グルテンフリーがダイエット大国アメリカから火が付き日本でも話題です。

グルテンフリーとは「小麦」や「ライ麦」など水でこねることで生まれる「グルテン
」を含む食品を食べないという事です。

その効果は「ダイエット」や「アンチエイジング」効果など、女性にとってうれしいことばかりで、大変注目を集めています。

そこで、今回は、グルテンフリーの効果や、食材などをしっかりご紹介します!

簡単なダイエット方法を知りたい方は、是非、チェックしてみてくださいね。



スポンサードリンク


グルテンフリーが話題の理由

グルテンフリーとは「グルテン」を含む食品を食べないようにすることです。

なぜ、グルテンを食べない方が良いのでしょうか?

グルテンとは?

そもそも「グルテン」とは一体何を指すのでしょうか?

それは、“小麦やライ麦などの穀物の胚乳から生成されるたんぱく質の一種”のことをいいます。

小麦の中には、「グリアジン」と「グルテニン」というたんぱく質が含まれており、水を加えてこねることにより両者が結びつき、「グルテン」が生成されます。

グルテンは、パンや麺類など、小麦の加工食品のモチモチ感やふっくら感を演出します。
まさに小麦製品の美味しさの鍵を握っているのがこの「グルテン」なんですね。

グルテンフリーが人気のワケ

そんなグルテンですが、体にいいことばかりではありません。

グルテンを食べると血糖値が急激に上がり、脂肪を溜め込みやすくなったり、肌をが茶色くくすんでしまうこともあると言われています。

そこで、グルテンを含む食べ物を摂取しない食事法「グルテンフリー」が、多くの人々から支持を集めている、というわけです。

グルテンフリーの効果

グルテンフリーにより、具体的にどのような効果を得られるのでしょうか?。

チェックしていきましょう。

ダイエット効果!

グルテンフリーの効果としてもっとも注目されているのが、そのダイエット効果です。

ミランダカーなど、有名な海外セレブが行って話題になりました。

グルテンを食べると血糖値が急激に上がり、インシュリンが過剰に分泌されます。

これにより、脂肪を溜め込みやすくなってしまうので、ダイエットの大敵となってしまうのです。

グルテンを摂取しないことで、血糖値が急激に上がるのを防いで、余分な脂肪が付くことを防いでくれます。

また、グルテンには食欲を促進する「グリアジン」という成分が含まれており、それが食べ過ぎを引き起こしてしまうこともあります。

お菓子やパンなど、お腹が空いていないのについ食べ過ぎてしまうのは、この働きによるものかもしれません。

グルテンフリーによるダイエットは、いつもの食事から小麦など抜くだけで、過度な食事制限などがないためとても簡単。

ストレスなく続けられ、ダイエットの成功者が多いと言われています。

アンチエイジング効果!

グルテンフリーは、女性にとってうれしい「お肌のアンチエイジング効果」も発揮します。

年齢を重ねた肌にみられる、茶色ぽっいくすみ。

それは、「糖化」と呼ばれる現象が原因で、たんぱく質と糖が結びつくことで、老化を促進させる物質である「糖化生成物」(AGEs)を生成されたことによります。

過剰な糖化生成物は体内に残り、肌をくすませてしまいますので、その原料となるグルテンを摂取しないことで、くすみのない透明感のある若々しい肌が期待できます。

便秘解消!

多くの女性の悩みの種となっている便秘ですが「グルテンフリー」は便秘解消にも効果を発揮します。

一般的に使われている小麦は、胚乳部分がほとんどを占めており、それは、便秘によい働きをもたらす食物繊維が少ない場所でもあります。

特に日本人の腸では、消化に時間がかかり、過度な摂取は便秘を引き起こしやすいと言われています。

野菜などから食物繊維をたくさん摂取しても、なかなか便秘が改善されないのは、小麦の摂り過ぎが原因かもしれません。

慢性的な便秘は、肥満や肌荒れを引き起こし、悪化すると大腸がんなどの病気に繋がりますので、早めにケアしておきたい症状です。

体調改善!

小麦アレルギーでない人でも「グルテンを抜く」ことにより「体調がよくなる」人もいます。

それは、小腸がグルテンに過敏に反応してしまう「グルテン過敏症」や、グルテンを消化しにくい「グルテン不耐症」などの人です。

そのような方が、グルテンをとると、必要な栄養素が十分に吸収されなかったり、毒素を取り込んで慢性的な不調を引き起こすことがあります。

グルテンフリーにより慢性的な不調から解放され、体調改善が期待できます。

グルテンフリーの方法

グルテンフリーをどのように行うのかを解説します。

グルテンフリーの基本ルールをチェックしておきましょう。

グルテンフリーの方法

グルテンフリーはグルテンを含む食品を食べないのか基本です。

グルテンフリーを完璧に行うには、グルテンを含む食品を全て食べてはいけません。

しかし、現実には突然、すべてのグルテンを含む食品を食べないのは無理なので、少しずつグルテンを含む食品を減らしましょう。

まずは、「パン」や「ラーメン」は食べないなどから始めてみてください。

小麦、大麦、ライ麦からできているものはNG!

小麦、大麦、ライ麦からできているものは、基本すべてNGです。

小麦には、強力粉、中力粉、薄力粉などいくつか種類がありますが、全てが該当します。

パン、パスタなど小麦の加工食品、また、シチューや天ぷら、餃子の皮など、調理の際に小麦が使われていることもあるので注意しましょう。

細かく見ていくと、醤油などの調味料にも小麦は含まれています。

少量ですので体に及ぼす影響は少ないですが、完全にグルテンフリーにしたい場合は、グルテンフリーの醤油を使うなどして回避しましょう。

以下に、グルテンを含む「NG食材」と、あまり含まない「OK食材」をまとめておきますので、参考にしてみてください。

NG食材
パン、パスタ、パンケーキ、ホットケーキ、ピザ、うどん、素麺、ラーメン、焼きそば、コーンフレーク、オートミール、ドーナツ、ベーグル、フライ、天ぷら、カレー、シチュー、餃子の皮、焼売の皮、ワンタン、中華まん、スナック菓子、ビール、発泡酒

OK食材
白米、玄米、餅、ビーフン、フォー、春雨、十割そば(10割以外NG)、あわ、きび、キヌア、トウモロコシ、肉、魚、卵、豆類、野菜、果物、牛乳、ナッツ類、チョコレート、ゼリー、団子などの和菓子

これらの食材を見ていくと、まさに私たちにとって身近な「和食」はグルテンフリーの食材が多いことがわかります。

食の欧米化により、小麦を使う食事が多くなっていますが、栄養バランスのよい和食を心がけることが、グルテンフリーの食事にも繋がることを抑えておきましょう。

まずは2週間トライ!

グルテンフリーを取り入れて「2週間」で何らかのよい体調の変化が現れると言われています。

まずは、2週間グルテンフリーを試してみてはいかがでしょうか。

小麦製品を大量に摂取していた人は、3〜4日目あたりで、禁断症状が出てきてイライラすることもあるとされています。

できれば仕事やプライベートなどで精神的に余裕のあるときに始めるのがよいでしょう。

グルテンフリーのおすすめ食品

グルテンフリーの食品も利用すると「パン」や「パスタ」なども食べられるのでおすすめです。

アメリカやニュージーランドなどでは、小麦を米粉などで代用したグルテンフリーの食品も豊富に発売されており、日本でも少しずつ製造されるようになっています。

和食だけでなく、パンやパスタなども食べたい場合には、これらのグルテンフリー食品がよいサポートになりますので、参考にしてみてください。

パン
米粉パン専門店 グルッペ
玄米のマイセン
パスタ
小林製麺株式会社 お米のスパゲッティ
FARMO グルテンフリーパスタ
グラノーラ
むらせライス ライスグラノーラ
国産大麦グラノーラ 信州産林檎&シナモン

まとめ

グルテンフリーの効果について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

グルテンフリーは完璧を求めなければ、簡単に行える「ダイエット方法」です。

少しでも、「NG食品」を食べる量を減らしましょう。

ただし、「OK食品」だといって食べ過ぎては、ダイエットの意味がないので気を付けましょう。

グルテンフリー食品を楽しみながら、まずは2週間トライしてみてはいかがでしょうか?