最近耳にするようになった、植物性乳酸菌(ラブレ)。

スーパーやコンビニでも見かけますよね。身近なヨーグルトやチーズなどの乳酸菌よりも強力な効果を持つとして、話題となっています。

ですが、一体どんな理由で凄い!と注目されているのかまでは詳しく知らないという方も多いはず。

そこで今回は、そもそもラブレ菌は何なのか、どんな効果があるのか、どうやって摂取するのが正解なのかなど、植物性乳酸菌 ラブレのいろはをドンとご紹介します。

購入を考えている方、気になっていたという方、ぜひ参考にしてみて下さいね。



スポンサードリンク


植物性乳酸菌(ラブレ)は何?

植物性乳酸菌ラブレは植物が由来の乳酸菌の一つです。

縄文時代からあった?!「植物性乳酸菌」

乳酸菌には、摂取元のタイプに応じて、主に2通りの呼び方があります。

例えば、最も馴染み深いチーズやヨーグルトに使われる乳酸菌は、動物性の栄養源を元に育つので「動物性乳酸菌」。そして、サワーキャベツや漬物など、植物を栄養源とする乳酸菌は「植物性乳酸菌」と呼ばれます。

植物性乳酸菌というと、なんだか最近開発された、「新栄養素」の様な感じもしますが、実は、縄文時代から日本人は摂取していたという説もある位です。

世界的にも、動物性の発酵食品よりも植物性の方が人間と長く関わっていると言われているんです。

一例を挙げてみると、韓国のキムチ、ドイツのサワークラフト、日本では漬物と、代表的な伝統食品に植物性乳酸菌は含まれています。

「動物性乳酸菌」より強い「植物性乳酸菌」

植物性乳酸菌は「強い」乳酸菌だと言われています。

ちょっと考えてみて下さい。漬物やキムチなど、塩には殺菌効果があると言うし、塩分の高い環境では通常の細菌は生きられませんよね。

ですが、植物性乳酸菌はそうした環境に存在します。一方の動物性乳酸菌は、栄養価タップリのお乳を栄養素に育ちますから、比較的恵まれてた環境にあります。

どちらが強いかと言えば、もう明らかですよね。

タフな環境で生き抜く植物性乳酸菌だからこそ、人間の胃酸にも耐性を持ち、腸内で活発に活動してくれる強さが期待出来るというわけなんです。

ちなみに、一説によると動物性乳酸菌の場合、胃酸や胆汁酸などの消化液に含まれる“酸”の影響を受けて、99%は腸に届く前に死滅すると言われています。

一方で植物性乳酸菌の倍、動物性乳酸菌の3倍も消化液への耐性に優れているのだとか

「植物性乳酸菌」の中でも話題の「ラブレ」について

植物性乳酸菌「ラブレ」は日本人になじみの深い乳酸菌です。

最近話題の「ラブレ菌」(通称名「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」)は、1993年にルイ・パストゥール医学研究センターの設立者である岸田綱太郎博士が京漬物の「すぐき漬」から見つけた乳酸菌です。

植物性乳酸菌は、様々にありますが、ラブレ菌はその中でもトップクラスの強さを持つと言われています。

それもそのはず、すぐき漬は塩分や酸度が高く、乳酸菌が育つにはかなり過酷な環境です。

そんな中で強く行き抜く生命力にプラスして、日本人になじみ深い漬物に含まれる成分ですから、体質に合致しやすいとされています。

実際に、ラブレ菌関連の商品に関する口コミをチェックしてみると、効果を実感しているという高評価なコメントが多い印象です。

植物性乳酸菌(ラブレ)の効果は?


植物性乳酸菌「ラブレ」の期待できる効果は多くあります。

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と基本的な効果は同じです。

その大きな働きは、腸内環境を整えてくれることです。

乳酸菌(植物性・動物性)は、腸内細菌の善玉菌を増やす働きがあります。これにより、腸内の悪玉菌が減って腸内環境(腸内フローラ)が正常化します。

腸内環境が正常化すると、腸の働きが活発になりさまざまな効果をもたらします。

代表的な効果を紹介します。

便秘解消効果でダイエット・美肌効果

植物性乳酸菌で腸内環境が正常化すると便秘解消が期待できます。

生きて腸まで届くラブレ菌は、腸内で乳酸を作り出します。腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減少させ腸の働きを活発化させます。

その結果、腸の蠕動運動を促し便秘解消につながります。

便秘の状態は、腸管に固くなった便が詰まった状態です。その部分が長く圧迫されれば、血行が滞り、腸だけでなく全身の血流にも影響を及ぼします。

直物性乳酸菌「ラブレ菌」によって腸内環境が整えられれば、血行改善から健康効果や、ダイエット効果、血液の質も良くなることから、美肌効果も実感しやすくなると言えます。

コレステロールを低下させる効果


物性性乳酸菌「ラブレ」はコレステロールを低下させる働きがあります。

植物性乳酸菌「ラブレ」は、腸内で余分なコレステロールの吸収を防いでくる働きが期待できます。

余分なコレステロールは、動脈硬化を進める原因なり、生活習慣病を引き起こすもとになります。

免疫力の向上の効果

植物性乳酸菌「ラブレ」では免疫力の向上が期待できます。

植物性乳酸菌「ラブレ」によって腸内環境が改善させると免疫力が高まります。

実は、免疫細胞の多くは「腸」で作られていて、腸内環境が悪いと免疫細胞がうまく作られないので免疫が低下してしまうのです。

免疫を向上させるためには、腸内環境を整えるのがとても大事になります。

風邪にかかり易い人、かかりにくい人

風邪にかかり易い人、かかりにくい人は一体なにが違うんでしょうか。

その違いはズバリ、「免疫力の強さ」です。ラブレ菌には、上記のような仕組みで免疫力をアップさせる効果があるとされています。

インフルエンザをはじめとしたウイルス感染予防に効果的と言えるんです。実際に栃木県那須塩原市の小学生2,926人を対象に行われた大規模調査では、以下のような結果が報告されています。

(カゴメ ラブレ菌(Lactobacillus brevis KB290)を使用した調査)

ラブレ菌を含む飲料を登校日に摂取していた子供たちのインフルエンザ罹患率→15.7%
同一地域内で摂取していなかった子供たちのインフルエンザ罹患率→23.9%

数字にすると、4人に1人の割合から、6人に1に感染率が下がったという訳です。受験シーズン、大切な試験前など、風邪をひきたくない場面で役立ちそうですね。

参考:http://www.kagome.co.jp/company/news/2014/10/002088.html

アレルギー症状の緩和

植物性乳酸菌「ラブレ」にはアレルギー症状を緩和する働きがあることが分かっています。

アレルギーの発症原因の1に、白血球の1つ「ヘルパーT細胞」の1型(Th1)と2型(Th2)のバランスの崩れが挙げられます。

アレルギー状態ではTh2が優位になり、アレルギーと関連のあるIgEが増加。その結果、花粉症を始めとしたアレルギーを発症するとされています。

このバランスを改善する効果が、ラブレ菌(HSK201株)にあることが、日本ルナとグループ会社である日本ハム(株)の共同研究で発表されました。人への試験でもHSK201株摂取群ではIgE増加の抑制が見られ、Th1/Th2のバランス改善も確認されています。

参考:http://www.nipponham.co.jp/csr/report/2013/pdf/p11_12.pdf

更年期症状に関わる働き

一部の研究では更年期症状についての働きも報告されています。

カゴメ株式会社(社長:西秀訓)と医療法人石塚産婦人科(栃木県那須塩原市)によって進められている研究です。

便秘を含む更年期症状を自覚する45-55歳の女性13名を被験者として、ラブレ菌 (Lactobacillus brevis KB290)の摂取試験を実施し、ラブレ菌の摂取により便通が改善されることに加え、冷えや肩こり、腰痛などの更年期症状も改善されることが報告されています。

参考:http://www.kagome.co.jp/company/news/2012/03/001361.html?cat=kenkyu

植物性乳酸菌「ラブレ」の摂取方法

植物性乳酸菌「ラブレ」を積極的に摂取する場合はサプリメントがおすすめです。

植物性乳酸菌は、植物を使用した発酵食品に含まれています。ラブレの場合は、「すぐき漬」からの摂取になります。

ただ、「すぐき漬け」が積極的に摂取すると、「塩分の取りすぎ」となってしまいます。

厚生労働省が定める1日の目安塩分摂取量は5グラムですが、いまだに日本人の場合1日8グラム平均なのだとか。ラブレ菌を摂取しようと塩分を摂り過ぎては、かえって不健康ですよね。

そこで、簡単に摂取できるのが、サプリメントを利用する方法です。

植物性乳酸菌「ラブレ」を摂取できるサプリメント

植物性乳酸菌「ラブレ」が簡単に摂取できる人気のサプリメントを紹介します。

沢山の嬉しい効果が見込める植物性乳酸菌(ラブレ)ですが、続けられないと意味がありません。

そこで、どの位の費用が掛かるのか調べてみました。人気の商品を幾つか見ていきましょう。


  1. カゴメ 植物性乳酸菌ラブレ

    カゴメ 植物性乳酸菌ラブレ カプセル

    価格 4.0
    含有量 5.0
    総合 5.0
    単品:
    3,600円(税込)
    定期:
    3,034円(税込)

    カゴメでは植物性乳酸菌「ラブレ」の効果に着目して研究を進めています。

    そんなカゴメが開発した「ラブレ菌」を生きたままカプセルに閉じ込めたサプリメントです。

    製法にこだわり、1粒になんと「100億個」以上のラブレ菌を閉じ込めています。

    有名企業が研究開発した安心して飲めるサプリメントです。

    商品詳細を見る

  2. 乳酸菌革命

    乳酸菌革命

    価格 5.0
    含有量 3.0
    総合 4.0
    単品:
    2,880円(税込)
    定期:
    2,730円(税込)

    乳酸菌革命は「ラブレ菌」含む16種類の乳酸菌を配合したサプリメントです。

    3大乳酸菌と呼ばれている「ビフィズス菌」、「ラブレ菌」、「ガセリ菌」を中心に、ラクトバチルスの各種など14種類もの乳酸菌を配合した乳酸菌サプリです。

    乳酸菌は様々な種類と摂ったほうが良いという考えもあり、乳酸菌の種類が多いのはうれしいポイントになります。

    商品詳細を見る

  3. 生命の乳酸菌

    生命の乳酸菌

    価格 3.0
    使用感 3.0
    効果 3.0
    価格:
    2,000円(税込)
    容量:
    100ml

    生命の乳酸菌は「ラブレ菌」を含む7種類の乳酸菌を配合したサプリメントです。

    「耐熱性ラブレ菌」、「ラクリス菌」、「キムチ乳酸菌」など、熱や酸に強い乳酸菌を中心に、「7種類」の乳酸菌を配合しています。

    さらに、乳酸菌のエサとなる「オリゴ糖」も配合し腸内環境を整える効果をパワーアップさせています。

    商品詳細を見る

摂取方法によって効果の出が違う?おススメの摂取方法

植物性乳酸菌の効果的な摂取方法について紹介します。

タイミングは食後がおススメ

胃酸の影響を受けにくい食後の飲用がおススメです。

朝・昼・夜のいずれかであれば、朝が一押しです。朝は体のエネルギーが消化・浄化に当てられタイミングなので、整腸作用が一層見込めると考えられます。

乳酸菌サプリを愛用している人の口コミでも、「朝食後に飲むのが、一番効果的だった」という内容が目立つので、迷ったら朝に試してみてくださいね。

決まった時間に摂取する

決まった時間に摂取することで、体のリズムを整えましょう。

体調管理に繋がります。一押しの朝はバタバタとしていて飲み忘れる可能性もあります。

そうした場合は朝に限らず夜にしても問題ありません。

水の温度に要注意

水の温度はぬるま湯位が丁度良いとされています。

熱油だと乳酸菌を死滅させてしまう可能性もあるので気を付けたいですね。

まとめ

健康・美容効果が得られると人気の植物性乳酸菌、ラブレ。

実は日本人にとてもなじみ深い「乳酸菌」だったんですね。

食品から摂取するのは難しいため、乳酸飲料・食品・サプリメントといった形で摂取する方法が主です。

ガン予防や治療に役立てる研究も進められていて、今後も目が離せない成分です。

毎日継続して摂取することで、根本的な体質改善を目指し、ぜひとも健やかな毎日に役立てたいものですね。



スポンサードリンク