年齢と共に少しでも若く見られたい願望が出てきます。

30代を過ぎると「若く見えるメイク方法」にも興味が増してくるでしょう。

年齢と伴に、いろいろとカバーするためにメイクが濃くなりがちです。

しかし、濃いメイクは、年齢を感じさせるメイクの代表のようなもので出来れば避けたい所です。

そこで、今回は、濃くなり過ぎない「若く見えるメイク」のポイント(方法)について解説します。

ついメイクが濃くなり、老けて見られる事が多い方は、是非、チェックしてみてください。



スポンサードリンク


若く見えるメイクのポイント(方法)

部位別に、若く見えるメイクのポイントをご紹介します!

気になる部分がある方はぜひ一部分だけでも「若見えメイク」を取り入れてみてくださいね。

若見えメイクの基本!ベースメイクは薄めに!

ベースメイクは濃くならないよう注意しましょう。

年齢を重ねると隠したい部分が増えて、どうしてもファンデーションが濃くなりがちです。

しかし、厚塗りは老けて見える大きな原因になりかねません。

くすみが目立つ場合は、ピンク系の下地やBBでしっかり顔のトーンを明るくしてからファンデーションを塗りましょう。

またクマやシワなど顔に影が出来ていて気になる場合は、厚塗りするのではなくコンシーラーやハイライトなどで光を入れてあげるようにしましょう。

ファンデーションのカラーは明るすぎないものを

明るすぎるファンデーションは違和感を与えるので少し明るい程度を選びましょう。

明るいファンデーションを選ぶことで顔の色を若々しく見せることができます。しかし明るすぎると浮いてしまうので要注意。

首と顔の色の差があまり出ないように注意して選びましょう。

若々しく見せるにはツヤ感も大切です。パウダーよりもリキッドタイプの方がツヤ感が出せるのでチェックしてみましょう。

ブランベースのアイメイクでナチュラルに

若い時はブラックのアイラインでも良いのですが、年齢を重ねるとブラックは浮いてしまう傾向にあります。

そこでアイラインはブラウンやダークブラウンなどの比較的ナチュラルなカラーを選ぶことをオススメします。

年齢が上がるとどうしてもラインが引きづらくなるので、ペンシルタイプなどでふんわりと書き、後からシャドウブラシで線をぼかすとナチュラルかつ大きな目元が作れます。

アイシャドウもブラウン系がオススメ。ベースカラーをベージュにすると、くすみが無くなり透明感が出ます。使うカラーは1色か2色ほどにして過度なグラデーションは付けなくてもOKです。

ブラウン系のカラーが肌に合わないと感じる方は、ネイビー系のカラーを選ぶことをオススメします。

ブラックよりも濃くならず、自然で若々しい印象になりますよ。

くすみのない華やかなリップメイクを!

年齢を重ねると口角が下がりがちなので、リップラインは比較的はっきり描いてあげましょう。

唇の形にもよりますが少しオーバー気味に輪郭を描いていきます。

カラーはワントーン明るめの色を選びましょう。

濃すぎるレッドやプラムなどのカラーはセクシーで大人っぽい印象がありますが、老けてみえる原因になってしまいます。

パーティメイクなどであれば良いですが、普段のメイクでは明るめのピンクやベージュ、濃すぎないレッドやコーラル系のカラーを肌に合わせて選ぶといいでしょう。

ブラシで丁寧に唇の縦シワを埋めるように塗っていくとキレイに仕上がります。

血色の良い肌に見せるチークのポイント

華やかな明るめのカラーも良いですが、肌馴染みの良いカラーだと血色がよく見えるので若々しい印象になります。

サーモンピンクやコーラルピンクなどがオススメです。

肌色によっても合うカラーが違うのでよく試してみて選びましょう。

30代を過ぎると頬の位置が下がるので、上がって見えるようにチークは少し高めの位置に入れるように心がけましょう。

スキンケアも重要です!

メイクをよりキレイに見せるには、土台となる肌のコンディションが良い状態であることが条件となります。

いくら良いファンデーションを塗っても、肌が乾燥していればすぐに崩れます。また、上手く化粧が乗らない可能性もあります。

そこで普段からしっかりと「保湿ケア」「アンチエイジングケア」に取り組むよう心がけましょう。

そうすることでよりメイクの仕上がりを良くできます。

特にベースメイクは普段のスキンケアによって仕上がりが大きく変わるので注意しておきましょう。

人気の大人向けコスメ

大人な女性に人気のコスメをピックアップして紹介します。

30代にもなると、コスメに掛けるお金も増えてくる方が多いはず。30代・40代・50代になると1つ1つのアイテムに掛けられる金額もアップしていきます。

そのため、ハイブランドコスメやアンチエイジングができるアイテムを出しているブランドが人気となる傾向にあります。

この傾向に合わせて、「大人向け」「30代以上向け」のコスメブランドも続々登場しています。中でも30代~50代を中心に人気の高い、オススメアイテムをご紹介します!

  1. アルビオン エクサージュホワイト ホワイトコンディショニングパウダー

    アルビオン エクサージュホワイト ホワイトコンディショニングパウダー

    30代以上に圧倒的人気のあるエクサージュ。

    スキンケア製品の人気が高いブランドですが、コスメも人気のものが多いです。

    このホワイトコンディショニングパウダーはスキンケア効果のある美白パウダー。

    スキンケアの仕上げにすると美白効果が得られます。ちょっとした買い物程度ならこのパウダーだけでOK!と感じる人が多いほど、きちんと肌を整えてくれるのでとても便利です!

  2. シャネル レ キャトルオンブル

    シャネル レ キャトルオンブル

    30代を過ぎると「ハイブランドコスメも1つくらいは持っておきたい」と考える女性も多いでしょう。

    シャネルのアイテムは品質もよく評価が高いアイテムなのでオススメです。

    特に人気の高いこちらのパウダーアイシャドウは使い勝手の良いカラー配色、上品かつ華やかな大人に似合うパール感がポイントです。

    商品詳細を見る

  3. RMK リクイドファンデーション

    RMK リクイドファンデーション

    うす付きでしっかりカバーしてくれる人気のファンデーション。

    30代女性のユーザーも多いアイテムです。みずみずしいので乾燥が気になり始めた方にオススメ。

    若く見えるポイントであるツヤ感やナチュラル感がアップするので、年齢肌のベースメイクに適しています。

    ツヤ感が出るのにマットに近い質感に仕上がるので、しっかりメイク派の方にもオススメです。

    商品詳細を見る

  4. ランコム ヴィルトゥーズ ドールアイ

    ランコム ヴィルトゥーズ ドールアイ

    品質の高いスキンケアアイテムを豊富にそろえているランコム。

    こちらのマスカラは日本人女性のために開発されたもので高い評価を得ているアイテムです。

    にじまず落としやすいという点が魅力的。長さを出すのに適しているので美しく華やか、若々しいまつ毛メイクに役立ちます。

    若い年代のユーザーも多いですが、大人女性からの支持も高いマスカラです。自まつ毛が短い人やすくない人でもぱっちりとした若々しい大きな目元が作れます。

    商品詳細を見る

  5. ディオール アディクトリップ マキシマイザー

    ディオール アディクトリップ マキシマイザー

    年齢を問わず大人気のアイテム。カラーバリエーションも豊富で乾燥が気になる大人女性のカサカサ唇をしっかりと潤わせてくれます。

    コラーゲンやヒアルロン酸が配合されているので他のグロスと比べても圧倒的に高い保湿力があります。

    唇のカサつきや発色の悪さが気になっている方には非常にオススメです。

    商品詳細を見る

まとめ

若く見えるメイクの方法(ポイント)について紹介しましたが、いかがでしょうか?

若見えメイクの最大のポイントは次の通りです。

濃くしすぎないこと

錯覚を利用して上手く悩みをカバーすること

くすみを抑えるカラーを使うこと

自分の肌に合った色を使うこと

くすみを抑えたり、血色を良くするのに適したカラーを選ぶことをオススメしていますが、人によって合うカラーは違います。

今回ご紹介したカラー選びやメイクのポイントを参考にしつつ、より若く見せたい・美しく見せられる大人向けメイクがしたいと考えている方は、デパートのコスメカウンターなどで相談してみましょう。



スポンサードリンク