くすみカラーを取り入れたメイクが注目されています!

「くすみカラー」はファッションはもちろん、ヘアカラーやネイルの分野でも人気がありました、最近ではメイクでも「くすみカラー」が注目されています。

2017年春には従来の淡いパステルカラーを使ったメイクではなく、あえて「くすみカラー」を用いた「メイク」がトレンドとなっています。

くすみカラーをポイントに使用したメイクは大人の女性にも非常にオススメです。

今回は、「くすみカラーと取り入れたメイク」のメリットや方法について紹介します。



スポンサードリンク


くすみカラーメイクとは?

シックでビンテージな雰囲気のある「くすみがかった」カラーを用いたメイクのことです。

秋冬のメイクとしてはよく使われているカラーでしたが、人気が高まっており、秋冬以外の時期でもよく使われるようになっています。

あえてくすんだ色をポイントに使うことで、顔全体を明るく見せるという効果があります。

大人の女性や、大人っぽく上品に見せたい方を中心に注目されています。

くすみカラーとはどんな色のこと?

「くすみカラー」とはくすみ掛かった色ことで、グレーが混ざったような色合いのことを指します。

パステルカラーは白の配合が多い色合いで、その反対だと考えると解りやすいですよね。

くすみカラーの代表としては「グレイッシュカラー」「アッシュカラー」などで日本では昔から人気の高いカラーです。

ファッションやネイルではここ数年「くすみカラー」が非常に高い人気を持っています。

最近では、メイクの「くすみカラー」を取り入れるのがトレンドとなってきています。

くすみカラーメイクのメリット

くすみカラーを使ったメイクにはどんなメリットがあるのか詳しくチェックしてみましょう。

上品でシックな雰囲気に

大人っぽさを演出できるカラーなので、メイクの仕上がりが全体的に上品な印象になります。

普段使いはもちろん、フォーマルなシーンやちょっとしたパーティ―にも活躍するメイクになります。

大人っぽいメイクが楽しめる

くすみカラーは大人っぽく見せることができます。

年齢を重ねると明るくて華やかすぎるカラーがあまり合わなくなってきます。

実際にパステルカラーのメイクが似合わなくなってきたと感じる30代・40代の女性は非常に多いようです。

くすみカラーを使ったメイクはパステルカラーのように浮くことが無く、大人っぽく見せることができます。

明るいカラーも素敵ですが、くすみがかったカラーを使用することで30代以上の大人の女性にぴったりの<大人らしい雰囲気>を出すことが可能になります。

日本人に合うカラー

くすみカラーは日本人の肌色に合っていると言われています。

淡いカラーが似合う人もいますが、黄色人種である日本人の肌のカラーや顔立ちには淡いパステルカラーが似合わないことの方が多いです。

くすみがかったカラーの方が似合う場合が多いので「くすみメイク」は日本人にとてもマッチしたメイク方法と言えます。

透明感やツヤが演出できる

くすみカラーは肌の「透明感」や「ツヤ」を演出できます。

明るすぎるカラーは使い方によっては悪目立ちしてしまうことがあります。

一方でくすみカラーは肌に自然に馴染み、深みを与えてくれます。この効果が透明感やツヤを演出してくれる効果に繋がります。

顔全体がくすまないようにするには、明るいカラーを取り入れるのではなく、逆にくすみカラーを入れることが効果的になることもあります。

くすみカラーを取り入れたメイクのポイント

くすみカラーを取り入れたい方ためにポイントを紹介しますので参考にしてみて下さいね。

「リップ」でくすみカラーを取り入れる

くすみメイクを取り入れやすいのはリップです。

普段のメイクをして、リップをくすみカラーに変えるだけでOKです。

一気にシックな雰囲気になることができますし、取り入れやすいのでオススメです。

ボルドーに近いくすんだ赤や、肌になじみやすいくすみ感のあるベージュカラーなどがオススメ。

いつも明るめのリップを選んでいるという方は特に、新しいメイクアイテムとしてくすみカラーのリップを取り入れてみては?

くすみカラーを取り入れる際は、乾燥していると本当にくすんだように見えてしまいます。

そのためリップではツヤ感を出すことが重要になります。

高保湿成分が配合されているものなど、ツヤが長続きするタイプのリップを選ぶといいでしょう。

くすみメイクを際立たせるポイントはベースメイク

くすみメイクを際立たせるにはベースメイクが肝心です。

くすみメイクをするときは、ベースメイクがきちんとできていないと野暮ったく見えたり、本当にただ「くすんでいる」だけに見えてしまう可能性があります。

そのため、ベースメイクはしっかりと行いましょう。

乾燥した肌にならないように、ファンデーションはツヤ感のある、血行が良く見えるようにワントーン明るめのカラーを選ぶといいでしょう。

また、乾燥を防ぐために保湿力の高い下地やファンデーションを選ぶというのもポイントになります。

アイシャドウをくすみカラーにして印象的な目元に

アイシャドウもくすみカラーを取り入れやすい部分になります。

ブラウンやボルドーといった暗めのくすみカラーをチョイスして、まぶたに馴染ませましょう。

くすみカラーをアイシャドウで取り入れると目元が締まって印象的になります。

ベースはくすみカラーにしておいて、目尻にポイントで華やかなカラーを入れるというのもオススメです。

くすみカラーメイクのおすすめアイテム

どのブランドも新色としてくすみカラーのアイテムを発表しています。

中でもオススメのアイテムをご紹介します。

  1. マキアージュ ドラマティックルージュ

    マキアージュ ドラマティックルージュ

    マキアージュは「あえてのくすみ色」というテーマのもと、多くのくすみカラーのアイテムを出しています。

    中でもマキアージュの人気アイテムの1つであるドラマティックルージュでは新色を3つ出しています。

    美容オイル配合でツヤが長続きする万能リップ。新しいカラーを取り入れるにはとてもオススメのアイテムとなっています。

    オススメカラー
    ・ヴィンテージピンク
    ・ヴィンテージレッド
    ・ヴィンテージベージュ

    商品詳細を見る

  2. THREE ウイスパーグロスフォーアイ

    THREE ウイスパーグロスフォーアイ

    グロスタイプのアイシャドウで、THREEの中でも大人気のアイテム。

    その中でもくすみ具合がよく、彫深な目元に仕上げてくれるのがグレー系のカラーです。

    適度な透明感が生まれて1色でも陰影ができるので、複数の色を使ってグラデーションなどを作らなくてもシックで印象的な目元になります。

    オススメカラー
    ・WANDERLUST DREAMER(ラベンダーグレー)
    ・TW:CEMENT SERENADE(ジェントルグレー)
    ・IC:SHADOWPLAY(グレイッシュマホガニー)

    商品詳細を見る

  3. ルナソル フェザリーニュアンスアイズ

    ルナソル フェザリーニュアンスアイズ

    スモーキーなニュアンスを演出できる2色セットのアイシャドウ。

    立体的で奥行きのある目元になれるアイテムです。適度にくすみがかったカラーなので取り入れやすく、ノーズシャドウとしても使えるので便利です。

    パステル系アイシャドウに比べてくすみがかっているカラーなので、一重や置く豚絵の人でも腫れぼったくならないというメリットもあります。

    オススメカラー
    ・モーヴピンク
    ・ナチュラルベージュ

    商品詳細を見る

まとめ

くすみカラーメイクについて解説しましたが、いかがでしょうか?

あえてくすんだカラーのコスメを使うくすみメイクは、

「明るくはっきりとしたカラーやパステルカラーだと派手すぎる印象になってしまう」
「年々淡いカラーが似合わなくなってきた」

と感じる方にはとてもオススメのメイク方法です。

くすみメイクは、トレンドメイクとして注目されてはいますが、大人の女性にとっては流行に関わらず使えるテクニックです。

今まで華やかなカラー中心にコスメを選んでいたという方はぜひ、くすみがかったカラーを取り入れる「くすみメイク」に挑戦してみて下さい!

まずはリップやアイシャドウなどのアイテムを使ってポイントとして取り入れていく方法がオススメです。

今回ご紹介したくすみメイクのやり方も参考にしてチャレンジしてみましょう!


スポンサードリンク