クロレラとは?クロレラにはどのような効能・効果があるのでしょうか?

クロレラのサプリや健康食品はTVや薬局などで見かけることがあります。

クロレラには優れた健康効果が有ると言われて人気です。

しかし、クロレラと言う言葉は知っているけど、実際、どのような物でどんな効能や効果があるか分かっている人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、クロレラの効能・効果について解説します。



スポンサードリンク


クロレラとは

クロレラは「緑色の小さなもの」という意味で、淡水にすむ「藻(淡水生単細胞緑藻類)」の一種です。

大きさは3~8ミクロンという顕微鏡でないと見られないサイズの、単細胞の植物です。光合成をして、細胞分裂で増殖します。

クロレラは1890年にオランダの微生物学者「バイリンク」が発見して、ギリシャ語の緑をあらわす(Chloro)とラテン語の小さいという意味の(ella)と言う言葉から名づけられています。

クロレラの特徴

クロレラは葉緑素の宝庫のような生物です。

それ以外にも必須アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養素を非常に豊富に含んでいます。

クロレラは20億年前から絶滅することなく生存しています。

地球上に生命が誕生したのが40億年前で、クロレラは細胞内に核を持つ生物としてはもっとも古いものの1つです。

ふつうは1つの細胞が2つに分裂して増殖しますが、クロレラは1度の細胞分裂で4つの細胞に増殖します。

クロレラの利用の歴史とエピソード

クロレラは1890年にオランダの微生物学者によって発見されました。

第1次世界大戦中にドイツが食料としての開発するアイディアを出しましたが実現はしませんでした。

その後、第二次大戦後にアメリカ、ドイツ、日本でクロレラの食用化研究が盛んになり、「日本クロレラ研究所」が1957年に屋外での大量培養法を開発しました。

その日本での大量培養法の成功を受けて、NASAでは宇宙食としての利用が検討されました。

クロレラの宇宙食としての開発が話題になり、1960年代に日本でも「クロレラブーム」が起きて、さまざまなサプリメントが登場しました。

基礎科学の分野で多くの研究者が光合成の研究にクロレラを利用しました。

現在は、クロレラの医学的効用に関するさまざま研究がおこなわれている他、クロレラは光合成で酸素を生産することから地球温暖化対策への利用も研究されています。

クロレラの栄養素

クロレラは大量の葉緑素(クロロフィル)を含むほかに、次のような非常に多様な栄養素を含んでいます。

葉緑素(クロロフィル)
植物や藻類などに含まれる緑色の天然色素で、クロロフィルとも呼ばれています。細胞内の葉緑体の中にあり、植物が太陽光のエネルギーを使って、水と空気中の二酸化炭素から糖などの有機物を合成する光合成を行っています。

葉緑素(クロロフィル)には、強力な抗酸化作用があると言われています。この抗酸化作用は「ガン予防」に関する研究も行われその成果が期待されています。

また、コレステロールを下げる効果やデトックス効果なども期待できます。

タンパク質・アミノ酸
クロレラの主成分は成分の約60%を占めるタンパク質ですが、その中には9種類の必須アミノ酸が全て含まれ、シスチン、アルギニンなどの非必須アミノ酸も9種類も含まれています。
ビタミン
ビタミンC,ビタミンE,ビタミンB1,B2,B6,ビタミンK、ナイアシン,パントテン酸,葉酸,ビオチン,イノシトール
ミネラル
鉄分,カルシウム,マグネシウム,亜鉛,カリウム,ナトリウム。カロテノイドはαカロテン,βカロテン,ルティン
カルテノイド(抗酸化作用がある生物色素)
αカロテン,βカロテン,ルティン
その他
その他に、食物繊維、炭水化物や脂質など含まれています。

また、クロレラは丈夫な細胞膜に包まれているので細胞膜の材料になるプリン体も多く含まれているのが栄養素的には欠点と言われています。痛風の人が大量にクロレラを摂取すると尿酸値が高くなる心配があるからです。

クロレラの未解明の有効成分

クロレラにはまだ解明されていない「有効成分」がある可能性があります。

「マルチビタミン」も顔負けの多彩な栄養素を含むクロレラですが、それだけでは多くの医学的応用の報告があるような効果は十分に説明できません。

その1つと言われているのがC・G・F(クロレラ・グロス・ファクター)と呼ばれる生理活性物質です。

アミノ酸などから構成されている物質ですが、クロレラのユニークな細胞分裂などに関係していると考えられています。

このような物質の作用のメカニズムが解明されれば、根拠の十分でない「医学的効用」にも説明が与えられる可能性があります。

クロレラの効能・効果

クロレラに期待できる効能・効果を紹介します。

クロレラにはさまざまな効能や効果が期待できますが、一部はまだ研究段階です

その為、効能・効果については保証できない部分もあるのでご了承ください。

抗酸化作用でアンチエイジング効果

クロレラには強力な抗酸化作用がありアンチエイジング効果が期待できます。

クロレラに含まれる葉緑素やβ-カロテン、ルティンには抗酸化作用があり、血管などの身体の組織の老化を防ぐアンチエイジング効果が期待できます。

免疫力のアップ効果

クロレラには免疫力をアップさせる効果が期待できます。

クロレラは免疫組織のマクロファージの活性を高めて免疫力を高める効果があると言われています。

生活習慣病の予防効果

クロレラには中高年で多い生活習慣病の予防効果が期待できます。

クロレラには高血圧、脂質異常(高コレステロール)を抑えてくれます。

この働きにより生活習慣病を予防する効果が期待できます。

貧血改善の効果

クロレラには女性に多い貧血の改善効果が期待できます。

クロレラエキスのひとつである、クロレラ生長因子(CGF)に含まれるS-ヌクレオチドペプチドには、赤血球の回復に役立ち造血作用を活発化させる働きがあるため、貧血改善に有効といわれています。

便秘解消の効果

クロレラには便秘解消の効果が期待できます。

クロレラには食物繊維も含まれているため、腸の働きを活発にして便秘解消を促進してくれます。

また、葉緑素や食物繊維にはデトックス作用があります。腸内で有害物質を吸着して排出してくれます。

クロレラの摂取方法

クロレラを摂取する加工された健康食品から摂ることになります。

クロレラのサプリメント

クロレラの健康食品は主にサプリメントとして販売されています。

人気のクロレラのサプリメントを紹介します。

  1. サンクロレラA(サンクロレラ)粒

    サンクロレラA(サンクロレラ)

    300粒 1.5か月分 3,300円(楽天価格)
    クロレラサプリの老舗ブランドで多くの使用実績があります。

    商品詳細を見る

  2. 石垣島のクロレラ (健康食品の原料屋トライアル)

    石垣島のクロレラ (健康食品の原料屋トライアル

    300粒 1カ月分 1,420円(楽天価格)
    沖縄県石垣島のクロレラを屋外で光合成させた商品です。

    商品詳細を見る

  3. 「青玉V」(クロレラサプライ)

    「青玉V」(クロレラサプライ)

    1000粒 1カ月分 2,376円
    クロレラにカルシュウムをプラスした商品です。

    商品詳細を見る

まとめ

クロレラの効能・効果について解説しましたが、いかがでしょうか?

クロレラには優れた健康効果が期待できます。

ただ、あくまで健康食品なのですぐに効果が出るものではありません。

健康の為には、日々の食生活をバランスよく摂ると共に、補助食品としてクロレラを取り入れてみてください。

クロレラにはまだ明かされていない優れた効果が隠れているとも言われ研究が進んでいますが、それが明らかになるのはもう少し時間が掛かりそうです。



スポンサードリンク