体温を上げる食べ物や飲み物を紹介します。

「体温を上げると健康になる」という話を聞いたことはありませんか?

多くの医師や専門家は体温が上がると免疫力が高まると言っています。このように人間の体温は健康に繋がるとても重要なモノとなります。

具体的には、体温が1度下がると免疫力の働きが30%低下してしまうと言われています。

その他にも体温の低下は基礎代謝や血行などにも影響します。

基礎代謝や血行は身体のあらゆる部分に影響するので体温が下がると体全体に影響が及ぶと言えます。

体温上げるためには運動をするなど色々な方法がありますが、その中でもオススメなのが食べ物で体温を上げる方法です。

そこで今回は、体温を上げる食べ物と飲み物を紹介します。

体温が低めだと感じる方は、是非、チェックしてみてくださいね。

体温が35℃台だと「低体温」になっているかも!

体温が36℃以下になると、「低体温」と判断されることがあります。

35℃台が平熱だという人は、低体温になっていて、体の不調が起きやすくなっているかもしれません。

現在の日本人の平均体温は36.2℃です。

実は50年前は平均が36.89℃となっていて、現代は平均体温が下がっていることが解ります。

これは、現代人の生活習慣や食生活、特に「筋肉量の低下が」が影響して低体温の人が増えてていると言われています。

では、まずは、低体温に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

正しい体温(平熱)の測定方法

自分の平熱が36℃以下になっていないか、チェックしてみましょう。

体温は1日の中でも時間帯によって異なります。

特に早朝は体温が低くなる傾向にあるので、早朝以外にも各時間帯で体温を測って平熱がどのくらいなのかを把握しておく必要があります。

具体的には以下のタイミングで測っておいて時間ごとの体温をチェックしておくといいでしょう。

  • 起床時
  • 昼食前
  • 夕方
  • 就寝前

上記の時間で測っても36℃~36.5℃程度だという場合は平均的に見ると体温が低めだと考えていいでしょう。

体温を上げることで得られる効果

体温を上げることで得られる効果や身体への影響などについて紹介します。

少し体温が低くても、特に何も症状が出ていなければ特に改善する必要はないと考える人もいるでしょう。

ですが体温が上がると様々な効果があるので、体温が低めの人はしっかりと体温を上げる生活習慣を行うべきです。

体温が上がるとどのような効果があるのか、代表的なものを紹介していきます。

免疫力が上がる

体温を上げることで「免疫力のアップ」の効果が期待できます。

体温が低い状態だと、血流が悪くなって免疫力が低下してしまいます。

免疫力が低下すると体内にウイルスなどの異物が入ってきても早く反応することができず、病気にかかりやすくなってしまいます。

しっかりと体温を上げて血流をよくすることで、免疫力を維持していくことが重要になります。

基礎代謝が上がり脂肪の増加を予防する

体温を上げると基礎代謝が上がり「脂肪の増加を予防」する効果が期待できます。

体温が低い原因は主に運動不足による筋肉量の低下だと言われています。

筋肉の量が減ってしまうと、体温が下がってその次に「基礎代謝」も下がってしまいます。

基礎代謝が下がるとエネルギーを効率よく消費できなくなり、脂肪が増加しやすくなってしまいます。

体温を上げて代謝をアップさせ、脂肪がつきにくくなればメタボ予防にも繋がります。

便秘の予防につながる

体温を上げる体の働きが高まり「便秘の予防」につながります。

体温が下がって体が冷えると血行が悪くなって腸の働きが悪くなってしまいます。

腸の働きが悪くなると便を押し出す力が弱くなり、便秘がちになります。

しっかり体温を上げてお通じをよくして、美肌にもつなげていきたいですね。

認知症の予防や記憶力アップ

体温を上げる血流が高まり「認知症の予防や記憶力アップ」ぼ効果が期待できます。

体温が上がると体はもちろん脳の血行もよくなります。

脳の血行が良くなると脳の働きが活発になり、記憶力がアップすることが解っています。

これは仕事や勉学での記憶力や集中力アップに役立ちますし、認知症の予防にもつながっていきます。

食べ物で体温を上げる方法

体温を上げる食べ方について紹介します。

低体温の大きな影響は「筋肉量の低下」だと言われているので、「筋肉量を増やす」ことで体温を上げることが期待できます。

さらに、体を冷やさない生活も大事になります。体を冷やさない為には、食生活の改善も大きなポイントになります。

体を冷やさずに体温を上げる為には食事で「体温を上げる食べ物」を積極的に食べ、「体温を下げる食べ物」を食べないようにする必要があります。

基本的には、「暖かい食べ物」は体温を上げ、「冷たい食べ物」は体温を下げてしまいます。

また、食べ物(飲み物)の種類によっても「体を温めて体温を上げる食べ物(飲み物)」と「体を冷やし体温を下げる食べ物(飲み物)」が存在します。

それでは、「体温を上げる食べ物(飲み物)」と「体温を下げる食べ物(飲み物)」について次に紹介していきます。

体温を上げる食べ物

体を温めて「体温を上げる食べ物」と「体温を下げる食べ物」を紹介します。

参考:テルモ体温研究所

穀物

【体温を上げる】:もち米、ライ麦、玄米
【中間】:米、とうもろこし
【体温を下げる】:そば、小麦

※「そば」「うどん」は体を冷やします。体温を下げない為には「暖かいそば・うどん」を選びましょう。

豆類

【体温を上げる】:いんげん、そら豆、納豆
【中間】:大豆、あずき、えんどう豆
【体温を下げる】:豆腐

※大豆は形状により変わってきます。体を冷やさない為には、大豆を摂る場合は「納豆」がおすすになります。また、豆腐を食べる場合には「湯豆腐」がおすすめです。

魚介類

【体温を上げる】:あじ、さば、いわし、えび、たい、かつお、たら、ぶり、うなぎ
【中間】:はまぐり、すずき、太刀魚、いか、カキ、ひらめ
【体温を下げる】:カニ、しじみ、タコ

※全般的に体温を下げる食べ物は少ないと言えます。ただ、冷えた刺身類はほどほどにしましょう。

肉類

【体温を上げる】:羊、鳥、しか
【中間】:牛、豚、卵黄
【体温を下げる】:馬

※全般的に体温を下げる食べ物は少ないと言えます。ただ、高タンパクで低脂肪の部位を選ぶましょう。肉類は体温を上げるのに有効な筋肉を付けるのに有効なので積極的に食べましょう。

野菜類

【体温を上げる】:玉ねぎ、にら、しょうが、にんにく、ねぎ、かぶ、かぼちゃ、大根、レンコン、唐辛子、ごぼう
【体温を下げる】:レタス、キャベツ、キュウリ、トマト、なす、セロリー、ゴーヤ、白菜

※大きな目安は、根菜は「体温を上げ」、地上の野菜は「体温を下げる」と判別することができます。このような事から「生野菜サラダ」などは体温を下げてしまうので、温野菜などにするのがおすすめです。

果物

【体温を上げる】:桃、ざくろ、なつめ
【中間】:ぶどう、あんず、いちじく
【体温を下げる】:バナナ、マンゴー、パイナップル、なし、柿、スイカ、メロン、みかん、イチゴ

※果物は全般的に「体温を下げる」ものが多く注意が必要です。食べ過ぎないことが大切です。

お酒類

【体温を上げる】:日本酒、赤ワイン、紹興酒
【体温を下げる】:ビール、ウイスキー、焼酎

※ビールや冷たい炭酸の焼酎などは特に「体温を下げる」の注意が必要です。

飲料類

【体温を上げる】:紅茶、ココア、中国茶、番茶
【体温を下げる】:緑茶、コーヒー、炭酸飲料、ジュース

※コーヒーは「体温を下げる」の紅茶や中国茶(ハーブティー)などがおすすめです。緑茶も意外と「体温を下げる」ので注意が必要です。

まとめ

体温を上げる食べ物・飲み物を紹介しましたが、いかがでしょうか?

体温を上げることは、免疫アップを始め健康に良い事が沢山あります。

その為には、運動などで筋肉を増やして代謝アップすることや、ご紹介したような「体温を上げる」食べ物を積極的に食べることが必要です。

まずは、簡単な食べ物を注意することから始めてみてはいかがでしょうか?