2014158918898

エストロゲン」とは、女性ホルモンの一種。女性にとって欠かせないものであり、様々な効果をもたらしてくれます。

エストロゲンは年齢と共に減少していきます。エストロゲンの減少によって女性の体にはさまざまな影響が出ると言われています。

エストラゲンなど女性ホルモンを増やすことが健康や美容にイイことは知っていても、「エストロゲン」が具体的にどんな効果を持っているか知らない方は多いと思います。。

そこで今回はエストロゲンの具体的な効果や、それを増やす方法を中心に解説していきます。


モモモモ

女性ホルモンが年をとると減ることは知ってるど、増やすこともできるの?


エリ先生エリ先生

年齢と共にエストラゲンのような女性ホルモンが減るのは誰でも同じだけど、対策でその減り方を緩やかにはできそう。更年期障害にも関係する女性ホルモンについて知っておくのはイイことよ!



スポンサードリンク


エストロゲンは代表的な女性ホルモン

エストロゲンは卵巣などの臓器で作られる女性ホルモンです。

全身の細胞の存在し様々な働きをしているホルモンで、まだすべての作用が解明されている訳ではありません。

科学者でさえまだ知らない様々な効果があると考えられています。

エストロゲンは女性らしさを作り出す!

乳腺細胞を増やす・排卵を制御する・血液を凝固させる・中枢神経を女性化させる…といった作用があります。

エストロゲンは、女性が女性らしい体と心を作るために必要で最も重要な役割を担っているホルモンということになります。

エストロゲンの持つ効果

エストロゲンには様々な効果がありますので、中でも女性に深くかかわる効果をピックアップしてご紹介します。

妊娠しやすい体づくりができる

201441490660
エストロゲンには「妊娠」しやすい体を作ります。

エストロゲンは子宮内膜を厚くする作用があります。子宮内膜が厚くなると受精卵が着床しやすくなります。つまり妊娠しやすくなるということです。

特に不妊で悩んでいる方にとって「子宮内膜の厚さ」は需要なポイントになります。

実際に多くの人が受精できても着床がうまくいかず、妊娠できないという問題に直面しています。エストロゲンで子宮内膜を厚くすることで、その問題を解決することができます。

骨粗しょう症を防ぐ

エストロゲンは骨をつくるために必要な「骨代謝」に深くかかわっています。

エストロゲンが減ると同時に骨も弱くなり、骨粗しょう症のリスクが高まると言われています。

このことは、一般的にエストロゲンが低下する閉経後になると骨粗しょう症のリスクが高くなることからも解っています。

エストロゲンが減らなければ、骨を壊す破骨細胞の働きが制御されるので健康な骨を保つことができます。

自律神経の乱れを抑える

エストロゲンは自律神経にも非常に深くかかわっています。

エストロゲンが減少すると自律神経が乱れてしまい、「自律神経失調症」の原因になる可能性があります。

自律神経が乱れると、イライラや動機、息切れ、立ちくらみ、めまい、冷え性、食欲不振、胃もたれなどなど、その他にも様々な不調が起こります。

エストロゲンが十分に補われていれば自律神経が乱れることによって起こる様々な不調を防ぐことができます。

肌や髪の毛をキレイにする

加齢により肌ツヤや髪の毛のツヤがなくなるのは、エストロゲンが減少するからだと言われています。

エストロゲンが減少するとツヤだけでなく水分量低下やコラーゲン低下などが引き起こされます。

髪の毛に関しては、エストロゲンの減少により量が減ることもあります。

これらの肌や髪の毛の老化を防ぐためにはエストロゲンを増やす必要性があります。

美しく若々しい肌と髪を保つためにはエストロゲンが必要不可欠です。

心臓病の予防

最近の研究ではエストロゲンに心臓を保護する効果があることが判明しました。

その効果により、心筋梗塞などの心疾患を防ぐ作用が期待できます。

バストアップ効果

2013319237018
エストロゲンは女性らしい体づくりをするホルモンです。特にバストに関する効果は非常に注目されています。

エストロゲンには乳腺を増殖させる作用があります。乳腺は脂肪によって守られている母乳を作る器官のこと。

バストは乳腺と脂肪で構成されていますが、乳腺が増えるとそれを保護するために脂肪も一緒に増殖します。そしてバスト全体が大きくなるのです。

妊娠するとバストが大きくなるのはエストロゲンが急激に増加するからだとも考えられています。

エストロゲンを増やす方法

エストロゲンの効果を十分に得る為には、エストロゲンが十分に必要ですが、不足している場合は、エストロゲンを増やす必要があります。

エストロゲンを増やす方法には色々なものがあります。

食事や生活習慣などで気を付けるポイントや特に効果が高いエストロゲンを増やす方法をご紹介します。

植物性エストロゲンを摂取する

エストロゲンを食べ物から摂取することができます。

摂取するのは、が植物性エストロゲンの摂取です。

植物性エストロゲンとはエストロゲンに似た作用を持つ栄養素で「大豆イソフラボン」などがその代表です。

植物性エストロゲンを摂取していれば、エストロゲン不足に脳が気づかずホルモン不足が解消されます。

エストロゲンを体外から摂取する方法としては「ホルモン剤」を飲むという方法があります。

しかし病気の治療に利用する場合でない限り、処方されることはありません。また、副作用もあるので安易にホルモン剤でエストロゲンを増やすことはできません。

大豆イソフラボンが豊富に含まれる食品

3024890
大豆イソフラボンの摂取目安は、1日約50mg(閉経女性約70mg)と言われています。

大豆イソフラボンが豊富に含まれる食品は次の通りです。

含まれる主な食品
  • 豆乳(約41mg/200ml)
  • 豆腐(約42mg/150ml※半丁)
  • 納豆(約36mg/45g※小パック)
  • 油揚げ(約37mg/100g※半分)

ビタミンを摂取する

ビタミンE・ビタミンB6はエストロゲンを合成・分泌させるために必要な栄養素です。

ビタミンEが豊富に含まれている食品はアーモンドやオリーブオイル。ビタミンB6が豊富な食品はニンニクやまぐろ、レバーなどです。

エストロゲンを増やすだけでなく美肌にも良い効果があるので女性にはお勧めの栄養素です。普段の食事に意識的に取り入れましょう。

ダイエットを控える

ダイエットによる急激な体重変化は、自律神経のバランスを乱してエストロゲンの分泌を減少させてしまいます。

少しくらいのダイエットであれば問題ありませんが、急激なダイエットはしないように心がけましょう。

また、エストロゲンは一部脂肪細胞の中で生産されています。そのため、痩せている人はエストロゲンの分泌が少ないとも言われています。

エストロゲンの分泌を促すためにはダイエットを控えるだけでなく適正体重にすることも重要です。

ストレスが溜まらないように心がける

ストレスは自律神経のバランスを乱し、エストロゲンの分泌を減少させてしまいます。

生きていればある程度のストレスがかかることは仕方がありません。

しかし、ストレスが溜まり続けると負担がかかり、エストロゲンは急激に減少してしまいます。

適度な運動をしたり、アロマでリラックスする時間を作るなど自分が「ストレスがなくなる」と感じる方法でストレス発散を定期的に行うようにしましょう。

アルコールを控える

アルコールは摂取しすぎると卵巣の異常が起きやすくなるという研究結果があります。

コップ3杯(およそ600ml)以上飲むとエストロゲンの分泌にも影響があると考えられています。

適度に飲むのなら良いですが、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

適度な運動を心がける

適度な運動はエストロゲンの分泌量をバランスよく保つという作用があります。

ウォーキング程度の軽い運動で構いません。1駅分多く歩いたり、少し遠くのスーパーに徒歩で行くといった生活の中で出来る方法で運動を取り入れるといいでしょう。

ストレス解消にも役立つので、日ごろ運動する習慣がない方は取り入れてみましょう。

睡眠をしっかり取る

慢性的な睡眠不足に陥ると、脳が疲れてしまいホルモンを正常にコントロールすることが出来なくなります。

そのためエストロゲンの分泌もコントロールできなくなります。きちんと睡眠がとれていればエストロゲンの分泌も正常に行われます。

まとめ

女性にとって大事な女性ホルモンの効果とその増やし方について解説しましたが、いかがでしょうか?

加齢や食生活、生活習慣で、エストロゲンが不足すと言われています。

現代に生きる忙しい女性は、どうしても、エストロゲン不足になりがちのようです。

エストロゲンは女性にとって欠かせない重要なホルモンなので、十分な量まで増やす為に普段の食生活や生活習慣を見直していきましょう。



スポンサードリンク