ラジオ波の効果について紹介します。

ラジオ波による痩身方法は痩身エステの定番メニューの一つです。

痛みもなく、効果的に痩せられる痩身施術として多くの痩身エステで行われています。

しかし、ラジオ波での痩身の具体的な効果や仕組みについて良く判らない人も多いのでは?

そこで今回は、そんな「ラジオ波」の効果や仕組みについて徹底解説!

メリットやデメリット、料金相場などについても詳しくご紹介していきます。

痩身エステをご検討中の方は、是非、参考にしてくださいね!



スポンサードリンク


ラジオ波(RF)による痩身とは

痩身エステなどで行われる「ラジオ波(RF)」とはどのような痩身方法なのでしょうか?

ラジオ波の痩身には、サイズダウンはもちろん、リラクゼーション効果や体質改善、美肌効果など、さまざまな効果があるとして人気を高めています。

ラジオ波(高周波)は電磁波の一種

ラジオ波とは、電子レンジやテレビなどでも活用されている「電磁波」の一種。

radio frequency(ラジオフリークエンシー)の略で、「RF」と表記されることもあります。

ラジオ波は、周波数30~300MHz(波長100km~1m)の高周波のことです。名前からも分かる通り、ラジオの電波として使われている周波数になります。

痩身エステでは、ラジオ波(RF)の痩身マシンとして「サーモシップ」「サーマクール」などが有名です。

ラジオ波で痩せるメカニズム

ラジオ波にはなぜ痩身効果があるのでしょうか?

ラジオ波を集中して照射することで、肌の深部で「振動」を起こして摩擦して熱を発生させます。

同じような仕組みとして「電子レンジ」を想像すると分かり易いと思います。

この「振動」と「熱」の働きにより「脂肪溶解」や「脂肪燃焼」を促進してくれます。

また、リンパや血液の流れもよくなり代謝促進に繋がります。

ラジオ波を使った痩身施術は、痩身エステや美容クリニックで主に行われますが、一般的は、比較的に強いパワーの美容クリニックの方が効果が高いと言われています。

また、近年ではホームエステ機器にもラジオ波を使用したものが販売されるようになりました。

ただし、ホームエステの機器は美容クリニックやエステサロンで使用されるものよりも出力レベルが低く、その分効果も出にくいのが実状です。

ラジオ波を発生させる原理

ラジオ波を発生させる原理には主に「3つ」あります。

モノポーラー式
単一の電極から、身体に付けた電極版にラジオ波を流していく様式。深部の細胞にアプローチすることができ、痩身効果が期待できる。
バイポーラー式
2つの電極からラジオ波を流していく様式。皮膚の浅い部分に効果を発揮して、とくに皮膚の引き締め効果が期待できる。
マルチポーラー式
3つ以上の電極からラジオ波を流していく様式。深部にアプローチでいるモノポーラー式と浅い部分にアプローチできるバイポーラ―式の、両方の効果を得られる複合タイプ。

ラジオ波の効果やメリット

ラジオ波の痩身効果やメリットをチェックしていきましょう。

セルライトを解消

ラジオ波は、カチコチの「セルライト」にもアタックできます!

セルライトは、一見痩せている人にもついている、多くの女性の悩みの種。一度ついたななかなか落としにくく、諦めている方も多いのではないでしょうか。

セルライトは、脂肪細胞と老廃物が結びついてできています。

そこでラジオ波のよる「振動」と「熱」で、脂肪(セルライト)を溶解!

脂肪と老廃物が体外に排出されて、セルライトが解消されるのです。

部分痩せできる

ラジオ波は、気になる部分を集中的にケアし「部分痩せ」の効果を得ることができます。

気になる部分を集中的にトリートメントすることで、その部分の脂肪を溶解。

胸など痩せたくない部分を残して、細くすることができるのです。

エステメニューも基本的にパーツごとで設定されているので、無駄なく気になる部分だけを集中的にひきしめたいにおすすめです。

代謝がアップして痩せやすい体質になる

ラジオ波の痩身施術を受けることで、代謝をアップさせて痩せやすい体質づくりをサポートします。

その理由は、ラジオ波のより発生する「熱」。

身体深部を温める作用があるので、施術を繰り返すことで冷え性も解消されて、代謝がアップし痩せやすい体を目指すことができるのです。

冷え性やむくみでお悩みの方は、セルライトが出来やすいのでセルライトの予防にもなります。

痛みやダウンタイムがない

ラジオ波の痩身施術は、痛みやダウンタイムがないのもうれしいポイントです。

同じく痩身効果のある“脂肪吸引”の施術後にみられる傷跡やアザ、腫れなどは全くありません。

痛みに弱い方や、アザを作りたくない方などにもおすすめです。

リラクゼーション効果

ラジオ波による痩身施術にはリラクゼーション効果があります。

ラジオ波を当てることで、全身がポカポカと温まり、リラックス。

グイグイと押し流すリンパマッサージで感じるような痛みもなく、人によっては気持ちよくて眠ってしまうこともあります。

痩身効果に加えて、リラクゼーション効果も得たいという方にもぴったりの施術といえるでしょう。

美肌効果

ラジオ波の痩身施術は、痩身効果だけでなく「美肌効果」も得られるのがうれしいメリットです。

秘密は、ラジオ波の熱。

熱を与えることによってコラーゲンが損傷して、肌はそれを再生しようとしてコラーゲンが増加するため、ハリ感がUPするのです!

痩せるだけではなく、キュッと引き締まったハリ肌を得られるのが、ラジオ波の大きな魅力のひとつといえるでしょう。

ラジオ波のデメリットと注意点

優れた痩身効果やうれしいメリットがあるラジオ波ですがデメリットや注意点もあります。

即効性がない

ラジオ波の痩身施術は、比較的に効果が緩やかで即効性がないと言われています。

人によっては1~2回の施術で効果を部分的なサイズダウンができる場合がありますが、代謝がアップして痩せやすい体質になるには、何度か施術を繰り返す必要があります。

ラジオ波で、確実に痩せやすい体質を手に入れたい方は、時間が少し掛かることを念頭にいれてはじめましょう。

ただ、最新鋭のサーモシップなども痩身マシンだととても効果が高く、即効性も期待できると言われています。

ただ、一般的な痩身エステでは、痩身施術を組み合わせてメニュー化しています。

他の痩身方法(エンダモノジー、ハンドマッサージなど)と組み合わせることで効果を早く感じることができます。

金属アレルギーの人は注意

金属アレルギーの方はラジオ波の痩身施術は注意しましょう。

ラジオ波の機器で使用される金属には、さまざまな種類があり、人によってはアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。

近年ではアレルギー対策として、金やチタン、プラチナなどを使用した機器が増加中。

金属アレルギーをお持ちの方は、ラジオ波の機器にどのような金属が使われているのか、サロンに確かめてから受けるようにしましょう。

妊娠中は受けられない

胎児への影響が確認されていないことから、ラジオ波は妊娠中に受けられません。

サロンによっては授乳中も禁止している場合もあります。

出産後、ラジオ波で体型を戻したいとお考えの方は、医師にご相談の上、適切なタイミングで受けるようにしましょう。

ラジオ波の回数・頻度・相場

ラジオ波の回数・頻度・相場をチェックしておきましょう。

回数
5〜10回の施術を繰り返すのが一般的。

1~2回でサイズダウンを実感できる場合もありますが、痩せやすい体質に改善していくためには、継続して施術を受けましょう。

頻度
1〜2週間に1回が一般的。
相場
1部位あたり10,000円から20,000円程度。
月額制度にしているサロンもあります。

まとめ

ラジオ波の痩身施術の効果について紹介しましたが、いかがでしょうか?

ラジオ波による施術は、「部分痩せ」に加え、代謝をアップさせて太りにくい体質を目指すことができる痩身方法です。

また、「熱」の効果で冷え性やむくみが気になる方にもおすすめです。

またリラクゼーション効果や美肌効果なども、うれしい魅力があります。

美容クリニックやエステサロン、整骨院などでも取り入れている場合があるので、気になる方はチェックしてみてくださいね!



スポンサードリンク