肌の状態が簡単にチェックできるスキンチッカーの使い方を紹介!

自分の肌に合った化粧品やスキンケア製品を選ぶことは、美肌作りにおいてとても重要なことです。

でも、自分の肌の状態をしっかり理解してますか?

乾燥している気がするけれど、実際のところ水分量と油分量はどのくらいなの?と疑問を抱いたことがある方も多いでしょう。

肌の水分量や油分量、肌の状態チェックをするにはコスメカウンターやエステサロンで測ってもらうという方法があります。

ですが測ってもらうためには化粧品を購入したり、サロンの施術を受ける必要があるので、頻繁に測ったり手軽に試すことはできません。

そこでオススメなのが、自宅で簡単に自分の肌の状態をチェックできる「スキンチェッカー」を使うという方法です。

価格も非常に手ごろなものが多く、ネットなどで簡単に購入できるので多くの人が購入しています。

今回はそんなスキンチェッカーの詳しい使い方についてご紹介します。

スキンチェッカーの購入を検討している方は参考にしてみて下さい。



スポンサードリンク


スキンチェッカーの使い方

スキンケアチェッカーの基本的な使い方について紹介します。

スキンチェッカーは商品によって少し使用方法が異なりますが、基本的な使い方は共通しています。

どのようにして使用するのかチェックしてみましょう。

基本的な使い方
  1. クレンジング・洗顔をして肌を清潔な状態にする
  2. 電源を入れる
  3. 肌に当てるセンサーの部分を測定したい場所に当てる
  4. 音が鳴るなど測定終了の合図が出るまで待つ
  5. 測定が終了したら表示を見る



スキンチェッカーの製品によってばらつきはありますが、ほとんどが10秒以内で測定が完了します。

早いものなら3秒程度で測定が完了します。時間がかかるといったことは全くないので、手軽に測定をすることができます。

肌質の確認方法

肌質は大きく4つに分かれますが、その肌質は水分量と油分量のバランスでチェックすることが可能です。

スキンチェッカーで水分量と油分量を測定したら、今の自分の肌はどの肌質に当てはまるのか確認してみましょう。

水分量と油分量がパーセンテージで表示される場合は、以下を目安にして肌質を測定できます。

肌質のパターン
  • 【普通肌】 水分35~50% 油分20~30%
  • 【乾燥肌】 水分10~30% 油分15~30%
  • 【脂性肌】 水分30~40% 油分35~50%
  • 【インナードライ肌】 水分10~30% 油分30~45%

参照:http://belulu.jp/product/belulu_skinchecker.html


段階表示の場合も上記を参考にして肌の状態チェックをしてみて下さい。

例えば10段階評価で少ないほど数が小さく測定されるスキンチェッカーの場合、水分が2、油分が3と表示されれば乾燥肌であると言えます。

クレンジング・洗顔・化粧水など肌に使用するアイテムはこの4つの中で当てはまる肌質に合わせて選ぶといいでしょう。

但し、乾燥肌に当てはまっていて肌が赤くなりやすい、化粧水などでヒリヒリしやすいという場合は敏感肌の可能性もあります。

乾燥肌・敏感肌のスキンケアアイテムの選び方は似ているのでできるだけ肌への刺激が少ないものや高保湿なものを選ぶといいでしょう。

スキンチェッカーの活用方法

スキンチェッカーの活用方法について紹介します。

日常生活の中でどのように活用していけばいいのか、その方法についてご紹介します。

化粧品を選ぶ指標として使う

現在の自分の肌質を知り効果的な化粧品を選び為に使います。

化粧品選びは自分の肌質に合わせて選びますが、自分で思ってる肌質と実際の肌質が違っていることが少なくありません。

自分では「オイリー肌」だと思ってサッパリタイプの化粧品を選んでいたけど、効果が感じられないなんて時には、実は「乾燥肌」だったなんてことがあります。

その為、スキンチェッカーで自分の本当の肌質を知ることで、効果的な化粧品を選ぶことができます。

ただ、肌質は季節などで変わる場合もあるので、季節ごとの化粧品選びの前には、度々、スキンチッカーで肌質を確認するようにしましょう。

スキンケアの効果を調べるために使う

実践しているスキンケアの効果の状態を調べる為に使います。

たとえば、スキンチェッカーのより乾燥肌と判断れた場合は、肌の乾燥に効果的なキンケア化粧品で保湿ケアを行います。

そのスキンケア化粧品が効果的ななのかは、スキンチェッカーを使って測定することで判断できます。

スキンケア後にスキンチェックで測定して、ちゃんとスキンケアよりも水分量がアップしていればスキンケアの効果がちゃんと出ているということになります。

もし、あまり水分量が上がってないなら十分に保湿されていないということになり、そのスキンケア化粧品があまり効果的でないと判断できます。

そのような場合には、スキンケア化粧品を見直すなどの対策が必要になってきます。

このように、スキンチェッカーはスキンケアの効果を確認するのにも有効なアイテムです。

色々な機能が付いたスキンチェッカーが人気!

スキンチェックカーは肌質チェック機能に加えて付加機能が付いたものが人気です。

スキンチェッカーの多くは水分・油分を計測しますが、それ以外にもいろいろな機能がついているものがあります。

スキンチェッカーを選ぶ際には水分と油分の計測以外にどんな機能がついているのかチェックしてから選んでみましょう。

中でも特に注目されている機能についてご紹介します。

肌の弾力計測の機能

低価格のスキンチェッカーにも多く搭載されているのが弾力をチェックできる機能です。

弾力が低下していることが解ったら、ハリアップのためのスキンケアも取り入れていくことを検討してみましょう。

特に年齢肌で弾力不足が気になっている人にオススメの機能です。

弾力が測定できるおすすめスキンチェッカー

美ルル スキンチェッカー:2,980円
低価格で人気のあるアイテム。3秒でチェックできてパーセンテージ表示なのでわかりやすく、初めてスキンチェッカーを使う方にもオススメです。

スマホとの連動機能

スマホと連携してアプリで肌の状態を管理する機能です。

最近はスマホのアプリと連動してデータをグラフ化したり、適切なケアのアドバイスが受けられるという機能のあるスキンチェッカーも増えています。

数値を見ただけでは解りづらいですが、アドバイスやケアの仕方などが一緒にチェックできれば便利ですよね。

データもグラフとして可視化すればより分かりやすくなります。

スマホとの連動機能があるおすすめスキンチェッカー


マクセル肌レンズ ミモレ:9,780円
水分や油分のチェックだけでなく、高倍率レンズがついていて肌をカメラで撮影、普段は見えない細かい部分のキメやシミを見つけることができる機能が注目されています。専用アプリと連動させれば撮った写真を解析してケアのアドバイスも受けられます。より精密なスキンチェックをしたい方にオススメです。

合成界面活性剤の有無をチエックする機能

スキンチェッカーの先端にブラックライトがついている商品があります。

ブラックライトは化粧品に合成界面活性剤(蛍光剤)が含まれているかどうかを調べるために使用します。

ブラックライトを当てると青白く発光するので、合成界面活性剤(蛍光剤)が使われているか判断できます。

ブラックライト機能付きのおすすめスキンチェッカー


スキンチェッカーAstarye:2,199円
水分・油分はもちろん、ブラックライトや見やすい液晶表示、15回分のデータが保存できる機能など多機能なのに低価格だという点が魅力です。

まとめ

スキンチェッカーの使い方を中心に紹介しましたが、いかがでしょうか?

スキンチェックはコスメカウンターやエステサロンでないと普通は受けられませんが、自宅で手軽にチェックできるようになれば効果的なスキンケアが出来ます。

使い方も簡単で価格も高くないので気軽に肌の状態をチェックできます。

自分に合った適切な肌ケアを行うためには1つは持っておきた美容アイテムです。


今のスキンケアに効果を感じていない方やより効果的なスキンケア化粧品選ぶの為の参考に。是非、スキンチェッカーを手にしてみてください。


スポンサードリンク