コラーゲンペプチドが雑誌やテレビなどでも頻繁に耳にするようになりました。

美肌というとコラーゲンといったイメージですが、コラーゲンペプチドはコラーゲンよりもさらに効果的なアンチエイジング成分として注目されているんです。

コラーゲンとは何が違うのでしょうか?

コラーゲンペプチドは数々の研究発表でも、その効果が報告され、かなり期待できそうです。

コラーゲンペプチドの魅力や、効果的な活用方法を見ていきましょう。



スポンサードリンク


「コラーゲンペプチド」と「コラーゲン」の違いとは?!

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いは吸収率が違います。

コラーゲンは、大きな分子の集合体で、分子量は30万個にもなります。

手羽や豚足などを煮込むと、「煮こごり」となって現れてきますよね。

それに対して「コラーゲンペプチド」は、それをさらに熱や酵素を加えて小さく加工したもので、分子量を3000万個ほどにしています。

だから、体内に入ったときに、より吸収されやすくなるんです。

実験検証は多数!コラーゲンペプチドの効果

コラーゲンペプチドはさまざまな研究でその効果が実証されています。

「コラーゲンは、体内に入るとアミノ酸に分解されるから、意味がない」なんて意見もある一方で、コラーゲンの中でも一部はアミノ酸に分解されず、「コラーゲンペプチド」として体に吸収される可能性が示唆されています。(京都府立大学大学院 佐藤健司教授)
(引用元:たるみに効く コラーゲンのとり方 日経ヘルス

コラーゲンがコラーゲンペプチドとして吸収されると、お肌の弾力を作り出す「綿維芽細胞」を増やして、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促すメカニズムが見えて来たのです。

コラーゲンペプチドの有効性を示す、以下のような効果が様々な研究機関より報告されています。

コラーゲンペプチドの有効性
  • 皮膚の保湿度を改善する効果
  • 皮膚症状(シミ、肌のべたつき、吹き出物)や身体症状(便秘、腰痛、冷え性)などの改善
  • 健全な関節を助長し可動性と可撥性を改善する効果
  • シワの改善作用
  • 角質層の水分保持力アップ

こうした研究報告からも、コラーゲンペプチドは健康を促進する効果のみならず、深いシワ、ちりめんジワ、肌のたるみなどでお悩みの方にとっても、最適な救世主となってくれると期待されています。


(効果を示す文献参考の一部)

「プロリルヒドリキシプロリン(Pro-Hyp)」が効果のガギ!?

コラーゲンペプチドが美肌に有効とされる大きな理由は、コラーゲンの含有する「プロリルヒドリキシプロリン(Pro-Hyp)」という成分にあるようです。

この成分は、腸から吸収されても血流に乗って4時間は体内に留まり、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などのお肌の弾力成分を作り出す繊維芽細胞にシグナルを送る働きすることが分かってきました。

その結果、肌の水分量やコラーゲンの量がふえて、シワ・たるみ、更には潤うことでお肌のターンオーバーの正常化が促進され、シミ、くすみの改善にも効果を発揮するとされています

プロリルヒドリキシプロリン(Pro-Hyp)は、動物由来のコラーゲンに多い?!

Pro-Hypは魚由来コラーゲンよりも、豚由来コラーゲンに2倍ほど多く含まれています。

魚由来のコラーゲンを摂取していた方は、豚由来に変えると効果を実感しやすいかも知れません。

後悔しない!「コラーゲンぺプチド」サプリの選び方


コラーゲンペプチドを効率よく摂取するためのサプリの選び方を紹介します。

コラーゲンペプチドの摂取量として、骨・関節には1日10g(10,000mg)、肌には1日5g(5,000mg)でプラスの作用があると言われています。

しかし、食品に含まれる量は極わずかなので、これほどの量を日常的に摂取するとなると不可能に近いです。

そこで役立つのがサプリメント。

粉末やタブレット、ドリンクなど、様々なタイプの品が販売されているので、生活スタイルに合わせてチョイスしてみましょう。

その際には、以下のポイントを抑えていきましょう。

選ぶなら、豚由来のコラーゲンペプチド

有効成分が、魚コラーゲンの2倍!魚よりも豚由来をチョイスしましょう。

パッケージの裏側に記載されているので、しっかり確認したいですね。ただ、現実的には、それほど気にしなくて良いのかもしれません。

コラーゲン分子の大きさは小さい程良い

コラーゲン分子が小さいほどに、体に吸収され易く、効果が実感しやすくなります。

コラーゲン > コラーゲンペプチド > 低分子コラーゲン > トリペプチドコラ-ゲン > ジペプチドコラーゲン

の順に小さくなるので、成分表示の部分に注目してみましょう。

サポート成分は配合されているか

コラーゲンの生成に欠かせない成分の1つに「ビタミンC」が挙げられます。

ビタミンCが不足してしまうと、作り出されるコラーゲンの構造が弱いものとなり、効果を下げてしまいます。

ビタミンCの目安摂取量は1日に100ミリグラムとされていますが、過剰に摂取しても体外に排出されるため、「摂り過ぎ」を心配する必要はないでしょう。

グルコサミンやコンドロイチンも併せて摂取すると、関節炎や関節症に対してより効果を高めることが出来るとされています。

コラーゲンペプチドが摂れるオススメのサプリメントはコレ!

  1. アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲン10000

    アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲン10000

    わずか30mLの小容量に、独自に開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」10,000mgと、シジミに含まれる話題の美容成分オルニチン400mgを配合。コラーゲン効率を20%アップさせるのだとか。

    商品詳細を見る

  2. ミネルヴァ コラーゲン6000

    ミネルヴァ コラーゲン6000

    1本中に豚由来のコラーゲンペプチドをたっぷり6000mg含有した飲料水タイプのサプリメントです。ビタミンC、ポリフェノール(クランベリー)やフラボノイド(キクカ)などの美肌サポート成分もしっかり配合。

    商品詳細を見る

  3. アサヒ パーフェクトアスタコラーゲンパウダー プレミアムリッチ

    パーフェクトアスタコラーゲンパウダー

    魚由来のコラーゲンですが、低分子化したコラーゲンを5500mg、プラセンタ、ビタミンC、グルコサミンなどなど、美容と健康に嬉しい成分もギュッと配合されたサプリメントとなっています。

    商品詳細を見る

  4. サントリーMilcolla[ミルコラ]

    ミルコラ

    コラーゲンの生成に必要とされるPO・OG成分の配合量を増やした、独自開発の「高濃度PO・OGコラーゲン」で注目を集めています。コラーゲンペプチドと、分子の大きさも言う事なしです。内容を一部抜粋してみると、ビタミンC/50mg、コラーゲン/5000mg(PO・OG/4400μg)、セラミド/1200μg、エラスチン/1000μgなど、アンチエイジングしっかり考えた配合となっています。

    商品詳細を見る

「コラーゲンペプチド」サプリメントの効果を高める飲み方

「コラーゲンペプチド」サプリメントの効果を高める飲み方について紹介します。

高い効果が期待できるサプリメントを購入したならば、最大限の効果を発揮させたいものですよね。

効果的な飲み方を紹介します。

飲むタイミングは「就寝前」&睡眠時間を確保する

コラーゲンペプチドを飲むタイミングは就寝前が効果的です。

大人でも就寝すると、「成長ホルモン」が分泌されます。

このホルモンによって細胞の修復・強化が行われ翌日に向けて、コンディションを整えているんです。

このタイミングでコラーゲンペプチドを摂取することで、綿維芽細胞の活動を後押ししようという意図で、就寝前が最適とされています。

ビタミン、ミネラル、たんぱく質等の栄養素は十分に

コラーゲン生成には、アミノ酸、ビタミンCをはじめとしたビタミン類や、鉄、亜鉛などのミネラル類もまた必要です。

これらの栄養素が不十分にならないように注意したいですね。

タンパク質の1日目安摂取量は1キロにつき1グラムとされているので、50キロの方であれば50g以上が目安となります。

まとめ

コラーゲンを摂取するならば、効率よく体に吸収される「コラーゲンペプチド」などの低分子化されたものを選びましょう。

食品から摂取するコラーゲンに比べてはるかに効率が違ってきます。

正しく使用すれば10歳若返りも夢ではないかも?

結果徐々に、そして気が付いた時には、明らかな効果となって現れてくることでしょう。



スポンサードリンク