白髪染めトリートメントがおすすめな人について紹介します。

白髪染めは美容室や市販の白髪染めを利用して染めていると思います。

しかし、白髪が増えてくると染めてもまたすぐに白髪が目立つようになってきます。

このように白髪染めを繰り返すと髪の毛がダメージを与えることになり髪の痛みに悩む人多いようです。

このように白髪染めで悩んでいる方は非常に多いと言われています。

そんな白髪染めで困っている方に近年注目されているのが「白髪染めトリートメント」です。

そこで今回は、白髪染めトリートメントがおすすめな人と市販の白髪染めとの違いについて紹介します。

白髪染めで髪の痛みが気になる方は、是非、チェックしてみてくださいね。



スポンサードリンク


白髪染めトリートメントと市販の白髪染め(ヘアカラー)との違い

まずは白髪染めトリートメントと市販の白髪染め(ヘアカラー)との違いについて解説します!

白髪染めトリートメントは、ヘアートリートメントのように使うことで白髪染めできる白髪用のトリートメントです。

この白髪染めトリートメントは、一般的な白髪染めヘアカラーとは、異なる点があります。

白髪を染める仕組みが違う

白髪染めトリートメントは髪の表面に色付けるヘアマニュキュアです。

白髪染めトリートメントは、「染料」により髪の表面に色を付けます。

白髪染めトリートメントの髪を染めるために配合されている成分は次のようなものです。

染料の種類
  • 【植物染料】:「ヘナ」などが有名で植物由来の染色効果を持つエキスのこと。
  • 【塩基性染料】:髪の内部ではなく、表面に付着して染色する染色料
  • 【HC染料】:ヘアカラーに使われる染料より分子が小さく、髪を傷める作用が少ない染料

植物染料と塩基性染料は髪の表面に付着して髪を染めます。

「HC染料はヘアカラーと同様に髪の内部に入り込んで髪を染めますが、分子が小さいため髪に優しいという特徴があります。

白髪染めトリートメントにはこれらの染料が複数組み合わされて配合されています。

一般的な白髪染めヘアカラーは、「髪の内部」を変化させて白髪染めする方法です。

このような白髪染めの方法の為、「白髪がしっかり染まる」反面ン、「髪にダメージ」を与える難点があります。

その点、白髪染めトリートメントは、一般的な白髪染めヘアカラーに比べて「染まりずらい」と言う難点がありますが、「髪へのダメージは少ない」と言う特徴があります。

使い方が違う

白髪染めトリートメントは1回では染まらないので繰り返して使う。

白髪染めトリートメントは、一般的な白髪染めヘアカラーのように、1回染めただけではしっかりと白髪染めすることはできません。

その為、満足いくまで白髪染めするには、白髪染めトリートメントを繰り返し使う必要があります。

また、ヘアマニュキュアなので、少しずつ色落ちします。

染めた状態を保つ為には、定期的に白髪染めする必要があります。

白髪染めトリートメントがおすすめな人

白髪染めトリートメントがおすすめな人を紹介します。

白髪染めトリートメントにはいろいろなメリットがありますが、特に使ってほしい人が次のような人です。

髪が傷みやすい人におすすめ

白髪染めトリートメントは一般的な白髪染めで髪のダメージが気になる人に使って欲しい。

白髪染めトリートメントは髪への負担が少ないことはもちろん、むしろ傷んだ髪を補正したり髪が健康になる成分が含まれています。

特に人気のある商品には多くの美髪成分が豊富に含まれています。

白髪染めトリートメントは一般的な白髪染めヘアカラーとは違って、髪を傷めてパサついてしまうということがありません。

中には無添加で髪への負担を最小限に減らしたものもあります。

「髪が傷みやすいから白髪染めの頻度を少なくしている」という方でも頻繁に使用することが可能です。

白髪染めで髪の痛みが気になる方は、是非、白髪染めトリートメントを使ってみてください。

肌が弱く頭皮への影響が気になる方におすすめ

白髪染めトリートメントは一般的な白髪染めで地肌へのダメージが気になる人に使って欲しい。

白髪染めトリートメントなら頭皮にも優しく、ダメージを与えません。

アレルギーが起きるような成分が配合されていないので敏感肌はもちろん、アトピー肌のように極端に肌が弱い方にも適しています。

一般的な白髪染めだと頭皮に次のような違和感を感じる人も多いようです。

「頭皮がヒリヒリしてしまうため、あまり頻繁には使えない。」
「使うときには頭皮に付かないように細心の注意をしなければならない」

このような悩みを持っていた方にとっては、ダメージがなく気軽に使えるので白髪染めトリートメントはおすすめです。

白髪を気にしたくない人におすすめ

白髪染めトリートメントは白髪を気にしたくない人におすすめです。

白髪染めトリートメントを定期的に使うことで染めた状態を保つことができます。

一般的な白髪染めの場合は白髪を発見してから使うことが多いでしょう。ある程度白髪が目立ってきてからそれらを一度に染め上げるという使い方になります。

その場合、白髪があるのかを常に気にしている必要があります。

日々の習慣として白髪染めトリートメントを使うことで、白髪を常に気にする必要がなくなります。

白髪があるのか気にしたくないなた、白髪染めトリートメントを使ってみてください。

髪が細い方におすすめ

白髪染めトリートメントは髪が細い方におすすめです。

髪が細くて柔らかいタイプの人は、一般的なヘアカラータイプの白髪染めを使うと髪が傷みやすい傾向にあります。

傷んでしまうからあまり頻繁に白髪染めが出来ないということも多いでしょう。

白髪染めトリートメントの場合は染める力は少し弱いですが、髪へのダメージが最小限に抑えられているので髪が細くても安心です。

髪の細さが気になる方はトリートメントタイプの白髪染めの中でも刺激の弱いものを選ぶように心がけましょう。

白髪が多く全体に白髪がある人におすすめ

白髪染めトリートメントは髪が多く全体に白髪がある人におすすめです。

白髪が多く髪全体は白髪の人は、すぐに白髪が目立ってしまい白髪染めの回数の多くなってしまいます。

白髪染めを繰り返すことで、髪の毛が相当に傷んでしまう事が多いようです。

その点、白髪染めトリートメントなら定期的に使うことで染めた状態をキープできます。

白髪が多くてすぐに白髪が目立ってしまう人は、是非、白髪染めトリートメントを試してみてください。

白髪染めトリートメントのおすすめ

白髪染めトリートメントの中でも特に人気の高いおすすめアイテムをご紹介します。

参考:白髪染めランキング

  1. ルプルプ ヘアカラートリートメント

    ルプルプ ヘアカラートリートメント

    染料成分は植物由来のベニバナ・クチナシ・藍の葉などを利用していて無添加なのでより髪に優しい白髪染めトリートメントです。

    トリートメント成分は注目素材の「ガゴメ昆布」から抽出されるフコダインという成分です。

    カラーはブラウン・ダークブラウン・モカブラウン・ソフトブラックの4種類。赤みのあるカラーや少し明るめの髪の人でもOKです。

    キャンペーン価格で初めての方限定で1本1,834円(税抜)で購入可能です。

    お得に試すことができるので、初めてトリートメントタイプの白髪染めを使うという方にも最適です。

    商品詳細を見る

  2. レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

    レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

    白髪染めトリートメントにヘッドスパの要素がプラスされた商品です。

    髪に塗りこんでから頭皮をマッサージすることで髪にツヤやハリを与えることが可能です。

    10種類の天然アロマが配合されていて1日のリラックスタイムに使用するのに適しています。

    唐辛子やミントといった8種類の植物由来の髪に良い成分に加えてリニューアルで5種類の髪に良い植物由来成分が5種類配合されました。

    また、ケラチンやコラーゲン、アミノ酸などの成分により髪のハリやコシをアップさせる作用が期待できます。

    乾いた紙にも濡れた紙にも使えて便利!カラーはダークブラウン・ライトブラウン・マロンブラウン・ローズブラウン・ナチュラルブラックの5種類です。

    混ぜ合わせてオリジナルカラーを作って使っている方も多いようです。

    定期便を利用すると600円の送料が無料になる「定期お届けコース」もあります。

    商品詳細を見る

  3. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻ヘアカラートリートメント

    白髪染めトリートメントブームの火付け役ともいわれている人気のアイテム。

    2016年6月の時点で合計1500万本を売り上げています。無添加でノンシリコンなので髪にも頭皮にも優しく毎日使えます。

    イオンカラー・HG染料・植物由来染料が組み合わされていて、髪をいたわりつつもしっかりと染め上げてくれます。

    トリートメント成分は豊富な美容成分を含んでいる天然利尻昆布を始め、28種類の植物由来成分が含まれています。

    髪のパサつきを防ぎ、外的刺激からしっかりと保護してくれます。カラーはライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックの4種類です。

    初回限定で2000円(税別)になるキャンペーンや、2本以上購入すると送料が無料になり専用コームが貰えるキャンペーンもあります。

    商品詳細を見る

白髪染めトリートメントの正しい使い方

白髪染めトリートメントを使うときの正しい使い方や、よりキレイに染めるためのポイントなどをチェックしておきましょう!

白髪染めトリートメント基本の使い方

白髪染めトリートメントの基本的な使い方を紹介します。

基本的な使い方
  1. シャンプーをした後、軽くタオルドライします。
  2. 適量を手に取り、髪に馴染ませます。
  3. 髪全体にまんべんなく伸ばしたら放置します。放置時間は商品により異なります。
  4. お湯に色が付かなくなるまでしっかりと流します。
  5. ドライヤーでキレイに乾かします。

乾いた髪に使用する場合の使い方

商品によっては、シャンプーをする前の乾いた髪に使用すると効果が高い場合もあります。

乾いた髪に使い場合のつい方は次の通りです。

乾いた髪への使い方
  1. 適量を手に取り、髪に馴染ませます。
  2. 髪全体にまんべんなく伸ばしたら放置します。放置時間は商品により異なります。
  3. お湯で流してからシャンプーをする

綺麗に染めるコツ

白髪染めトリートメントでキレイに染めるコツを紹介します。

使い始めは連続で使用するとキレイに染まる

使い始めは、1度ではすべての白髪がキレイに染まらないことがあります。

どの白髪トリートメントも最初は2・3日程度続けて使用することを推奨しています。

色が定着して全体がキレイに染まったと思ったら、後は白髪が出てくる頻度に応じて使っていきましょう。

目安は1週間に1回~3回ほど。肌にも髪にも優しいので、毎日使っても問題はありません。

コームを使うとよりキレイに仕上がる

肌への刺激が少ないので、手で髪に塗っても問題はありません。しかし染料が手についてなかなか取れない場合がありますし、細かい部分にまでトリートメントを塗れない場合があります。

目の細かいコームを使うとムラなく髪全体にトリートメントを馴染ませられます。特に生え際やこめかみの部分などがキレイに仕上がります。

コームを使えば少しの量でしっかりトリートメントを伸ばすことができ、無駄に使うことがなく節約しながら使えます。

専用のコームがセットで販売されている場合もありますが、100円ショップなどに売られている毛染め専用のコームなどでも問題ありません。

シャワーキャップでよりキレイに

シャワーキャップや毛染め専用のキャップをかぶって放置すると、トリートメントがより髪に密着し染まりやすくなります。ムラを防ぐことも可能です。

キャップがない場合は食品用のラップを巻き付けるだけでもOKです。

白髪染めトリートメントの注意点

白髪染めトリートメントはメリットが多いアイテムですが、注意点についても知っておきましょう。

一般的な白髪染めに比べると染まりにくい

一般的な白髪染めに比べると染まりにくいので注意が必要です。

一般的なヘアカラータイプの白髪染めに比べるとトリートメントタイプの白髪染めは髪を傷めずに染めることができます。

しかし、髪の表面にカラー成分を付着させて染めるという仕組みなので、髪の内部に色を入れて染料するヘアカラータイプとは違い、「染まり具合が弱い」「色落ちが早い」というデメリットがみられることもあります。

パーマやヘアカラーとの併用ができない

白髪染めトリートメントはパーマやヘアカラーとの併用ができないので注意が必要です。

美容院などで使われるヘアカラーやパーマ剤などを使うと、白髪染めトリートメントの一部に含まれている「硝酸銀」という成分と反応して緑や青といったカラーになる可能性があります。

実際にトリートメントを定期的に使用している人が美容院でパーマやカラーリングをして、変色してしまったという例が多数報告されています。

病院でパーマやカラーをしたい場合は、1週間以上白髪染めトリートメントの使用を控えてから行うようにするといいでしょう。

肌に合わない場合もある

白髪染めトリートメントは天然成分がメインで肌に優しいものが多いのですが、一部の成分が肌に合わない場合もあります。

特に敏感肌の場合はまず使う前にパッチテストをして肌に合うかどうかをチェックするといいでしょう。

特に今までシャンプーやトリートメントが肌に合わずトラブルが起きたことがあるという方は必ずパッチテストを行いましょう。

不安な場合は返金保証サービスがある白髪染めトリートメントを購入するといいでしょう。

もし肌に合わなかった場合は返金してもらえるので安心です。

まとめ

白髪染めトリートメントがおすすめな人と一般的な白髪染めとの違いについて紹介しましたが、いかがでしょうか?

白髪染めトリートメントは、髪に優しく便利でメリットの多いアイテムです。

使用目的や髪質、白髪の量などによっては一般的なヘアカラータイプが適している場合もありますが、「美しい髪をキープしたい」「白髪の1本も目立たせたくない」という方にとってはとても最適です。

白髪が目立ってくる年齢になると、髪のハリやコシ、ツヤの衰えも気になってきます。

一般的な白髪染めで髪の傷みが気になったら、ぜひ白髪染めトリートメントをチェックしてみて下さいね。


スポンサードリンク