酵素洗顔の効果とオススメの酵素洗顔パウダーを紹介します。

酵素洗顔とは、酵素を含むパウダー状になった粉を泡立てて洗う洗顔料のことです。

ここ数年でドラッグストアなどにも多く出回るようになりました。

酵素洗顔は他の洗顔料と比べても特に毛穴の汚れをしっかりと落とす効果が高く、洗浄力が高いと言われています。

クレンジングや洗顔にこだわってもなかなか「毛穴の汚れが取れない」とお悩みの方も多いともいます。

そこで今回は、酵素洗顔の効果や正しい使い方、おすすめの酵素洗顔パウダーを紹介します。

特に毛穴の黒ずみや詰まりなどで悩んでいる方は、是非、チェックしてみてくださいね。



スポンサードリンク


酵素洗顔は酵素の力で角栓や皮脂を分解し落とす

酵素洗顔とは酵素が含まれるパウダーを使った洗顔方法のことです。

酵素には皮脂やタンパクを分解する作用があります。

その為、酵素の力で古い角質や皮脂や毛穴に詰まった汚れを落とすことが出来る訳です。

通常の洗顔では泡で洗い流すだけですが、酵素洗顔なら汚れを分解させてから除去できるので、より高い洗浄効果が期待できます。

総素洗顔には、「皮脂を分解するタイプ」や「タンパク質を分解するタイプ」「皮脂を分解する酵素とタンパク質を分解する酵素の2種類が含まれている」ものがあります。

酵素洗顔の効果

酵素洗顔の効果について紹介します。

酵素洗顔は角質や皮脂を分解してから洗い流すため、通常の洗顔よりも効果的です。

それでは、酵素洗顔の効果について見てきましょう。

毛穴の黒ずみの改善

総素洗顔では「毛穴の黒ずみの改善」効果が期待できます。

毛穴に角質が皮脂が詰まり、それが酸化すると黒ずんで見えてしまいます。

毛穴が黒ずむとメイクをしても上手く隠せなかったり、すっぴんでは鼻の部分がいちごのように見えてしまう「いちご鼻」と呼ばれる状態になってしまうということがあります。

黒ずみは原因である詰まった古い角質や皮脂が取り除かれれば改善されます。

黒ずみはほうっておくと肌全体がくすんで見える原因にもなるため、肌のくすみの改善にも繋がります。

酵素洗顔では、毛穴の中の汚れを酵素の力で、分解してしっかり落とすことが出来ます。

肌のざらつきを改善する

総素洗顔では「肌のざらつきを改善する」効果が期待できます。

最初は見た目ではわからないざらつきも放置しているとみて解るほどのざらつきになってしまうことも。

肌がごわごわした感じになって、ファンデーションが浮きやすくなったり、ファンデーションが肌に密着するのを邪魔してしまうので化粧ノリが悪くなってしまいます。

肌のざらつきの原因は角栓の詰まりや角質の蓄積なので、酵素洗顔でしっかり洗い流せば改善していきます。

肌表面がツルツルになるので、ファンデーションをはじめとした化粧のノリがよくなります。

ニキビや吹き出物の予防

総素洗顔では「ニキビや吹き出物の予防」効果が期待できます。

毛穴に角栓や古い角質が蓄積されると、それらの汚れをエサとする雑菌が繁殖してしまいます。

この雑菌はニキビや吹き出物の原因となります。

酵素洗顔で毛穴に汚れがついている状態を改善すればニキビや吹き出物の原因を取り除いて予防をすることが出来ます。

酵素洗顔の正しい方法や注意点

酵素洗顔の正しい方法や注意点について紹介します。

酵素洗顔には様々な効果がありますが、正しい方法を守って使わなければその効果が十分に発揮されません。

また、いくつかの注意点もあるので確認しておきましょう。

酵素洗顔(パウダー)の使い方

酵素洗顔パウダーの使い方について紹介します。

酵素洗顔は基本的にパウダー状になっているものが基本です。

ここではパウダータイプの酵素洗顔の基本の使い方をご紹介します。

酵素洗顔パウダーの使い方
  1. パウダーを手のひらに載せる
  2. 水かぬるま湯で良く泡立てる
  3. パウダーが溶けるまでしっかり泡立てる
  4. 顔全体を泡で包むようにしっかり洗う
  5. 毛穴が気になる部分を中心的にして洗う
  6. 水かぬるま湯でキレイに洗い流す

酵素洗顔の注意点

酵素洗顔を使う際の注意点をご紹介します。

1日1回、夜の洗顔に使用する

酵素洗顔は「使いすぎない」ように一日一回の使用に留めましょう。

酵素洗顔は汚れをしっかり取り除くことができますが、その分肌のバリア機能を弱めてしまう可能性があります。

そのため朝晩の1日2回行うと肌への刺激が強すぎてしまいます。できるだけ1日1回にしましょう。

また、その1回は朝ではなく夜がベスト。肌のバリア機能が弱い状態で外に出ると紫外線等の外的刺激によって肌がダメージを受けてしまう可能性があります。

夜ならもう外出はしないので肌が外的刺激によってダメージを受ける心配もありません。酵素洗顔は夜の1回だけにしておきましょう。

「常温の水」か「ぬるま湯」を必ず使う

酵素洗顔では泡立てや肌への影響を考え「常温の水」か「ぬるま湯」を使いましょう。

冷たい水や熱いお湯を使うと上手く泡立たなかったり、酵素の働きが衰えてしまうことがあります。

必ず水かぬるま湯を使って泡立てましょう。洗い流す時も水かぬるま湯を使いましょう。

泡立て過ぎなくてもOK

酵素洗顔は「泡立て過ぎ」なくても洗顔力は問題ありません。

普通の洗顔料は、たっぷりの泡の力で汚れを包み込んで落とします。

一方酵素洗顔は酵素の力で汚れを分解するので泡はそこまで沢山作らなくても構いません。

肌に密着するなめらかな泡ができればOKです。

泡立たないからといって水を追加してしまうと全体的に水っぽくなってしまうので注意して負いましょう。

肌が弱い場合は要注意

総素洗顔が洗顔力が強いので「肌の弱い人」は注意が必要です。

酵素洗顔の多くは、毛穴に詰まった頑固な汚れを落とす高い洗浄力を持っています。そのため皮脂を取り過ぎてしまい、肌のバリア機能を弱めてしまうことがあります。

脂性肌などの元々油分が多めの肌質なら特に問題が起きることは少ないのですが、乾燥肌・敏感肌の場合は油分が不足して乾燥が進んでしまう可能性があります。

肌が弱いという方は、低刺激の酵素洗顔を選ぶか、毎日の使用は避けて週に1回などのスペシャルケアをするためのアイテムとして酵素洗顔を使うようにするといいでしょう。

ピーリングと併用するなら月に1回程度がオススメ

酵素洗顔を使っているならピーリングは月に1回程度の使用に留めておきましょう。

ピーリングは酵素洗顔と同様に毛穴に詰まった古い角質や皮脂を除去する効果があります。

しかし、その効果の高さや肌への負担は酵素洗顔より高くなります。

ピーリングは酸の力を使って角質や皮脂を分解します。

酵素洗顔よりも洗浄力は高いのですが肌への負担も大きいので使用頻度には注意。

クレンジングはマイルドな洗浄力のものが最適

酵素洗顔は洗浄力が強いのでクレンジングはマイルドな洗浄力のアイテムを使いましょう。

クレンジングにはメイクだけではなく毛穴の角質や皮脂をしっかりと落とせる洗浄力の高いものがあります。

酵素洗顔と併用すると毛穴の角質や皮脂に対する効果が高まると思われがちですが、その分肌への負担も非常に大きくなってしまいます。

酵素洗顔を使用して毛穴ケアをしているなら、クレンジングはメイクが落ちればOKなのでマイルドな洗浄力のものを選びましょう。

クレンジングクリームやクレンジングミルクなど比較的肌に優しいと言われているものを選ぶことをオススメします。

酵素洗顔パウダーのおすすめ

酵素洗顔の中でも特におすすめのアイテムをピックアップしてご紹介していきます。

  1. Suisai ビューティクリアパウダーウォッシュ

    Suisai ビューティクリアパウダーウォッシュ

    香料着色料フリーで肌に優しい。豆乳発酵エキスが含まれているので保湿効果もあり、洗った後もつっぱることがありません。

    洗浄力は高いながらもアミノ酸系の洗浄成分で

    特別な製造方法で空気と接する面積を小さくして湿気に強くしています。さらに酵素の働きが長く持続するので肌をさらさらにしてくれます。

    商品詳細を見る

  2. パパウォッシュ

    パパウォッシュ

    たんぱく質を分解するパパイン酵素が汚れや古い角質を分解して取り除いてくれます。

    酵素洗顔の中でも得人気が高く、しっかり汚れが取れると話題のアイテムです。

    さっぱりツルツルに洗いあがるので、乾燥肌や敏感肌にはあまり向きませんが、脂性肌や普通肌の方にはオススメです。

    商品詳細を見る

  3. ミノン アミノモイスト クリアウォッシュパウダー

    ミノン アミノモイスト クリアウォッシュパウダー

    低刺激の酵素洗顔なので、乾燥肌・敏感肌の方にもオススメ。

    ざらつきなどを除去しながらも肌のうるおいはキープしてくれます。

    今まで他の酵素洗顔では洗浄力が高すぎて肌に合わなかったという方にも適しています。

    商品詳細を見る

まとめ

酵素洗顔の効果とオススメの酵素洗顔パウダなどを紹介しましたが、いかがでしょうか?

通常の洗顔ではなかなか落ちない毛穴の汚れも、酵素洗顔なら酵素の力で上手に汚れや角栓を分解して取り除いてくれます。

化粧ノリが良くなったり肌が明るくなるなど毛穴の汚れが取れれば様々な美肌効果が期待できます。

毛穴の黒ずみ・詰まり・くすみ・ニキビや吹き出物・肌のざらつきといった悩みを持っている方はぜひ使ってみましょう。


スポンサードリンク