抹茶の効果・効能について紹介します。

抹茶は、日本茶を細かく粉末したもので、日本文化のひとつ「茶道」で使用されるお茶です。

抹茶は、今や伝統的な飲み物としてだけではなくスィーツやブレンドティーなどさまざまな形態で取り入れられるようになり、幅広い世代に愛されています。

そんなポピュラーな抹茶には、実はスゴイ効果や効能が期待できると健康の分野でも大注目です。

そこで今回は、抹茶の効果・効能を詳しく解説していきます。

美味しいだけではなく、素晴らしい働きの抹茶を是非、飲んでくださいね。



スポンサードリンク


抹茶が他のお茶と違うポイント

抹茶は、緑茶の一種である碾茶(てんちゃ)を粉末状にしたものです。

抹茶は茶葉から作られますが、その茶葉は日本茶(緑茶・番茶など)・紅茶・ウーロン茶などと基本的には同じ物です。

これらのお茶に違いが出るのは、その製法が異なる為です。

特に、発酵の期間などのいよる発酵度が違いを生む要因になっています。

大まかには次のような発酵のさせ方になります。

お茶の発酵状態
  • 緑茶(抹茶含む):あまり発酵させていない状態のお茶
  • ウーロン茶:半発酵の状態のお茶
  • 紅茶:しっかり発酵させお茶



いづれのお茶も、それぞれ体によい効果・効能がありますが、その多くはお湯に溶け出した有効成分によるものです。

一方抹茶は、茶葉を粉末にして丸ごと飲むことができます。つまり、茶葉を食べている事と同じになります。

お湯に溶け出した成分だけでなく、茶葉に残っている栄養をそのまま摂取できるので、より高い効果を得られるのが大きな特長です。

抹茶の効果

抹茶の優れた効果・効能を説明します。

まずは抹茶に含まれる成分を抑えて行きましょう。

抹茶には次のような成分は含まれています。

お茶の主な成分
  • カテキン:お茶の渋みのもととなるポリフェノール。大注目の成分。
  • カフェイン:苦みに関係する成分。コーヒーにも多く含まれる。
  • テアニン:アミノ酸の一種。リラックス効果。
  • サポニン:苦味やエグみのもととなる成分。
  • ミネラル:カリウムやカルシウム、リンなど。
  • ビタミン:ビタミンC、A、Eなど。
  • 食物繊維:不溶性食物繊維、水溶性食物繊維



それは、抹茶の効果・効能について紹介していきます。

生活習慣病予防の効果

抹茶には生活習慣病予防など健康に良い効果が期待できます。

抹茶に多く含まれる「カテキン」は驚くような健康効果があると大注目の成分です。

カテキンには、コレステロールを増加を抑える働きがあり、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

また、カテキンには、活性酸素を抑える働きもあり動脈硬化の根源とも言われている酸化悪玉コレステロールの発生を防いでくれます。

動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞などの致命的な病気を引き起こす要因なるのでその予防はとても大事です。

また、カテキンには、血糖値に急上昇を抑える作用もあり、糖尿病予防の効果も期待できます。

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)の中央研究所は、東北大学大学院農学研究科の池田郁男教授、静岡県立大学大学院薬食生命科学総合学府の熊澤茂則教授らと共同研究を行い、茶カテキンのコレステロール吸収抑制メカニズムの一部を解明しました。

ダイエット効果

抹茶には優れたダイエット効果が期待できます。

抹茶に含まれる「カテキン」は、体脂肪を燃焼を促進する効果が期待できます。

最新の茶カテキンの研究により、新たな作用機序が明らかになってきました。

さらに茶カテキンには、血糖値の上昇を抑える効果もみられます。

血糖値の急上昇は、余分な脂肪を溜め込んでしまします。

血糖値の急上昇を抑えることで、脂肪を溜め込みにくい体になるのです。

また、抹茶に含まれる「カフェイン」は、つきやすく落ちにくい内臓脂肪を燃焼してくれる効果も。メタボ予防に繋がります。

さらに、便秘が解消されることで、消化・吸収力が上がり代謝がアップ!
痩せやすい体質がもたらされます。

さらに抹茶のむくみ解消効果が、セルライト予防にもつながります。

このように抹茶に含まれるいくつかの有効成分が、ダイエットに効果を発揮してくれるのです。

美肌・アンチエイジング効果

抹茶には女性にうれしい美肌やアンチエイジング効果が期待できます。

抹茶に含まれるカテキンには、優れた抗酸化作用があり、正常な細胞を傷つける活性酸素を除去して、シミ・しわ・たるみなどの予防効果が期待できます。

抹茶に含まれるビタミン類、特にビタミンCには美肌効果が期待できます。

ビタミンCは、熱によって破壊されないという素晴らしい性質を持っています。

ビタミンCには、次のような美肌効果が見られます。

ビタミンCの美肌効果
  • メラニン色素の生成を抑えてシミやそばかすを予防
  • コラーゲンを生成して、ハリのある肌をもたらす
  • 過剰な皮脂分泌を抑制する効果により、ニキビを予防
  • 正常な細胞を傷つける活性酸素を除去して、肌老化を予防

便秘解消の効果

抹茶には便秘を解消する効果も期待できます。

抹茶に含まれる「食物繊維」が便秘の解消に役立ちます。

実に、抹茶100gあたり39gもの食物繊維が含まれています。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。抹茶には、この2つの食物繊維が両方含まれているのです!

便を柔らかくする「水溶性食物繊維」と、便のかさを増して腸の蠕動運動を促す「不溶性食物繊維」があり、便秘を解消するには、両方を摂取することが大切です。

便秘は日本人女性の2人に1人が悩んでいるとも言われいる多い症状で、特に、20~30代の女性は70%以上の方は便秘症状を感じているといいます。

中には、便秘薬にすっかり頼りっきりという女性もいらっしゃいますよね。

そのような方も抹茶の便秘解消効果で、自然なお通じを目指してみてはいかがでしょうか。

リラックス効果

抹茶にはリラックス効果があります。

ストレス社会といわれる現代において、慢性的なストレスを抱えている女性も増えていますよね。

ストレスを緩和してリラックス効果をもたらしてくれるのは、抹茶のうまみ成分であるアミノ酸「テアニン」。

テアニンを摂取すると、脳のα波が増加します。α波とは、脳が安らいでいるときに出される脳波です。

抹茶を飲むことで、ストレスにさらされて興奮・緊張状態にあった脳が、リラックスするのです。

女性の場合、PMS(月経前症候群)のイライラ症状で悩んでいる方も多いと思いますが、そんな時には、抹茶のリラックス効果を取り入れてみてください。

ただし、抹茶には覚醒作用がある「カフェイン」も含まれています。

テアニンはカフェインの覚醒作用を穏やかにする作用もありますが、念のため寝る直前に抹茶を飲むのは避けた方がよいでしょう。

口臭予防の効果

抹茶には口臭を予防する効果も期待できます。

抹茶に含まれるカテキンには抗菌・殺菌力があり、口の中の細菌の増加を防ぐことができます。

これにより、口臭の予防や虫歯の予防も期待できます。

また、カテキンが含まれる飲みものでうがいすると風邪の予防や初期症状の緩和も期待できると言う意見もあります。

抹茶の飲み方(食べ方)

抹茶の飲み方について紹介します。

抹茶は自分で飲んだ事ないと、ハードルが高いと感じている人が多いようですが、実はそんなに、難しいことはありません。

健康や美容にうれしい効果のある抹茶をもっと気軽に楽しんでいきましょう。

抹茶の飲み方(食べ方)としては、抹茶として点て(たて)て飲む方法と、料理などに入れて使いう方法があります。

抹茶の点て方

抹茶の点て方について紹介します。

茶筅で点てる

茶道でも使用される「茶筅(ちゃせん)」を使用して抹茶を点てる方法です。

茶筅を使用することで、粉がダマにならずにしっかり溶かすことができます。

茶道のように専門的な作法や道具など使っても良いと思いますが、まずは手軽な方法で抹茶に親しんでいきましょう。

ティースプーンに軽く一杯(約1.5g)抹茶に、約70ccのお湯を注ぎ、茶筅でシャカシャカ混ぜるだけでOKです。

茶筅はお茶屋さんはもちろん、今では100円ショップなどでも販売されており、気軽に購入することができます。

抹茶は少し練習されるだけで意外と簡単に点てることができます。


「シェイカー」や「小ぶりの泡だて器」で点てる

茶筅がない場合は、シェイカーや小ぶりの泡だて器で代用してもOKです。

・シェイカーにお湯と抹茶をいれてよく振って飲む
・抹茶を入れた茶碗にお湯を注いで、泡立て器で混ぜても飲む

このようにして作ることも可能です。

抹茶を料理に使う

近頃は抹茶を料理の材料として使うレシピも増えています。

抹茶の独特な「渋み」や「苦み」「香り」などを生かした料理が人気です。

抹茶を使ったレシピを紹介します。

抹茶のレシピ一覧

まとめ

抹茶の効果・効能について解説してまいりましたが、いかがでしょうか?

抹茶には、健康や美肌、ダイエットなどうれしい効果が沢山あります!

「飲み方が難しいそう」と抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、堅苦しく考える必要はありません。

あなたが作りやすい方法で、気軽に楽しんでくださいね♪


スポンサードリンク