光フォトフェイシャルにはどのような効果が期待できるのでしょうか?

光フォトフェイシャルは、肌に光を照射することで肌トラブルを解決していく美容法です。

シミ、しわ、ニキビ跡、たるみ、くすみなど、あらゆる肌悩みに幅広く対応できるとして、大きな人気を集めています。

光フォトフェイシャルは主に、エステサロンや美容外科などで行われていますが、家庭用の美顔器で自分で行うこともできます。

では、実際にはどのような効果が期待出るのでしょうか?

そこで今回は、光フォトフェイシャルの効果とおすすめ家庭用美顔器を紹介します。

光フォトフェイシャルが気になっている方は、是非、チェックしてみてくださいね。



スポンサードリンク


光フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとは一体どのようなものなのか、詳しくチェックしておきましょう。

フォトフェイシャルは顔全体に光(レーザー)を照射する美容法

フォトフェイシャルとは顔に光(レーザー)を照射することで皮膚に働きかけて肌の再生を促します。

フォトフェイシャルでは、IPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる光を利用します。

IPLはレーザー治療で使われる光よりも、パワーが弱い穏やかな光(レーザー)を使います。

レーザー治療はシミが気になる部分など、顔の一部に照射していきますが、フォトフェイシャルは顔全体に照射できるのがポイントです。

実は、この光(レーザー)は、脱毛サロンで行われてる「光脱毛(フラッシュ脱毛)」と同じタイプのレーザーです。

その為、家庭用脱毛器の一部では、カートリッジを交換することで「フォトフェイシャル」の美顔器として使えるものもあります。

医療機関やエステサロンで受けられる

フォトフェイシャルは医療機関やエステサロンなどで受けることが出来ます。

光フォトフェイシャルは、「フォトフェイシャル」や「光フェイシャル」など、いくつかの名称で呼ばれています。

基本的な方式や効果は、同じですが、正確に言うと、両者には違いがあります。

本来、「フォトフェイシャル」とは、米国のルミナス社の光治療用の機器の名称で美容皮膚科・美容クリニックなどの医療機関のみで受けることができます。

一方、エステサロンでも似たような光を使った施術が行われて、「光フェイシャル」「光エステ」など、サロンによって名称はさまざまです。

両者の違いは、光(レーザー)の出力の大きさに違いがあります。

医療機関(美容クリニック・美容皮膚科など)で行われる「フォトフェイシャル」の方が光(レーザー)のパワーが大きく、エステで行われる「光フェイシャルなど」は、比較的に弱い光のパワーでの施術が行われます。

中には、「フォトフェイシャル」と謳って施術が行われていることもありますが、これは正確には誤り。フォトフェイシャルは医療機関のみで受けられる施術ですので混同しないようにしましょう。

ただ、これは呼び名だけの違いなのであまり気にする必要はなく、医療機関とエステの使えるパワーの大きさには違いがあることはしっかりと覚えておく必要があります。

本記事では、医療機関で行われている「フォトフェイシャル」について主にご紹介していきます。

光フォトフェイシャルの効果やメリット

フォトフェイシャルの効果やメリットに迫ってみましょう。

肌の悩み全てに効果が期待

フォトフェイシャルでは光(レーザー)を顔全体に照射し肌の再生をサポートしてくれます。

改善が期待できる肌のトラブルは次にのような物です。

改善が期待できる肌トラブル例
  • シミ
  • そばかす
  • しわ
  • 赤み
  • ニキビ
  • くすみ



このようにあらゆる肌トラブルの改善が期待できます。

この秘密は、照射する光(レーザー)の波長にあるようです。

光の波長には、短い波長のものから長い波長のものまでさまざまあり、その効果も次のような違いがあります。

たとえば短い波長は黒色メラニンに反応しやすいため、シミに効果を発揮。

長い波長は、肌の奥まで届いて細胞を活性化。熱の作用によってコラーゲンの生成を促進して、しわを改善します。

レーザー治療では、単一の波長のみで照射されますが、フォトフェイシャルでは短い波長から長い波長までを同時に照射!

そのためあらゆる肌トラブルに効果を発揮して、肌全体のアップデートをしてくれるというわけです。

ただ、症状がひどい場合は、効果はあまり期待できません。それぞれの肌トラブルについて治療する必要があります。

フォトフェイシャルの効果は、スペシャルなスキンケアと位置づけるのが良いかもしれません。

ダウンタイムが少ない

フォトフェイシャルは、ダウンタイムが少ないのがうれしいメリット!

終わったら普通に化粧をして帰ることができるので、どのようなタイミングでも受けやすいのが特長です。

ただしシミだった部分は、かさぶたとなり一時的に濃く見えます。

一週間ほどすると、かさぶたが取れてきれいになるので、少し辛抱する時間が必要です。

痛みが少ない

フォトフェイシャルはレーザー治療に比べて、痛みが少ないのもうれしいポイント。

フォトフェイシャルは麻酔をしなくても、受けることができます。

ただし、シミがある部分ではパチンとゴムで弾いたような痛みを感じることもあります。

この痛みの感じ方は人それぞれです。

「あまり気にならない程度の痛み」という方もいれば、痛みを感じやすい方の中には「かなり痛い」という方もいます。

この痛みは、フォトフェイシャルで照射される光(レーザー)が、「黒い物」に反応して起こる痛みです。

つまり、皮膚に「黒い」シミなどが有る為に起こる痛みです。

その為、顔が黒く日焼けしている場合は、施術を受けれないこともあります。

フォトフェイシャルを受ける場合は、日焼けしないようにしなければいけません。

光フォトフェイシャルの費用や回数

フォトフェイシャルの気になる費用と回数について解説します。

フォトフェイシャルは医療機関(美容皮膚科・美容クリニックなど)でしか受けられないの、それなりに費用はかかります。

一般的にフォトフェイシャルの相場は、1回につき2万~4万円ほどです。

ただし、初回トライアルは1万円台でできるところもあります。

もちろん1回だけで終わりにすることも可能ですが、一般的に推奨されているのは月1ペースを3~6回。

多くのクリニックが、「○回コース」のようなコース設定をしています。

本気で肌質を改善していきたい方は、このようなコースで定期的に通うのがおすすめです。

もしフォトフェイシャルが高いと感じた場合は、エステサロンの光フェイシャルにするという選択肢もあります。

フォトフェイシャルよりも光の出力が低いため効果は劣りますが、その分相場も安くなります。

自宅で光フォトフェイシャルする

医療施設でのフォトフェイシャルとは異なりますが、同じように光の力を利用した家庭用美顔器も販売されています。

もちろん、フォトフェイシャルやエステサロンの光フォトフェイシャルに比べて、効果は劣りますが、光エステを自宅でも楽しみたいとう方には、こちらもおすすめです。

フォトフェイシャル美顔器のおすすめ

市販されているフォトフェイシャル機能の付いた家庭用美顔器を紹介します。

  1. ケノン

    ケノン

    家庭用光脱毛器としてNO.1級の人気!

    ケノンの光脱毛はフォトフェイシャルと同じ「IPL」方式で光(フラッシュ)を利用して脱毛します。

    ケノンでは、カートリッジを美顔器用に換えることにより、フォトフェイシャル美顔器として使うことが出来ます。

    商品詳細を見る

  2. トリア・スキン エイジングケア レーザー

    トリア・スキン エイジングケア レーザー

    家庭用レーザー脱毛器で有名なトリアの美顔器!

    クリニックでエイジングケアで主に用いる「フラクショナルレーザー」技術を応用したスキンエイジングケアレーザーで若々しく明るい印象のお肌へ導きます。

    商品詳細を見る

まとめ

光フォトフェイシャルの効果について解説しましたが、いかがでしょうか?

フォトフェイシャルは、光を利用した本格的なスキンケアとして人気です。

しかし、ヒドイ状態の肌トラブルには効果薄です。このような場合は症状に合わせたケアを受けましょう。

スキンケアのスペシャルケアしてフォトフェイシャルは位置づけるのが良いと思います。


スポンサードリンク