「ノンケミカルの日焼け止め」を使う方が増えているようです!

夏はもちろん、オールシーズン手放せないアイテムである日焼け止め。シミやそばかすなどの原因となる紫外線を防ぐためには重要な化粧品の1つです。

日焼け止めには種類があります。その中でも特に注目されているのが「ノンケミカルの日焼け止め」です。

「ノンケミカルの日焼け止め」とはどのような日焼け止めなのでしょうか?

今回は、そんな「ノンケミカルの日焼け止め」について詳しく解説します。

日焼け止めによる「肌への影響」が心配な人は、是非、チェックしてみてくださいね。



スポンサードリンク


ノンケミカルの日焼け止めとは?

ノンケミカルの日焼け止めとは「ケミカル(紫外線吸収剤)」が使われていない日焼け止めです。

ノンケミカルの日焼け止めは肌に優しい

一般的に「ノンケミカル」の日焼け止めは「ケミカル(紫外線吸収剤)」が含まれる日焼け止めに比べて肌に優しいと言われています。

実際に「ケミカル(紫外線吸収剤)」は肌の表面で化学変化を起こすため、肌への負担は大きくなることが解っています。

「ケミカル(紫外線吸収剤)が使われているからすぐに肌トラブルが起きる」というわけではありませんが、敏感肌の場合は紫外線吸収剤が肌に合わなかったり、荒れてしまうこともあります。

また、肌の老化を防ぐためには極力肌への負担を抑えるべきだと考えられており、負担の少ないノンケミカルの日焼け止めは、アンチエイジング的にも注目されています。

特に、肌が弱く肌荒れしやすい人や敏感肌の人などおすすめの日焼け止めです。

日焼け止めに使われる2つの成分

日焼け止めには紫外線を防ぐ成分として紫外線散乱剤か紫外線吸収剤のどちら、もしくは両方が配合されています。

2つの成分の違いをチェックしてみましょう。

紫外線散乱剤

物理的に紫外線を反射させて肌に紫外線が届かないようにする成分です。

塗ることで肌表面を覆い、肌のバリアとなって紫外線を跳ね返していきます。粉末で白色という特徴があります。

一般的に紫外線散乱剤が使われていて、紫外線吸収剤が使われていない日焼け止めのことを「ノンケミカル」の日焼け止めと言います。

紫外線散乱剤として日焼け止めに使われている主な成分には「酸化チタン」「酸化亜鉛」などがあります。

紫外線吸収剤(ケミカル)

紫外線が肌に侵入する前に別のものに変化させて、紫外線が吸収されることを防ぎます。

透明で他の分子と結びつきやすいという特徴があります。

この成分そのものが科学的に紫外線を別のエネルギーに変化させる作用を持っています。

紫外線吸収剤として使われている主な成分には「メトキシケイヒ酸オクチル」「オクチルトリアゾン」「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」などがあります。

ノンケミカルの日焼け止めの「メリット」と「デメリット」

ノンケミカルの日焼け止めにはうれしいメリットと出来れば避けたいデメリットがあります。

ノンケミカルの日焼け止めメリット

UVカット効果が長持ちする

ノンケミカルの日焼け止めは化学変化を起こして紫外線を防ぐ紫外線吸収剤と違い、物理的に紫外線を反射させる仕組みとなっています。

そのため成分の構造が壊れにくく、UVカット効果が持続しやすいという特徴があります。

2種類の紫外線を防ぐことができる

地上に届く紫外線にはA波とB波という2種類があります。

2つは波長が違っていて、A波は肌の奥まで届きシミやシワの原因に。B波は肌を赤くして皮膚がんやシミの原因になると言われています。

紫外線吸収剤にはこのどちらかの紫外線にしか効果が無いものがありますが、紫外線散乱剤は両方の紫外線が防げるというメリットがあります。

ノンケミカルの日焼け止めのデメリット

使い心地が悪いことがある

「白く浮きやすい」「べたつくことがある」といった使い心地に関するデメリットがあります。

また、乾燥しやすいというデメリットもあります。

しかし最近は技術が進み、ノンケミカルでも白浮きしにくく、保湿力が高いものが増えています。

ノンケミカルでも十分に使い心地が良い日焼け止めが増えているので「使い心地が悪い」という点はあまり大きなデメリットにはなりません。

ただし商品を選ぶ際には使い心地が良いかどうかチェックしておくといいでしょう。

稀にアレルギーが起きる可能性がある

肌への負担が軽いノンケミカルの日焼け止めですが、一部の人はノンケミカルの日焼け止めに使われている紫外線散乱剤にアレルギー反応を起こしてしまう可能性があると言われています。

どんな成分でもアレルギーが起きる可能性はあります。肌に優しい成分ではありますが、合う・合わないがあるため、使用する前には一度パッチテストなどをして自分に合うかどうか確認してみましょう。

ノンケミカルの日焼け止めはこんな人にオススメ!

ノンケミカルの日焼け止めがオススメの人を紹介します。

紫外線吸収剤が肌に悪いというわけではありませんが肌への負担を少しでも減らしたいと考えているのならノンケミカルの日焼け止めがオススメです。

以下のような方には特に最適なアイテムとなります。

紫外線吸収剤の含まれている日焼け止めで肌トラブルが起きた人
紫外線吸収剤が起こす化学変化が肌に合わず、肌トラブルが起きてしまったという方はノンケミカルの日焼け止めを選びましょう。原因が紫外線吸収剤であれば、それが配合されていないものを使えばトラブルを予防することが可能です。
肌への負担は最小限にしたい人
極力肌への負担を抑えたいという方には、比較的肌に良いノンケミカルの日焼け止めがオススメです。クレンジングを使わずに落とせるものも多いので、より肌への負担を軽くできます。
敏感肌で肌に不安のある人
敏感肌だと肌への負担が大きい成分によって肌トラブルが起きやすくなります。紫外線吸収剤も肌トラブルの原因になる可能性があります。敏感肌用の日焼け止めにはノンケミカルのものが多くなっています。敏感肌の方にとっては肌への負担が抑えられるので特にオススメです。
肌の調子が環境などによって変わりやすい
普段は肌トラブルが起きなくても、ストレスや環境の変化、季節の変わり目などで肌の調子が変わることで、肌トラブルが起きてしまう方もいます。「決まった時期に肌が弱くなる」「トラブルが多くなる」という方は、肌の調子が悪い時期に合わせてノンケミカルの日焼け止めを使い分けるといいでしょう。
dd>

人気のノンケミカル日焼け止め

口コミサイトや化粧品通販サイト名で人気の高いノンケミカルの日焼け止めを5つご紹介します。

  1. アクセーヌ スーパーサンシールドEX

    アクセーヌ スーパーサンシールドEX

    22g 4,000円(税抜)
    SPF50+ PA+++
    高い紫外線カット力があります。ファンデーションのノリやもちが良くなる下地としての役割も万能です。使い心地が良く非常に人気の高いアイテムとなっています。

    商品詳細を見る

  2. セルパフェ セルパフェザブライトアップ BBクリーム

    セルパフェ セルパフェザブライトアップ BBクリーム

    20g 2,600円(税抜)
    SPF50+ PA+++
    リピーターの多いアイテム。しっかり紫外線をカットしてくれるだけでなく、カバー力も高く、しっかりと下地として役立ちます。

    商品詳細を見る

  3. DHC 薬用サンブロック

    DHC 薬用サンブロック

    30g 1,800円(税抜)
    SPF25
    ウォータープルーフで汗にも強い。薬用なので敏感肌の方にもオススメです。伸びもよく、保湿力も高いとの評価を得ています。

    商品詳細を見る

  4. ボディクレイ ねんどの日焼け対策

    ボディクレイ ねんどの日焼け対策

    80g 1,700円(税抜)
    SPF20 PA++
    クレンジング要らずなので肌への負担が少なくなっています。ベースクリームとしても使え、植物エキスを配合しているので肌にうれしい処方です。

    商品詳細を見る

  5. P.G.C.D バーズプラン

    ボディクレイ ねんどの日焼け対策

    20ml 4,000円(税抜) 40ml 7,000円(税抜)
    SPF17 PA+
    SPF値が低いので普段使いにオススメ。高い保湿力で人気。さらに美白機能のある天然成分が配合されているので肌へのケアができるという面も注目されています。

    商品詳細を見る

まとめ

ノンケミカルの日焼け止めについて解説しましたが、いかがでしょうか?

肌トラブルが起きやすい方や敏感な方にとってメリットの多いノンケミカルの日焼け止めは便利なアイテムとなります。

普段使いするアイテムは肌への負担が少ないノンケミカルの日焼け止めを使い、アウトドアなどをする日はUVカット効果が高い紫外線吸収剤の使われている日焼け止めを使うなどして必要に応じて使い分ける方法もオススメです。

日焼け止めもきちんと肌に合うものを選んで肌トラブルを防いでいきましょう。



スポンサードリンク