マヌカハニーは体に良いとされ、密かなブームを巻き起こしています。

その人気の一方で、発がん性の危険性が噂されているのをご存知でしょうか?

今回は、そんなマヌカハニーの効果と危険性について調べてみました!

すでにマヌカハニーを摂取している人、これから購入しようと思っている人も、マヌカハニーのメリット・デメリットをしっかりチェックしていきましょう!



スポンサードリンク


マヌカハニーとは


マヌカハニーとは、“マヌカ”という木の花から採取されるハチミツのことです。

「マヌカ」はニュージーランドの原住民であるマオリ族が薬として怪我や病気の治療に使われてきた貴重な木でありそこから採取されるマヌカハニーも多くの健康効果があるとして、重宝されてきました。

近年、その美容、健康効果がメディアに取り上げられ更なる注目を集めています。

マヌカハニーの特徴

マヌカハニーと一般的なハチミツにはどのような違いがあるのでしょうか?

体内でも殺菌効果が続く

マヌカハニーは一般的なハチミツに比べて長く殺菌作用が働くと言われています。

一般的なハチミツは、過酸化水素が発生することで、抗菌作用が働きます。

しかし、この過酸化水素は体内に取り入れられると熱や酵素の影響を受け消滅してしまうというデメリットがありました。

一方、マヌカハニーは「メチルグリオキサール」という成分が一般のハチミツに比べて、多く含まれています。

このメチルグリオキサールは、過酸化水素と違って熱や酵素の影響を受けずに抗菌作用が働くため、マヌカハニーは人間の体内の中でも高い殺菌作用を発揮するのです。

薬のような独特な苦みのある味

マヌカハニーの味は癖があり一般的なハチミツのような美味しさはありません。

一般的なハチミツは甘く優しい味がしますが、マヌカハニーはコクがあり少々薬のような独特な苦みが感じられます。

メチルグリオキサールの配合量によって感じる苦みも変わってくるので味が苦手な方は苦みが少ないものからトライしてみるのがよいでしょう。

マヌカハニーの効果

マヌカハニーが注目されるその効果について見ていきましょう。

ピロリ菌を除去して胃をケアする!?

マヌカハニーにはその高い殺菌効果によりピロリ菌を除去する働きがあると言われています。

ピロリ菌とは、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを誘発する原因となるもので除去することにより胃に関する病気のリスクを下げることができるのです。

ヨーグルトのピロリ菌の殺菌効果も広く知られていますが、近頃ではマヌカハニーの効果も注目されてきました。

日常の食事でマヌカハニーを食べることで優しくケアしてみてはいかがでしょうか。

イギリスの医療雑誌“Journal of the Royal Society of Medicine”の1994年の1月号Vol.87ではマヌカハニーのピロリ菌に対する繁殖の抑止や殺菌に効果的だという研究結果が掲載され、ディスク拡散法を用いた結果、5%の濃度のマヌカハニーではピロリ菌を殺菌し、2.5%の濃度でも局部的な殺菌を行ったという研究結果が報告されました。(引用元:ALL About)

風邪やインフルエンザの予防!

マヌカハニーには、メチルグリオキサールの高い殺菌効果により風邪やインフルエンザの予防にも効果があると言われています.

2014年の長崎大学の論文において、「マヌカハニーはインフルエンザウイルスの増殖を抑制する働きがある」ということが発表され、話題を呼びました。

インフルエンザにかかると「タミフル」や「リレンザ」を処方されますが、それと併用してマヌカハニーを摂取すると相乗効果が上がりタミフルやリレンザの量を減らしても効果が変わらないと言われています。

のどの痛みや鼻づまりを緩和する

マヌカハニーは、風邪やインフルエンザの予防だけでなくその症状にも効果を発揮します。

マヌカハニーに含まれる「シリング酸メチル」の抗炎症作用により、のどの痛みや鼻づまりを和らげてくれるので、風邪やインフルエンザ、花粉症の症状になどの有効です。

細菌が蔓延しやすい乾燥した季節は、毎日少しずつマヌカハニーを摂取して、予防にトライしてみてはいかがでしょうか。

虫歯、歯周病などの口腔ケアに!

マヌカハニーは、虫歯などの口腔ケアとしても効果を発揮します。

白砂糖に含まれるスクロースという成分は、虫歯の原因となりますがマヌカハニーに含まれるフルクトースとグルコースなどの糖は虫歯の原因となりません。

むしろ、虫歯の原因菌であるミュータンス菌を減少させる働きがあるため、虫歯の予防となるのです。

また、歯周病菌の殺菌や、口内へ侵入する菌をブロックする効果もあるので、虫歯だけでなく歯周病や口内炎の予防など、口内のあらゆるトラブルに効果的です。

歯磨きのあとにスプーン1杯のマヌカハニーを舐めると効果的と言われています。

虫歯予防はもちろん、口臭の予防にもなり、子供から大人まで幅広い世代の口腔ケアとして活躍します。

肌に塗ってスキンケア効果!

体によいというイメージが先行するマヌカハニーですが、実は、スキンケアとしても高い効果を発揮するとして話題となっています。

高い殺菌効果によりニキビの原因となるアクネ菌を除去が期待で出来ます。

そして、高い保湿力や、マヌカハニーに含まれる「シリング酸メチル」が肌細胞を傷つける活性酸素を除去することで、老化を防止するという効果もあるのです。

洗顔料や化粧水、乳液などに混ぜたり、直接肌に塗布するなど、あらゆるスキンケアと相性が良いのも特徴です。

マヌカハニーの効果的な食べ方

マヌカハニーの効果的な食べ方について紹介します。

一番効果的と言われるのは、【スプーン1杯のマヌカハニーを直接食べる】という方法です。

特に、歯磨き後、就寝前に1杯食べることで虫歯や口臭のケアがより効果的になります。

また喉が痛いときなども、そのまま喉に含ませるように食べることで、痛みが和らぎます。

もし味が苦手な場合は、ヨーグルトやホットミルクに混ぜたり、トーストに塗るなど通常のハチミツと同じように取り入れてみてもよいでしょう。

マヌカハニーの危険性


素晴らしい効果を発揮するマヌカハニーですが一方で危険性もあると噂されています。

それはどのようなことなのか、具体的に見ていきましょう。

マヌカハニーには発がん性がある!?

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールには「発がん性があるのではないか?」という危険性が指摘されました。

東北大学大学院医学系研究科の小川教授らの論文で、「糖尿病性血管障害を起こす一部の患者において血中メチルグリオキサール値が高いことが判明した」という発表があり、それが「発がん性があるのではないか」、という噂に変わり広がってしまったのです。

しかし、この論文は発がん性とは関わりのないもので、マヌカハニーの発がん性の立証はまた正確にはされていないのが現状です。

1歳未満の子供には与えてはいけない!?

ハチミツ全般にいえることですが、1歳未満の子供には与えてはいけないと厚生労働省が注意喚起を促しています。

ハチミツには稀にボツリヌス菌が混入しており、菌に抵抗力のない1歳未満の子供が摂取すると乳児ボツリヌス症を引き起こす病気にかかってしまうこともあります。

抵抗力の弱い乳児には、決して与えないようにしましょう。

まとめ

マヌカハニーの効果と危険性についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?。

マヌカハニーは、胃腸や口内、肌にまであらゆる部分で、素晴らしい効果を発揮します。

マヌカハニーは適切な量の摂取を心がけ、体や肌を健やかに美しく整えていきましょう。


スポンサードリンク