力が高い成分」が果物に含まれていることが多く、肌の老化の原因となる活性酸素を除去する作用が期待できます。

果物には病気やケガの予防にも効果がある

果物には体のアンチエイジングにも効果を発揮します。

果物は美容面のみならず、健康面でも大きなアンチエイジング効果があります。

風邪の予防や高血圧の改善、血管の若返り、果物の種類によってはガン予防にも効果があると言われています。

骨を丈夫にするビタミンやミネラルが豊富な果物も多いのでケガの予防にも効果が期待できます。

このような事から、果物には体のアンチエイジングの効果が期待できるわけです。

果物を食べるだけで簡単

果物を食べるだけの簡単なアンチエイジング方法なので手軽に出来る。

アンチエイジングの方法には、色々ありますが、何か購入したり、道具が必要だったり面倒な方法もあります。

しかし、果物を食べるだけのアンチエイジングはとても簡単で、誰でも出来る手軽なアンチエイジング方法だと言えます。

アンチエイジングに効果的な果物

アンチエイジングに効果的な果物を厳選して紹介します。

アンチエイジングに効果的な果物の中で、特に美容面でアンチエイジングに効果のある「8つの果物」とその具体的な効果について解説します。

リンゴ

りんごは「医者いらず」とも言われるほどのアンチエイジング効果がある果物です。

りんごには、コレステロールや中性脂肪を減らし生活習慣病の予防、便秘解消、むくみ解消などさまざまな効果が期待できると共に美肌にも効果が期待できます。

老化の大きな原因となるのが、「活性酸素」です。

活性酸素を除去する働きがあると言われているのが、りんごに含まれるポリフェノール類!

なかでも皮の部分に多く含まれる「リンゴポリフェノール」は、強い抗酸化作用を持っていると言われています。

リンゴポリフェノールは皮の部分に多く含まれるので、皮ごと食べることが大切です。

このように、りんごは多くのアンチエイジング効果が期待できる果物です。

参考:りんごの効能・効果!「医者いらず」とまで言われるその栄養効果とは?

パパイヤ

パパイヤはアンチエイジングに効果的な酵素やビタミンが豊富に含まれている果物です。

パパイヤには「イソチオシアネート」という酵素が含まれています。

この酵素には解毒効果があり、細胞を老化させてしまう大きな原因となっている活性酸素を抑制させる作用があります。

酵素だけではなく、豊富なビタミン類が含まれており、それらが持つ抗酸化力が細胞の老化を防いでくれます。

キウイ

キワイはアンチエイジング効果のある酵素が豊富に含まれている果物です。

キウイに含まれる「アクチニジン」という酵素には、胃腸の働きをサポートする効果があります。

この効果により美肌効果・肌トラブルの改善が期待できます。

利尿作用があり、むくみ改善にも効果的。

小顔効果や、むくみによる血行不良が引き起こすくすみの改善にも役立ちます。

ブルーベリー

ブルーベリーはアンチエイジングに欠かせないポリフェノールやビタミンが豊富に含まれる果物です。

ブルーベリーにはポリフェノールが豊富に含まれていて果物の中でもトップクラスの抗酸化力を持っていると言われています。

抗酸化力が高いということは、シミやシワ、たるみなど活性酸素が引き起こす細胞の老化によって起こる肌のトラブルを改善する効果が非常に高いと言えます。

それだけではなく、ビタミンCとビタミンEといったアンチエイジングに効果のあるビタミン類が豊富であることも大きな特徴です。

ブルーベリーはアンチエイジングに効果のある果物の中でもおすすめのひとつです。

ラズベリー

ラズベリーは美白効果の高いエラグ酸が含まれていてアンチエイジング効果が期待できる果物です。

ラズベリーには「エラグ酸」と呼ばれる、美白化粧品などにも配合されている成分が含まれています。

エラグ酸はメラニン色素の働きを抑える作用があり、美白効果が期待できます。

抗酸化力も高く、食物繊維も豊富で美肌や肌トラブルの予防に効果的。なおかつ糖質が低いのでダイエットにも適しています。

イチゴ

イチゴはアンチエイジングに効果的なビタミンCが豊富に含まれている果物です。

イチゴは非常にビタミンCが豊富な果物。

レモンよりもビタミンCが多いことでも知られています。ビタミンCは美白効果がある成分なので積極的に摂取したいですね。

食物繊維も豊富に含まれているので腸内環境を整えて肌トラブルを防いでくれます。

梨は代謝をアップさせてくれるのでアンチエイジング効果が期待できる果物です。

梨には代謝をアップさせる作用があります。代謝が上がれば血行が良くなり、肌にも良い効果をもたらします。

その他にも「フィシン」という酵素が腸の働きをサポートして肌荒れを防いだり、豊富なカリウムによりむくみを改善させるといった美肌に繋がる栄養素が沢山含まれています。

アボカド

アボカドはアンチエイジングに欠かせないビタミン類が豊富に含まれている果物です。

抗酸化に効果的なビタミンE、ビタミンCを始め多くのビタミンが含まれています。

さらに、リノール酸、リノレン酸なども含まれていて、血管の若返り作用もあります。

アボカドは、野菜と分類される場合もありますが、ここでは果物として紹介しています。

果物のオススメの食べ方と注意点

アンチエイジングで果物を取り入れる際に知っておきたい注意点とより効果を高めるための食べ方を紹介します。

目安は1日200g!こまめに取り入れよう

果物は目安量を1度ではなくこまめに食べましょう。

果物に含まれているビタミン類やミネラルは身体に蓄積されずに排出されることがあるため、1度にたくさん食べるよりも毎食少しずつ食べたり、間食として少量ずつ取り入れる方法がオススメ。

高い栄養価がありますが、甘い味からもわかるように糖質も含まれているので食べ過ぎには要注意。

1日200gを目安に毎日取り入れるといいでしょう。

果物1個あたりの重さの目安
  • イチゴ…10g~30g
  • リンゴ・梨…200~300g
  • みかん…100g
  • キウイ…100g
  • パパイヤ…300g

冷凍すると栄養価がアップする可能性もある

実は果物は冷凍すると栄養価が高くなることが海外での実験で分かっています。

特にビタミンCや抗酸化作用のある物質などアンチエイジングに効果のある物質の量が冷凍すると増えると言われています。

生で食べるのももちろん良いですが、冷凍して食べる方法もオススメ。

洗って食べやすくカットして冷凍しておけば、アイスのような感覚で食べられるので間食として最適です。

一度に沢山の果物を効率よく摂取したいならスムージーがオススメ

果物はスムージーにすると効率的に摂取できます。

果物をこまめに摂るのが難しい場合は、朝や夜などにまとめて摂取するといいでしょう。

その際にスムージーなどを作れば効率よく摂取できます。

スムージーなら豊富な種類の果物を一度に簡単に摂取できるというメリットもあります。特に朝だと時間の節約にもなって一石二鳥です。

果物だけでなく葉物野菜などを入れればより栄養価が高くなり、アンチエイジング効果も高めることができるでしょう。

まとめ

アンチエイジングに効果的な果物(フルーツ)を紹介しましたが、いかがでしょうか?

アンチエイジングの為に果物は毎日しっかり摂取し続けることが大切です。

ついつい高カロリーなスイーツを食べてしまいがちだという方は特に、おやつとして果物を取り入れるといいでしょう。

食べ過ぎには注意しつつ、200gを目安としてしっかり続けて摂取することが大切です。

果物はアンチエイジングにはもちろんの事、さまざまな健康効果もあるので、今まであまり食べてこなかったかは、是非、日々の食事に取り入れてください。


スポンサードリンク