誰でも年齢と伴に老いて「ボケ」たり「認知症」傾向になってきます。

しかし、出来れば「ボケ防止」の予防対策を行い認知症にはなりたくないと思っています。

しかし、今や日本人の4人に1人は65歳以上の高齢者です。

高齢者が増えてくることでさまざまな問題が出てきますが、認知症は大きな問題の一つです。

認知症になると、介護の負担や思わぬ事故のリスクが増え、本人だけでなく、家族や周りの人の生活の質(QOL)も下がってしまいます。

その為、出来るだけボケないように認知症の予防対策を早めに行うことが大事になってきます。

今回は、ボケ防止の予防方法として、運動や食事について解説します。

親の認知症が気になる方は、是非、チェックしてみてください。



スポンサードリンク


認知症(ボケ)とは?

認知症とはどのような病気なのかを簡単に解説します。

認知症はさまざまな原因で発生する

認知症は、病名ではなく、あくまで症状名です。原因となる病気はたくさんあるんです。

認知症の原因には、アルツハイマーなどの脳の変性疾患と、脳血管障害などに伴う二次性認知症があります。

さまざまな病気が原因となり、記憶障害や認知機能障害が出て、日常生活や職業生活に支障が出るものを認知症と呼びます。

認知症は物忘れとは違い記憶が全くなくなる

普通の老化と認知症はどう違うのでしょうか?

普通の老化の物忘れとの大きな違いは、「記憶が全くない」ことです。

普通の老化では記憶はあります。ただ、それを思い出せないというだけです。ですので、何かヒントやきっかけがあれば思い出すことができます。

一方、認知症ではその出来事の記憶が一切ありません。そのため、たとえ全く同じことを経験しても、過去の体験は思い出すことはありません。

ですので、認知症の人はご飯を食べていても「ご飯はまだか?」と聞くんですね。

そんな時、夕食の内容を教えても全く記憶がないため、思い出すことはありません。

記憶障害以外にも併発する症状

認知症の症状は「記憶障害」だけではなくさまざまな症状があります。

記憶以外の認知症の症状は、認知症を引き起こす原因の病気によって異なりますが、抑うつ、せん妄、暴言・暴力、歩行障害、意欲低下などが出てくることがあります。

ですので、高齢期のうつ症状は、認知症の初期症状の可能性があり、注意が必要です。

高齢化とともに増えている認知症、その予防方法について考えてみましょう。

認知症予防(ボケ防止)に運動は効果的


ボケ防止(認知症予防)には運動が効果的だと言われています。

70~81歳のアメリカ人19,000人を対象にした調査では、普段からよく歩き、体を良く動かしていた人では、調査開始時の認知機能が高く、数年間の調査の間で認知症を発症するリスクが低いというデータが出ています。

また、毎日3.2㎞以上歩く人は400m以下しか歩かない人に比べて認知症の発生率が1.9倍低いというデータもあります。

有酸素運動を1日30~60分、週3回行おう

中年期から運動を行っていくことが、認知症予防には大切だと言われています。

中年期からの運動により、認知症の発生リスクが半分以下に抑えられるという研究データがあります。

認知症に有効なのは、血液の循環を高めて、脂肪燃焼によるメタボリックシンドロームの予防にもなる有酸素運動です。

ジョギングやウォーキング、水泳など長時間続けることができる運動が有酸素運動に当たります。

目安として、1日30~60分、週に3回、有酸素運動を行うと認知症の予防になると言われています

知的要素のある有酸素運動も効果的

知的要素を組み合わせた有酸素運動がボケ防止に効果的だと言われています。

普段の生活であまり頭を使わない人の場合、少し知的な要素のある有酸素運動が認知症の予防に効果的だと言われています。

ダンスは音楽に合わせ、相手の動きに合わせる運動であり、知的な要素と楽しみも兼ねているため、理想的な有酸素運動だと言われていますよ。

食事で認知症予防(ボケ防止)

認知症予防(ボケ防止)には食事の工夫は大きな効果を発揮します。

メタボリックシンドロームは認知症のリスクをなんと2~3倍も高めてしまうといわれています。

メタボは脳にも良くないんですね。肥満にならないよう、食事中のカロリーや脂質・糖質の量などには注意が必要です。

また、ボケ防止に効果的な脳の働きを高める食べ物も積極的に食事に取り入れていく必要があります。

野菜を中心とした食生活を送ろう!

野菜を多くとる人は認知機能の低下が4割程度遅いというデータも出ています。

野菜は食物繊維を多く含んでいるため、満腹感を与えてくれ、食べすぎによる肥満の防止からメタボリックシンドロームも防いでくれます。

また、活性酸素は脳細胞にダメージを与え、認知症を引き起こす原因となるといわれています。

その活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEも野菜には豊富に含まれます。

葉酸やビタミンB12、ビタミンB6などは動脈硬化を予防してくれるので、血管性の認知症予防に有効です。

若返り成分が豊富な赤ワインと緑茶を飲もう!

飲み物にも認知症予防効果のあるものが2種類あります。それが赤ワインと緑茶です。

赤ワインと緑茶には認知症を引き起こす物質が脳に沈着するのを防ぐ作用があると言われており、実際に認知症を予防するデータも確認されています。

野菜を多くとる人は認知機能の低下が4割程度遅いというデータも出ています。


飲みすぎにも注意が必要なため、1日の量は、赤ワインは男性グラス2杯、女性グラス1杯まで、緑茶は1日1~2杯飲むと効果が期待できます。

DHA・EPAが豊富な魚を食べよう!


年を取ってくると肉より魚の方がおいしく感じるという人は多いようですが、体がそのように求めているせいかもしれませんね。

魚にはDHAやEPAなどオメガ3系多価脂肪酸というものが多く含まれています。

この脂肪酸は炎症を抑え、血管の健康にいいだけでなく、血液をサラサラにして血栓ができにくくするという作用があります。

また、DHAやEPAは脳の働きをサポートしてくれるので認知症の予防には非常に良い言われています。

オランダの研究で、肉を多く食べていた人の認知症リスクが2倍になっていたのに対し、多価脂肪酸を多く含む魚をたくさん食べていたグループでは認知症発生リスクが40%まで低下していたという報告があります。

魚を食べて認知症を予防しましょう。

コミュニケーションを取ることで認知症予防(ボケ防止)


人とのつながりを持ちコミュニケーションを取るのもボケ防止(認知症予防)には大切です。

スウェーデンの調査では、1人暮らしの人の認知症の発生リスクは1.9倍になるというデータがあります

また、社会とのつながりが最も高い人に比べて、最も低い人では認知症のリスクは約8倍にもなるということです。

定年退職後に急に認知症が進むということはよくあることです。これは、仕事人間だった人が、仕事を辞めることで急に社会とのつながり、人とのつながりが無くなってしまうためだと考えられています。

積極的に、家族や他人との交流を持つようにして認知症を予防していきましょう。

また、周りの人が積極的に交流してあげることで、家族や知り合いの人の認知症のリスクも減らせることができますよ。

知的趣味を持つことで認知症予防(ボケ防止)

頭を使う趣味は、認知症予防に非常に有効であるようです。

ニューヨークに住んでいる75歳以上の人の調査では、認知症のリスクは、ボードゲームやトランプを楽しんでいると1/4に、楽器演奏で1/3に、クロスワードで2/3になるという結果があります。

知的趣味の中でも一人で行うより、複数で行う、さらには相手と競う趣味の方が認知機能の低下は少ないんですね。

趣味仲間を見つけて一緒に趣味を楽しめると、人とのつながりも持てますので、認知症予防にも有効ですね。定年後に楽しめる趣味を今のうちに考えておいてもいいのではないかと思います。

まとめ

ボケ防止(認知症予防)の方法について解説しましたが、いかがですか?

認知症は病気からくる記憶障害などの症状ですが、それを予防する方法はあるんですね。

データを見てみると、日々の努力で認知症のリスクをかなり減らせることがわかると思います。

基本的には、健全な食生活・日常生活・社会生活を送ることが重要です。

これからの高齢化社会。自分も周りも元気で健康的な生活が送れるよう、認知症の予防対策を今から取っておきましょう!



スポンサードリンク