コエンザイムQ10の本当の効果を知ってますか?

コエンザイムQ10は、今では知ってる方も多い成分です。サプリメントや化粧品などにも多く配合されています。

しかし、コエンザイムQ10がなぜ、アンチエイジングに効果的だと言われているかを知っている方は少ないのでは?!

今回は、コエンザイムQ10の働きと効果について解説します。

コエンザイムQ10の素晴らしい効果を知れば、きっと生活の中に取り入れたくなると思いますよ!



スポンサードリンク


コエンザイムQ10には強い抗酸化作用がある!

コエンザイムQ10は、体内のエネルギー源である「ATP(アデノシン三リン酸)」を作りだす酵素をサポートする物質(補酵素)として働きます。

また、ビタミンCの1万倍とも言われるほどの強い抗酸化作用で、活性酸素を取り除く働きをしてくれます。その上に抗酸化作用を持つビタミンEの作用をサポートする働きもあります。

体内にコエンザイムQ10が十分にあると、疲れにくい、若々しい健康な肉体を維持することが可能になります。

体内でも生成されるコエンザイムQ10ですが、20歳代でその量は最大になり、徐々に減少、40歳からは急速に減少していきます。

コエンザイムQ10は体内でも作られる「ビタミン様物質」

コエンザイムQ10は、食品の肉や魚などに多く含まれています。

また、体内では心臓、肝臓、腎臓、骨格筋などに多く含まれ、細胞内ではエネルギーを作りだすミトコンドリアに、血液ではリポたん白質にそれぞれ存在しています。

コエンザイムQ10は、「ビタミン様物質」と言われています。決してビタミンではありません。

では、何故、ビタミンではなくビタミン様物質なんでしょうか?

それは、コエンザイムQ10が生体内でも生成されるからです。ビタミンは「生体内では生成されないけれど、生体内では微量でありながらも重要な存在である」という定義があります。

生体内でも生成されるコエンザイムQ10はビタミンとは区別され、ビタミン様物質と名付けられたのです。

食品からのコエンザイムQ10は吸収率が非常に悪い!

コエンザイムQ10は、脂に溶けやすい物質(脂溶性物質)です。

食品から摂ったコエンザイムQ10は小腸から吸収され、血液中に入っていきますが、外から摂取した量の約6割程度は吸収されずに体外に排出されてしまう「吸収率の悪い」物質です。

少しでも吸収率をアップさせるにはコエンザイムQ10が脂溶性物質であることを活用して、空腹時よりも脂肪分を含んだ食事の後に摂取すると、吸収率がアップします。

また、サプリメントなど使われる場合は、コエンザイムQ10の吸収率悪いデメリットを解消して、吸収率をアップさせています。

体には還元型と酸化型の2種類のコエンザイムQ10

人の体に中にあるコエンザイムQ10には、【2種類】のタイプがあります。

それが、「還元型」と「酸化型」のコエンザイムQ10です。

ただ、そのほとんどが、強い抗酸化作用を持っている「還元型」のコエンザイムQ10として存在してています。

その為、サプリメントなどで摂取する場合も、「還元型」のコエンザイムQ10の方が効果が高いと言われています。

サプリメントなどで「酸化型」のコエンザイムQ10を摂取した場合は、体内の酵素で「還元型」変換して使われます。

コエンザイムQ10のサプリには【2】つの種類


サプリメントなどで配合されるコエンザイムQ10には、吸収率や効果を考え、加工方法により種類があります。

それは、包接体コエンザイムQ10と還元型コエンザイムQ10です。

包接体コエンザイムQ10(酸化型)

酸化型のコエンザイムQ10を使用して吸収率や持続性高めたのが「包接体コエンザイムQ10」です。

酸化型のコエンザイムQ10は、比較的に加工がしやすく、価格も安価な商品が多くあります。

ただ、体内で「還元型」に人の酵素で変換されますが、高齢の人や体調により上手く変換されず「効果があまり発揮できない」場合もあります。

還元型コエンザイムQ10(還元型)

5還元型の酸化型のコエンザイムQ10を使用して吸収率や持続性高めたのが「還元型コエンザイムQ10」です。

還元型のコエンザイムQ10を直接摂取するので、変換する必要がなく効率よく直接「コエンザイムQ10」の効果を実感できます。

一般的に、「包接体コエンザイムQ10(酸化型)」の商品よりも高価な商品になります。

包接型と還元型のコエンザイムQ10サプリのどちらが良い?

「還元型コエンザイムQ10」はダイレクトに作用するので、効果が高い反面、価格は高くなります。

高齢者、体調不良の人、ストレスに弱い人は還元型に変える働きが弱っているので、還元型のサプリメントを選ぶと早く効果を感じることが期待できます。

若い、健康な人は還元型より安価な包接型でも十分、効果を感じられるかもしれませんね。

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10の出発点は医療用医薬品です。ノイキノンといううっ血性心不全の治療薬です。

その後、市販の医薬品として、更にその後、健康食品としての販売も許可されました。

このように順調に許可される経緯をみると、コエンザイムQ10の優れた健康効果と高い安全性を感じることができますね。

心機能を改善する

コエンザイムQ10は心臓にたくさんあります。そのため、エネルギーの元であるATPを増やし、心機能改善の働きを発揮します。

また、抗酸化作用で細胞の老化を抑えることで心臓に活力を与えます。

疲労回復

体内のコエンザイムQ10が増えると、エネルギーが貯まって、健康で疲れにくい身体作りができます。

ハリ、ツヤのある美しい肌をつくる


コエンザイムQ10はお肌のコラーゲンを活性化します。

加齢とともにコラーゲンが減少し、ハリ、ツヤがなくなり、肌のトラブルが増えてしまいます。

コラーゲンの細胞を活性化させる働きがコエンザイムQにあります。

肌の老化を遅らせることができるコエンザイムQ10は、アンチエイジングを目的とした化粧品やサプリメントによく使われています。

生活習慣病改善と予防

コエンザイムQ10には生活習慣病の改善や予防の効果が期待できます。

動脈硬化、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を発症させたり、悪化させる有害な活性酸素をコエンザイムQ10の強い抗酸化作用で除去することが期待できます。

骨粗鬆症を予防する

コエンザイムQ10はコラーゲンを増やし関節を保護します。

加齢とともにコラーゲンが減ると関節が脆くなりますが、コエンザイムQ10はコラーゲンを増やしてくれるので、関節を保護してくれます。

コエンザイムQ10とカルシウムのサプリメントなどを併用することで骨密度を上げることができます。

また、軟骨がすり減っておきる関節痛の改善も期待できます。

コエンザイムQ10の一日摂取量

コエンザイムQ10の一日当たりの摂取量の目安を紹介します。

摂取量の目安
  • 成人で50~100mg/日

上限は確証できるデータが揃わないことから、上限の量を決定するのは困難というのが厚生労働省の見解のようです。

コエンザイムQ10が不足した場合

コエンザイムQ10が体で不足した場合について確認しましょう。

体内の細胞を活性化させるエネルギーが減少するため、疲れやすく、冷えやむくみ、頭痛や腰痛などが出現することがあります。

また、慢性疲労や全身性の疼痛を伴う「小児繊維筋痛症」が、コエンザイムQ10の不足で発症する可能性があることを東京工科大学が明らかにしました。

コエンザイムQ10が過剰に蓄積された場合

新聞などに過剰摂取による有害説が発表されましたが、はっきりとした確証はないようです

また、元々、生体内物質でもあり、過剰摂取による有害な症状は起きにくいとされています。

ただ、コエンザイムQ10は抗酸化作用によって動脈硬化を予防する働きがありますが、動脈硬化をおこした人の血液中には、多量のコエンザイムQ10が存在していたというデータもあったとか。

まだはっきりとこの二つの因果関係はわかっていませんが、たとえ体にいい成分であっても、過剰摂取は常識的に避けるべきだと思われます。

コエンザイムQ10を豊富に含む食品

コエンザイムQ10は肉や魚などの動物性食品に比較的多く含まれています。

豊富に含む食品
  • イワシ:6.4mg/100g
  • サバ :4.3mg/100g
  • イカ :2.4mg/100g
  • 牛肉 :3.1mg/100g
  • 豚肉 :3~4mg/100g



コエンザイムQ10をたっぷり補給したいと一日100mgの目安でコエンザイムQ10を摂るとします。

そうすると、イワシ一匹60gとして換算すると一日26匹、牛肉であれば、一日3.2kgも摂らなければいけません。

一日でこんなに大量に摂ると、健康になるどころか逆に体を壊してしまいます。

そのため、コエンザイムQ10はサプリメントから摂るのが一番、理想的だと考えます。

まとめ

コエンザイムQ10の効果について解説しましたが、いかがでしょうか?

年齢と共にコエンザイムQ10が体から減ってしまいます。

身体やお肌に少しでも衰えを感じたら、是非、コエンザイムQ10の驚くようなアンチエイジング効果を取り入れてみてください。


スポンサードリンク