やる気を出す方法を脳内ホルモンに着目して紹介します。

「やる気が出ない」と感じることは誰にもあると思います。

なんとかして「やる気」を出したいけれど、なかなか難しいと感じていませんか?

仕事、勉強、趣味、ダイエット……etc.

無理矢理にやる気を上げようとしても上手くいきません。

では、どうしたらいいのか?

ズバリ!やる気を上げるには「脳内ホルモン」を上手く分泌させることがカギになります。

そこで今回は、脳内ホルモンをコントロールして気を出す方法をご紹介します。

脳内ホルモンを上手く分泌させ、やる気を出しましょう!



スポンサードリンク


やる気には脳内ホルモンが大きく影響

やる気を出すには脳内ホルモンを上手く分泌させる事が必要です。

私たちの脳内には、さまざまなホルモンが分泌されています。それらの脳内ホルモンは、心や体にあらゆる影響を与えています。

「やる気」もそのひとつ。

やる気に満ち溢れたり、逆にテンションが下がりやる気がなくなってしまうのも、脳内ホルモンが大きく影響しているのです。

そんな「やる気」に深く関わっている脳内ホルモンとやる気の関係について紹介していきましょう。

ドーパミン

「ドーパミン」はやる気を出すのに直結する脳内ホルモンです。

ドーパミンは成功したり、褒められたとき分泌され、「うれしい!」「気持ちいい!」などの快感を感じさせます。

この快感が、「やる気の元」となる分けです。

上手くドーパミンが分泌できないとやる気がなくなり、無気力な状態になります。

しかし、ドーパミンが分泌されすぎると、攻撃的になったり、依存心が強くなったり、会話をコントロールできなくなるなどの症状も出てきてしまいます。

その為、適度のドーパミンの分泌は抑える必要があります。

ノルアドレナリン

「ノルアドレナリン」は、集中力を高めるに必要な脳内ホルモンです。

ノルアドレナリンは高揚感をもたらしたり、集中力を高めてくれる作用があります。

この脳内ホルモンが上手く分泌されないと意欲がなくなり、無気力な状態になりやる気が出ません。

ただし、ノアアドレナリンが分泌されすぎると、興奮し過ぎてしまい攻撃的になり怒りっぽくなってしまいます。

ドーパミン同様、適度に分泌されることが、とても大切です。

セロトニン

「セロトニン」は気持ちを前向きにするのに必要な脳内ホルモンです。

「セロトニン」は、別名「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内ホルモン。

セロトニンは多幸感を与え、明るく前向きな気持ちにさせてくれる働きがあるので、やる気を出すのに必要です。

不足すると、無気力になったり、気分が落ち込んでしまうので、やる気を低下させる原因になります。

この「セロトニン」が不足した状態が続くと、「うつ病」などの気持ちの病気の原因にもなります。

また、ドーパミンやノルアドレナリンが出すぎるのを適度に抑えてくれる作用もみられます。

セロトニンをしっかり分泌させることで、脳内ホルモンのバランスが整い、明るくやる気のある日々を送ることができます。

やる気の元「脳内ホルモン」を正常に分泌させる

やる気の元となる「脳内ホルモン」を正常に分泌さる為に大事な事を紹介します。

脳内ホルモンは、生活のシチュエーションに応じて分泌され使われます。

しかし、体調や悪しき「生活習慣」「食生活」などにより上手く分泌されない場合があります。

このような状態では、脳内ホルモンが上手く働かない為に、「やる気」を出すことが難しくなります。

ここでは、正常に脳内ホルモンを分泌させる為の、生活習慣、食生活などについて紹介します。

質の良い睡眠でストレスケア

質の良い睡眠をしっかりとることは、脳内ホルモンを正常に分泌させやる気を出すためにとても大切です。

睡眠は人の体には欠かせないことは誰もが知っていると思いますが、特に「ストレス」の解消が大きなポイントになります。

ストレスを手っ取り早く解消するのが「睡眠」。人は寝ている間に、脳の老廃物を清掃して、昼間に受けたストレスを解消しています。

強いストレスにさらされると脳内ホルモンが分泌されずらくなると言われています。

本来、脳内ホルモンが分泌されるようなシチュエーションになっても上手く脳内ホルモンが分泌されずに、集中力が保てなかったり、気分の落ち込みが続く為に、やる気が起きない原因になります。

「睡眠負債」というワードが話題となりました。

日々、少しずつ蓄積させれていく睡眠不足が、やがて脳のパフォーマンスを著しく下げるというものです。

睡眠不足を自覚していない方も、「少し寝足りないな」という日が続かないように、上手に睡眠時間を確保していきましょう。

また、すぐに質の良い睡眠に入るために、次のようなことを心がけてみましょう。

湯船に浸かってから眠る
湯船に浸かると、体の深部まで温まります。すると、体は内蔵を守ろうとして徐々に深部体温が低下。人が眠くなるのは、この深部体温が下がったタイミングです。寝る1時間前くらいに湯船に浸かると、効率的に眠りつきやすくなるでしょう。
眠る1時間前くらいからスマホやパソコンの操作は止める
スマホやパソコンから発せられるブルーライトは、眠りに誘うホルモン「メラトニン」の分泌を抑制してしまいます。眠る1時間前には、スマホやパソコンの操作を止めて、部屋を暗くしてリラックスして過ごすようにしましょう。
寝る前のカフェインの摂取は避ける
玉露、コーヒーなどに多く含まれるカフェインは、覚醒作用がある成分。その作用は4~5時間ほど続くともいわれています。寝る前は、心身ともにリラックスできるノンカフェインのハーブティーなどがおすすめです。

朝日を浴びる

朝日を浴びることで、前向きな気持ちにさせてくれる「セロトニン」の分泌を促すことができます。

また、セロトニンが分泌された約15時間後には眠りに誘うホルモン「メラトニン」が分泌され、夜、質の良い眠りをとるためにも、朝日を浴びることが有効になります。

10~30分程度でOKですので、ベランダに出たり、軽く散歩をするなどして朝日を浴びてみましょう。

その際、朝日が網膜に当たるとセロトニンが分泌されるので、サングラスはせずに浴びると効果的です。

バランスの良い食事

バランスの取れた食事は脳内ホルモンの分泌に必要です。

炭水化物をはじめ、肉や魚、卵、大豆製品などのたんぱく質や、野菜類、海藻類などを含めたバランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

とくに「卵」は、脳にとっては完全栄養食といわれている食材。

また、大豆製品に含まれる「チシロン」という栄養素はドーパミンやノルアドレナリンを分泌を高める作用があります。

意識的に摂取してみてはいかがでしょうか。

やる気を出す方法

脳内ホルモンを分泌させやる気を出す方法を紹介します。

好きなこと、得意なことから手を付ける

沢山のタスクを抱えているときは、好きなことや得意なことからはじめる、というのもやる気を出す方法のひとつ。

その秘密は、「ドーパミン」。ドーパミンは「気持ちよく」させてくれる脳内ホルモンです。

好きな事、得意な事から始めれば、ドーパミンが分泌されて「気持ちよく」させてくれます。

その後に、続けて他の作業を行うことで、やる気が継続します。

ご褒美を設定する

ご褒美を設定することも、やる気を出す方法になります。

ご褒美をもらえる事でやる気も元となるアドレナリンがたっぷり分泌されるのです。

・この作業が終わったら、美味しいカフェラテを飲もう
・ダイエットに成功したら、憧れのブランドの靴を買おう

といったように、自分の関心の高い事をご褒美にしましょう。

もちろん、ご褒美はひとつじゃなくてもOK!

今日のご褒美、今週のご褒美、今月のご褒美、今年のご褒美、など、短・中・長期的なご褒美を設定すると、あらゆる目標に向かってやる気を出すことができます。

何のご褒美もなくただトライするよりも、ずっとやる気がでて集中を保つことができますよ。

目標を細かく設定する

目標を細かく設定することで達成感を得る事ができてやる気を出す方法になります。

作業や勉強などの目標を遠くに設定すると、達成までに時間が掛かり過ぎてやる気が失せてしまいます。

その為、目標を細かく設定することで、達成感をその都度、感じてドーパミンの分泌を促進できます。

ドーパミンの働きで次の作業のやる気を出すことができます。

テンションの上がる音楽を聴く

テンションの上がる音楽を聴くこともやる気を出すのに効果的です。

テンションの上がる音楽は、高揚感を感じて脳内ホルモン「ノルアドレナリン」を分泌させます。

この働きでやる気を出すのに効果が有ります。

好きだからと言って、暗いテンションの下がる音楽は逆効果です。

甘い物を少し食べる

甘い物を少し食べるのもやる気を出すのに効果的です。

疲れた脳を活性化させるのに、糖分が効果的なのはよく知られています。

甘い物を食べると脳内ホルモン「セロトニン」が分泌されストレスが解消され幸せな気分にさせてくれます。

このストレス解消の働きで、やる気を出す効果が期待できます。

ただ、沢山、食べるのは厳禁です。

血糖値が急激が上がると逆に、集中力が低下する原因になります。

周りの人に目標を公言する

周りの人に目標を公言するのもやる気を出すのに効果的です。

周りの人に目標を公言することで、自分にプレッシャーを与え脳内ホルモン「ノルアドレナリン」を分泌させやる気を出すことができます。

ただ、プレッシャーに弱い方は、ストレスが多くなって逆に、やる気を失う場合もあるので注意が必要です。

作業の目的や本質を理解する

作業の目的や本質を理解するのもやる気を出す方法の一つです。

作業などのやる気が出ない原因のひとつに、「やらされてる作業」という思いがあります。

自分の為の大事な作業は、やる気には関係なく行えるものです。

しかし、やられていると思える作業は、「何のためにする?「意味がるの?」「なんで私が?」そんな思いが潜んでいます。

まずは、その作業の目的な必要性など理解しすれば、テンションもあがり脳内ホルモン「ノルアドレナリン」が分泌されやる気も出てきます。

まとめ

る気を出す方法について脳内ホルモンとの関係とともに紹介しましたが、いかがでしょうか?

やる気が出ない特は誰にでもあるものです。

やる気が出ない日が続く場合は、まずは、食生活を見直し、睡眠をたっぷり取りストレスの解消を行いましょう。

やる気を出すには健全な精神とに肉体があってこそ生まれてきます。

その上で、やる気を出す方法(コツ)を取り入れてみてください。

やる気のある素敵なあなたを取り戻しましょう。



スポンサードリンク