しじみの効果・効能が凄いと注目されています。

しじみは、わたしたちの食卓に馴染み深い貝類のひとつ。

肝臓にやさしく、二日酔いを予防すると言われています。

実は、二日酔いの予防効果以外にも、女性にとってうれしい効果が沢山あるんです!

そこで今回は、しじみの効果・効能を詳しくご紹介していきます。

健やかに美しくありたいあなた、一緒にしじみのうれしい働きをチェックし行きましょう!



スポンサードリンク


しじみの効果・効能

しじみの効果・効能について詳しくみていきましょう。

オルニチンが肝臓に良い効果

しじみに含まれるオルニチンにより肝臓に良い効果が期待できます。

まずは、広く知られているしじみの「肝機能の良い効果」について押さえておきましょう。

肝臓の働きは、大きく分けて次の3つ。

栄養を体内で必要なエネルギーに変える「代謝」機能

有害な物質を無害化する「解毒」機能

脂肪を消化する「胆汁の生成」をして排出する

このように肝臓は私たちの体にとって、非常に重要な働きを担っている臓器です。肝臓の機能が弱まると、「疲れやすい」など体に悪影響が出てきます。

この肝臓の働きをサポートしてくれるのが、しじみに含まれる遊離アミノ酸の一種「オルニチン」です。

体内では、たんぱく質の代謝の過程で毒性のある「アンモニア」が発生します。

肝臓は、「オルニチンサイクル」と呼ばれる回路で、この有害なアンモニアを無毒化する働きが有ります。

オルニチンは、肝臓の細胞内でアンモニアを解毒する代謝経路、オルニチンサイクルの一部を構成します。尿素回路とも呼ばれ、この回路でアンモニアは無毒な尿素に変換されます。尿素を産生した後、オルニチンは肝臓で再生されます。オルニチンは、オルニチンサイクルの働きを活発にすることでミトコンドリアの働きを助け、肝臓全体の本来の機能を保つと考えられます。

この働きをサポートするのがしじみにも含まれる「オルニチン」!

もともとオルニチンは体内で作ることができますが、肝臓を酷使しているとオルニチンの量が足りなくなり、解毒がスムーズに行われなくなってしまいます。

このような状態になると、「倦怠感」や「二日酔い」「体の機能低下」などの症状が現れていきます。

そこで、しじみを食べることで体内にオルニチンを補充することができて、オルニチンサイクルが活性化し肝臓の機能が高まります。

肝機能が高まることで、「疲労の回復」や「二日酔いの予防」「体の機能アップ」などの効果が期待できるわけです。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、胃のように痛みを訴えてくれるわけではなく、調子が悪くなっても私たちはなかなか気づくことができません。

だからこそ、意識してケアをするのが大切です。

とくにお酒を飲む機会が多い方は、最後にしじみのお味噌汁で〆るなどして、肝臓をケアしてみてはいかがでしょうか。

鉄分が貧血を予防・改善!

しじみには、女性にうれしい貧血を予防・改善する効果も期待できます。

秘密は「鉄分」。実はしじみには豊富な鉄分が含まれています。

鉄分は、血液中の赤血球のヘモグロビンをつくるミネラルで、全身の細胞や組織に「酸素」を届ける働きがあります。

鉄分が不足すると「鉄欠乏症貧血」いわゆる“貧血”を引き起こすことになり、立ちくらみ・めまい・疲れやすさ・肩こり・イライラ・動機などあらゆる不調を招きます。

鉄分はこの辛い貧血の症状を予防・改善してくれるのがヘモグロビンの材料となります。

鉄分は大きく分けて2種類、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」があります。

ヘム鉄は、肉や魚に含まれる鉄分、非ヘム鉄はほうれん草などの野菜や豆類に含まれる鉄分で、しじみの鉄分は「ヘム鉄」に分類されます。

このヘム鉄のいいところは、体への吸収率が高いところで、非ヘム鉄の吸収率2〜5%に対し、ヘム鉄は、吸収率が10〜20%もあります。

特に女性は月経があり毎月大量の血液を排出するため、貧血を起こしやすいと言われ、日本女性のじつに7割は鉄分不足で、4人に1人が貧血状態にあるといわれています。

疲れやすい、めまいがすると感じている方は、貧血の可能性も考えられます。

このように、しじみは鉄分が豊富なので貧血の予防の為にも、日々の食活に取り入れてください。

美肌効果

しじみには、美肌効果も期待できます。

そこには、次のような2つの理由があります。

ビタミンB12が肌のターンオーバーを促進

美肌効果をもたらしてくれる成分のひとつは、しじみに含まれる「ビタミンB12」です。

ビタミンB12は、肌の細胞を増殖する働きのあるビタミン。

肌のターンオーバーがスムーズにして、常に新しく美しい肌へ生まれ変われるように促します。

肌のターンオーバーは、紫外線やストレス、睡眠不足、喫煙、加齢などあらゆる原因で乱れます。

ターンオーバーが遅すぎると古い角質が蓄積して肌がくすんだり、早すぎると敏感肌になったりと肌荒れの原因になります。

この肌のターンオーバーを、しじみのビタミンB12がスムーズにしてくれるのです。

ビタミンB群は水に溶けやすい水溶性ビタミン。体内に蓄積しておくことができないので、こまめに摂取することが大切です。

ビタミンEによる抗酸化作用

しじみに含まれる「ビタミンE」は美肌効果のある栄養素です。

ビタミンEは、増えすぎると正常な肌まで傷つけて肌老化を促進してしまう活性酸素を除去する働き、いわゆる「抗酸化作用」があります。

活性酸素は、ストレス、紫外線、大気汚染、激しい運動などあらゆる原因で増加。

コラーゲンが破壊されてハリを失ったり、シミの原因となるメラニンを増やしてしまいます。

ビタミンEが含まれているしじみを食べることで、活性酸素を抑えてアンチエイジング効果を期待できるのです。

美髪の効果

しじみは肌だけでなく「髪」にもよい効果をもたらしてくれます。

ビタミンB12が、髪の主成分「たんぱく質」を合成

しじみに含まれるビタミンB12には、髪の毛を形成する「毛母細胞」の細胞分裂を活発にする働きあります。

これにより、健康的な髪の毛が作られ易くなります。

オルニチンが成長ホルモンの分泌を促進

肝機能の回復で知られる「オルニチン」は、髪にもよい効果があります。

オルニチンは、髪の毛の成長に欠かせない「成長ホルモン」の分泌を促す作用があるのです。

肌と同じく、年齢を重ねると抜け毛や白髪、うねりなど、あらゆる髪トラブルに悩まされますよね。

そのような方は、しじみの有効成分で美しい髪を復活させてみませんか?

イライラを予防する効果

しじみはイライラを鎮めてくれる効果もあります。

秘密はしじみに含まれる「カルシウム」。

カルシウムは、興奮した神経を抑える作用があります。

ストレス社会といわれる現代。ついイライラして周囲にあたってしまうこと、ありませんか?

そんなとき、しじみのお味噌汁でほっとリラックスしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

しじみの効果・効能について紹介しましたが、いかがでしょうか?

しじみは肝臓に良いだけでなく、貧血予防や美肌・美髪効果など、女性にとってうれしい効果が沢山みられます。

しじみは、手軽に手に入る食品なので、是非、定期的に食事に取り入れてくださいね。

朝のしじみの味噌汁は美味しいですよ。



スポンサードリンク