美白化粧品に含まれる美白の有効成分について紹介します。

美白効果をうたっている化粧品にはいろいろな成分が含まれています。

その中でも高い美白効果を持つものは厚生労働省が「美白有効成分」として認可しています。

この美白有効成分が配合されていなければ「美白化粧品」として販売することはできません。

美白化粧品選びをする際にチェックしておきたい美白有効成分の効果や安全な使用方法についてご紹介します。

トラブルを予防する為にもチェックしておいてくださいね。



スポンサードリンク


厚生労働省が認可している美白有効成分とその効果

美白成分には厚生労働者が認可している成分があります。

厚生労働省が認可している美白有効成分は、それぞれに「シミ」や「そばかす」、「くすみ」の原因となっているメラニンという成分を何らかのメカニズムで抑える働きがあります。

それぞれの美白有効成分が持つメカニズムとその効果についてご紹介します。

シミやくすみを防ぐ「アルブチン」

アルブチンはシミやくすみを防ぐ効果がある成分です。

1989年に美白有効成分として認められた成分です。

シミやくすみはメラニンの発生・活性化によりできてしまいます。

しかし、アルブチンがメラニンが活性化する原因となっている「チロシナーゼ」という成分を抑えてメラニンの発生を防ぎます。

この作用がシミやくすみを防ぐメカニズムとなっています。

参考:アルブチン【あるぶちん】

シミを根本から防ぐ「エラグ酸」

エラグ酸はポリフェノールの一種で化粧品以外にも食品添加物やサプリなどにも配合されています。

アルブチンと同様にメラニンが活性化する原因となる「チロシナーゼ」の働きを抑えてメラニンが作られるのを防ぎます。

シミやくすみができるのを根本から防ぐ作用が期待できます。

参考:エラグ酸がシミを抑制するメカニズム

チロシナーゼの働きを阻害する「コウジ酸」

コウジ酸はシミなどの原因になる「チロシナーゼ」の働きを抑える成分です。

チロシナーゼの原動力となる銅原子を奪う作用があり、それによりシミが出来るのを防いでくれます。

参考:研究開発レポート「コウジ酸」

メラニン生成を防ぐ「ニコチン酸アミド」

ニコチン酸アミドは、ビタミンBの一種で、別名「ナイアシンアミド」とも呼ばれています。

血行をよくしたり、肌荒れを改善したりする効果を発揮します。

また、メラニン生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ美白効果も知られています。

参考:ニコチン酸アミド

日焼け後の美白ケアに最適な「カモミラET」

1999年に美白有効成分として認められた成分で花王が発明した美白成分です。

カモミールエキスなどの名称で化粧品に記載されています。

肌の代謝をアップさせて蓄積されたメラニンが排出されたりできてしまったシミやくすみが薄くなるのを速める作用が期待できます。

特に日焼けをしてしまった日の美白ケアとして適しています。

参考:カモミラET【かもみら いーてぃー】

肝斑にも効果がある「トラネキサム酸」

トラネキサム酸は資生堂が開発した成分で肝斑と呼ばれるシミに対しても効果がる成分です。

肝斑は通常の美白成分では除去や改善できないため非常に注目されている成分です。

また、メラニンを作りだす物質の働きを抑えてシミやくすみを予防する作用もあります。

参考:トラネキサム酸の美白効果や副作用について

ビタミンCをより浸透しやすく改良した「ビタミンC誘導体」

ビタミンc誘導体は美白に効果あるビタミンcをより浸透しやすくした成分です。

色素沈着の防止やメラニン色素が発生するのを防ぐ作用があるビタミンCをより肌に浸透しやすい形に改良したものをビタミンC誘導体と言います。

メラニン等への作用で美白ができるだけでなく炎症を抑える作用でニキビの改善、コラーゲンの生成を促進する作用、そのほかにも毛穴を引き締める作用などがあります。

参考:ビタミンC誘導体とは?

美肌成分としても高い効果を持つ「プラセンタ」

プラセンタは美肌効果と共に美白効果もある成分です。

栄養素が豊富に含まれていて、細胞を若返らせる作用などがあり美肌効果が高いプラセンタ。

肌の代謝(ターンオーバー)を促進する作用がありメラニンが蓄積されてシミやくすみができるのを防いでくれます。

この作用によりシミ予防ケアに活用されています。

参考:プラセンタの効果(1)美白

肝斑にも効果がある「リノール酸S」

サフラワー(紅花)油などから抽出されるリノール酸の美白効果を高めた成分です。

メラニンを活性化させるチロシナーゼを分解して量を減らします。

その作用によりメラニンの活性化が予防でき、シミやくすみを防ぐことができます。

また、他の美白成分ではなかなか改善できない肝斑の改善作用も期待できると言われています。

参考:リノール酸の美白効果

チロシナーゼをロックしてシミを防ぐ「ルシノール」

ルシノールはポーラが開発した美白成分です。

メラニンを活性化させるチロシナーゼはチロシンという成分と合体することでメラニンに変化します。

チロシンの代わりにルシノールがチロシナーゼと合体することでメラニンの発生を抑えるというメカニズムがあります。

この作用によりメラニンが作られなくなり、シミやくすみを防ぐ効果が期待できます。

参考:ルシノール – ポーラ化成工業

メラニン生成を元から抑える「t-AMCHA」

「t-AMCHA」は資生堂が開発した美白成分です。

メラニンの生成を指令する物質である「プロスタグランジン」という成分の生成を抑制する作用があります。

これによりメラニンの発生が抑えられてシミやくすみが出来るのを防ぐ効果が期待できます。

参考:資生堂が開発!t-AMCHA(ティーアムチャ)の美白効果

チロシナーゼを2つの効果で抑える「マグノリグナン」

マグノリグナンは2005年に厚生労働省に認可されたカネボウが開発した美白成分です。

美白成分があるマグノロールという成分を元に作られました。

メラニンを活性化させるチロシナーゼの成熟を抑える作用があります。

さらに成長してしまったチロシナーゼの働きも抑えるためシミの根本の原因であるチロシナーゼを2つの作用で抑えてシミを防ぎます。

参考:マグノリグナンってどういう美白成分?

出来てしまったシミにも効果がある「4MSK」

「4MSK」は資生堂が開発した美白成分でです。

メラニンを活発化させるチロシナーゼの働きを抑えてシミを防ぎます。

また、溜まったメラニンを排出させる作用があるのでシミが出来るのを防いで、できてしまったシミを薄くする効果も期待できます。

参考:4MSK

美白有効成分は安全なのでしょうか?

厚生労働省が認めている「美白成分」の安全性について紹介します。

厚生労働省が認めていた「ロドデノール」という美白有効成分が配合された化粧品を使い、白い斑点が出来る副作用が多くの人に現れた「カネボウ事件」というものをご存知でしょうか?

有効成分であったにもかかわらず多くの人に副作用が出たこともあり、有効成分だからと言って安全かどうかは解らないと疑いを持つ人も増えたと言われています。

他の美白成分は現在安全性が認められている

カネボウ事件で起きたロドデノールによる白い斑点が出来る副作用はあくまでもロドデノール特有のものとされています。

現在、厚生労働省が美白有効成分として認可している他の成分では特に問題となる副作用が出ているわけではないので必要以上に恐れることはありません。

肌に合わない場合もあるので必ずテストをしましょう

安全性はありますが、人によっては美白成分が肌に合わない場合もあります。

美白成分が含まれる化粧品を問わず、肌に使う場合は自分に合うかどうかを確認しなければなりません。

そこで使用する前には必ず「パッチテスト」を行うことを推奨しています。

二の腕の裏など目立たない部分に化粧品を塗って24時間置いておき、赤身やかゆみなどの異常が出ないかを確認します。異常が出なければそのまま使用しましょう。

まとめ

美白化粧品の有効成分について紹介しましたが、いかがでしょうか?

美白有効成分には様々なメカニズムで美白効果が得られるものがあります。

中にはできてしまったシミを薄くする作用が期待できるものも。しかしあくまでも美白有効成分は「メラニンの生成を抑えてシミやそばかす、くすみなどを防ぐ効果がある成分」が認められた成分です。

代謝を高める作用があるものや、表面化したメラニンを排出させる作用があるものなら長期間使うことでシミが薄くなったり目立たなくなる可能性はあります。

しかし、使うことで「シミが消える」ことを証明しているわけではありません。

短期間でシミがなくなるというわけではないので、その点を十分注意して使用しましょう。


スポンサードリンク