女性ホルモンの増やし方について紹介します。

女性ホルモンは、女性の体に大きな影響を与えているホルモンで生理や妊娠・出産はもちろん、肌の調子や女性らしい体つきなど、あらゆることに深く関わっています。

この女性ホルモンは、日々の生活や食生活などに影響を受けて減少し不足する場合があります。

女性ホルモンが減り足りなくなると、女性の体には生理不順などさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

しかし、女性ホルモンは「食生活」や「生活習慣」を改善することで増やすことが出来ると言われています。

そこで今回は、不足しがちな女性ホルモンの増やし方を紹介します。

生理不順や不妊、更年期の症状でお悩みの方、もっと女性らしく美しくなりたい方、どうぞ参考にしてみてくださいね!



スポンサードリンク


女性ホルモンとは

「女性ホルモン」とは一体どのようなものなのでしょうか?

女性ホルモンは、脳の視床下部から指令が出されて、卵巣から分泌されるホルモンです。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。

この2つのホルモンが、周期に応じてバランスを保ちながら分泌されています。

エストロゲン

エストロゲンは、生理後から排卵期までのあいだのに多く分泌されるホルモンです。

排卵期に向けて異性を惹きつけられるように、キメの整った肌や美しい髪、女性らしいボディラインをもたらします。

また、子宮内膜を厚くして、受精卵が着床しやすい環境をつくる働きもあります。

さらに骨の生成にも関わっており、不足すると骨粗鬆症を引き起こす原因となります。

プロゲステロン

プロゲステロンは、排卵後から生理までの「黄体期」に多く分泌されるホルモンです。

妊娠を継続するために体温を上げるなど、妊娠・出産に関わる女性の体にはなくてはならないホルモンです。

しかし、むくみや肌荒れ、月経前症候群(PMS)を引き起こしたり、精神的に不安定になるなど、ネガティブな一面も。

ホルモンバランスの乱れとは

ホルモンバランスは加齢や生活習慣で乱れることがあります。

バランスを保ちながら分泌されている「エストロゲン」と「プロゲステロン」。

しかし、加齢や過度なストレス、不規則な生活などが原因で、2つのホルモンがしっかり分泌されなくなってしまうことがあります。

これがいわゆる「ホルモンバランスの乱れ」。

これにより、生理不順や不妊、更年期の体調不良、肌荒れや薄毛など、あらゆる症状が引き起こされてしまいます。

女性ホルモンの増やし方

それでは、女性ホルモンの増やし方についてご紹介していきましょう。

参考:エストロゲンを増やす方法!女性らしさを取り戻すその効果とは?

食事に気をつける

女性ホルモンを増やすには、食事に気をつけることが大切です。

インスタント食品やファーストフードなど、栄養バランスの偏った食事はNG!

また無理なダイエットで辛い食事制限を続けていると、女性ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

バランスの良い食事をベースに

そこでまずは「バランスのよい食事」をベースにしていきましょう。

次のようなあらゆる食材から体に必要な栄養をまんべんなく摂取することで、女性ホルモンが分泌されやすい健康な体を作りましょう。

バランスのよい食事
  • ごはん、パンなどの「主食」
  • 野菜、きのこ、芋類、海藻などを使った「副菜」
  • 肉、魚、卵、大豆製品などの「主菜」
  • 牛乳・乳製品
  • 果物

何をどれだけ食べたらいいのかわからない方は、厚生労働省と農林水産省が決定した「食事バランスガイド」を参考にしてみてくださいね。

食事バランスガイド

女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをする食品を食べる

「エストロゲン」と似た働きをする成分を含んだ食品を食べることで女性ホルモンを増やす効果が来た出来ます。

バランスの良い食事に加えて、これらの食材を意識して摂取してみるのもおすすめです。

お得におすすめなのが次の食品です。

大豆製品

大豆に含まれる「イソフラボン」は、エストロゲンと似た働きをします。

納豆、豆腐、味噌など日本の食卓にも馴染み深いものばかりで取り入れやすいのもうれしいポイントです。
和食中心の食事を意識して、大豆製品取り入れてみてはいかがでしょうか。

ザクロ

ザクロに「植物性エストロゲン」が、エストロゲンと似た働きをします。

多く含まれるのはザクロの種子の部分。ザクロジュースなどを購入する際は、種子も入っているものを選ぶとよいでしょう。

女性ホルモンを増やすサプリを活用

女性ホルモンを増やすのに効果的なサプリメントを活用するのも効果的です。

主に女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンを配合したサプリメントや漢方薬を取り入れたものが発売されています。

参考:更年期サプリのおすすめ!辛い症状を緩和してくれる!

ストレスを溜めない

女性ホルモンにとって、ストレスを溜めないことがとても大切です。

女性ホルモンは、脳の視床下部から指令を受けて分泌されるホルモン。

脳が過度なストレスにさらされると、女性ホルモンが上手く分泌されなくなり、女性ホルモンのバランスが崩れて足りなくなってしまうのです。

たとえば過度なストレスで生理が止まってしまうのは、ホルモンバランスの乱れによるものです。

上手にストレスケアをしていくことが、女性ホルモンをしっかり分泌させるためには大切です。

ストレスケアには次のようなものが挙げられます。

あなたにあった方法を見つけて、取り入れてみてくださいね。

質の良い睡眠

質の良い睡眠は、最高のストレスケア方法になります。

日中ストレスにさらされてヒートアップしている脳は、睡眠中にクールダウンされて回復していくのです。

ストレスをたくさん受けた日こそしっかり睡眠をとって、女性ホルモンが分泌しやすい脳に戻してあげましょう。

特にに眠り始めの3時間は、ダメージを受けた細胞を修復してくれる「成長ホルモン」がたくさん分泌される時間です。

22時~2時のいわゆるゴールデンタイムに眠りにつけなくても、深い眠りがとれるように心がけましょう。

そのためには、寝る1時間前にはスマホを使わない、入浴する、部屋を暗くしておくなどしてリラックスすることが大切です。

適度な運動

適度な運動もストレスの解消に効果的です。

なかでもウォーキング、スロージョグ、ヨガ、ゆったりとした水泳などの有酸素運動がおすすめです。

これらは幸せな気持ちにしてくれる「セロトニン」や「エンドルフィン」などの脳内物質が分泌されて、ストレスが緩和されます。

女性ホルモンを増やすためにも、是非、定期的な有酸素運動を取り入れてみてくださいね。

朝日を浴びる

朝日を浴びることもストレスの解消に効果的です。

理由は、脳内物質「セロトニン」。セロトニンは、運動だけでなく朝日を浴びることでも分泌できます。

費用をかけることもなく、簡単にセロトニンを分泌させることができるのでおすすめです。

普段、寝つきが悪い人も、朝日を浴びた14~16時間後に眠りに誘うホルモン「メラトニン」が分泌されるので、質のよい眠りの確保にも繋がり一石二鳥です。

朝日を浴びて明るい気持ちになって、女性ホルモンが分泌しやすい健やかな体を目指しましょう。

ツボ押しを取りれる

古くから伝わる東洋医学の「ツボ押し」でも、女性ホルモンのバランスを整えることが期待できます。

次に挙げるのは、ホルモンバランスを整えるツボです。

息を吐きながら、ゆっくり指圧してみましょう。

下垂体(かすいたい)

足裏の親指の指紋の中央部分に位置するツボ。ここは、ホルモンを分泌する脳下垂体の反射区です。

壇中(だんちゅう)

左右のバストの中央に位置するツボ。女性ホルモンの分泌を活性化します。バストハリをもたせてくれる効果も。

陰交

内くるぶしの上から指4本分上の部分に位置するツボ。女性ホルモンの分泌を活性化します。生理痛やむくみのも効果的。

まとめ

女性ホルモンを増やす方法について紹介しますが、いかがでしょうか?

食事法やストレスケア、ツボ押しなど、生活の中のちょっとした工夫で女性ホルモンを分泌しやすい体を作ることができます。

仕事や家事・育児……現代女性に求められるものはたくさんありますが、できるだけ不規則な生活は避けて、女性ホルモンを分泌しやすい健康な体をキープしていきましょう♡


スポンサードリンク