笑顔には素晴らしい効果があるとよく聞きますが実際にはどの様な効果が有るのでしょうか?

笑顔は周囲に良い印象を与えるのはもちろんのこと、自分の健康や人間関係にもうれしい効果をもたらしてくれると言われています。

笑顔を作る事だけで、人生だって変えてしまう様な驚きの効果も期待できます。

そこで今回は、笑顔の効果についてまとめてご紹介!笑顔になれるコツなども併せて解説していきます。

日頃、あまり笑顔を振りまかないという人は、是非、チェックしてみてくださいね。



スポンサードリンク


笑顔の効果

それでは、笑顔がもたらす効果をみていきましょう。

ストレス解消の効果

笑顔には、ストレスを解消する効果があります。

秘密は「脳内物質」。

笑顔によって、脳内にさまざまな物質が分泌されることで、ストレスの緩和の効果が期待できます。

主に「3つ」の脳内物質が笑顔により分泌されます。

笑顔で分泌される脳内物質
  • βエンドルフィン
  • ドーパミン
  • セロトニン

まずひとつが「βエンドルフィン」。

これは恋愛初期やランナーズハイ状態のときに分泌される脳内ホルモン。幸せな気持ちをもたらしてくれる効果があるのです。

つぎに、「ドーパミン」。

人に褒められたり、目標を達成できたときに分泌されるホルモンで、快楽や幸福感をもたらしてくれます。

そして、もうひとつは「セロトニン」。

セロトニンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内物質。

不安感や高ぶった感情を落ち着けて、ゆったりとした気持ちにさせてくれます。

笑顔によって分泌るされるこの「3つの脳内物質」が、幸せな気持ちをもたらしてストレスを緩和してくれるというわけです。

ストレス社会といわれる現代。

とくに女性の活躍が期待されて、仕事や人間関係にストレスを抱えている女性も少なくありませんよね。

ストレスは体の各機能を低下させ、健康や日常生活に影響を与えるので、常にストレスの解消に努めなければいけません。

ストレスが溜まっている時の笑顔は、ストレスをふわっと解消してくれる魔法となってくれるでしょう。

ポジティブ思考になる効果

笑顔は、ポジティブ思考をもたらしてくれる効果が期待できます。

そこにも関係しているのが、脳内物質「ドーパミン」。

ドーパミンは「やる気」や「モチベーション」をアップさせてくれる効果があります。

ドーパミンが分泌されることで意欲的になり、ポジティブ思考になれるのです。

現代に多くみられるうつ症状の緩和にも効果的!

心配事が多い方、クヨクヨ考えてしまう方も、まずは「笑顔」を作ってみましょう♪

睡眠の質の向上の効果

笑顔は、睡眠の質を向上させる効果も期待できます。

睡眠に大きく関係しているのが「メラトニン」と呼ばれる脳内物質です。

メラトニンは、リラックス効果のある副交感神経を優位にさせたり、体温を下げることで、体に眠気をもたらします。

このメラトニンの材料となるのが、笑顔によって分泌させる「セロトニン」です。

笑顔により分泌されたセロトニンが、酵素の作用によって夜にメラトニンに変化し睡眠の質の向上に役立つわけです。

また、笑顔の他にも朝日を浴びたり、寝る前に部屋を暗くすることでメラトニンの分泌量を上げることは可能だと言われています。

仕事や家事、育児に追われて、とくに現代の30~50代の女性は睡眠時間が少なくなっているといいます。

また悩み事や考え事で、なかなか眠りにつけないという方もいらっしゃいますよね。

短い睡眠時間で、少しで深く眠るためにも、起きている間に「笑顔」を心がけてセロトニンを分泌させておきましょう♡

参考:うまく眠れない!もしかしたら病気!?不眠に潜む病気とは?

美容効果

笑顔は女性にうれしい「美容効果」もあります。

まずは、笑顔で表情筋を動かすことがトレーニングになって小顔効果が期待できます。

久々に大笑いすると頬が引きつって疲れる感じありますよね。笑顔は表情筋をダイレクトに動かすことができるのです。

1日何時間もパソコン作業を無表情でしている方は、ときには周囲の人と笑い話をして、表情筋トレーニングをしてみてくださいね!

また、ストレスが緩和されることも美容に効果的だと言われています。

過度なストレスは、正常な細胞を傷つける活性酸素を発生させてシミやしわを作ってしまいます。

笑いでストレスと緩和することは、活性酸素を抑えることにもつながるのです。

また、血行もよくなりますので顔色もトーンアップ!

最近顔がくすんでいるな……という方も、化粧下地やチークに頼る前に、まずは笑顔という美容液を仕込んでみてはいかがでしょうか♡

免疫力の向上

笑顔は免疫力の向上の効果が期待できます。

そこに深く関係しているのは「ナチュラルキラー細胞(以下NK細胞)」です。

NK細胞は、体内に侵入してきたウィスルやがん細胞を攻撃してくれる働きがあります。

そのNK細胞を活性化できるのが「笑顔」なのです。

ただし免疫力の向上には笑顔よりも、お腹の底から思いっきり笑うのが有効です。

お笑い番組をみたり、面白いひととご飯を食べたり、思いっきり笑う機会を意識的につくってみるとよいでしょう。

免疫力がアップすれば、風邪やインフルエンザにかかりにくい強い体になります。また、花粉症などのアレルギー体質にも効果的です!

また近年では、笑顔でがんを克服したという報告もされているといいます。

このように「笑顔」は免疫力のアップに欠かせないので、日々、笑顔のある生活を心がけましょう。

参考:免疫を上げる食べ物とは?風邪に負けない体づくりは食事から!

ダイエットのサポートに効果

笑顔はダイエットのサポートにも効果的です。

ストレスを受けると「コチゾール」と呼ばれるホルモンが分泌されます。これは血糖値を上昇させて脂肪を溜め込みやすくするホルモンです

笑顔は、このコチゾールの分泌を抑制する作用があるのです。

つまり、笑顔のストレス解消効果により、ダイエットの大敵となるドカ食いを抑制してくれます。

食事制限や運動によるダイエットで、ストレスを溜めている人もポジティブな気持ちでダイエットを続けられるでしょう。

さらに、お腹の底から思いっきり笑えば、大量の酸素が体内に取り込まれて血行促進し代謝アップやカロリー消費にもつながります。

ダイエットも、あまり真剣に向き合うのではなく、笑いながら楽しくするのが成功のカギなのかもしれませんね♪

人間関係をスムーズにする効果

人間関係を円滑にしてくれる潤滑油のような働きをしてくれるのも笑顔の大きな効果です。

恋愛や仕事の接客など人と関わる場面では特に笑顔は欠かせません。

口をへの字に曲げて、眉間にしわを寄せている不機嫌そうな人よりも、口角を上げて柔らかい笑顔をしている女性の方が話しかけやすく、誰の目にも魅力的に映りますよね。

また「ミラー効果」という言葉を耳にしたことはないでしょうか?

好感を寄せている相手のしぐさを無意識にまねてしまう行動心理です。

自分が笑顔でいれば、相手に笑顔が伝染してその人も笑顔にできて親密感を高めることができます。

そして、笑顔でいることで自分のストレスが緩和されてポジティブになれるので、周囲への態度も自然とよいものになります。

感情のコントロールができないときほど、まず笑顔を心がけましょう。

作り笑いで脳をだまそう!

笑顔の効果は「作り笑い」でも発揮できることが分かっています。

笑顔と言っても子どもの頃のように、無邪気に笑ってもいられない大人の世界。

このストレス社会の中では、楽しいことばかりではありませんよね。

そこで試してほしいのが「作り笑い」。

口角をキュッと上げて、笑顔をつくると、脳は「今は楽しいときなんだ!」と勘違いしてくれます。

これにより、紹介したような「笑顔の効果」を得ることができます。

ストレスが溜まっているときも、忙しいときも、ひとりで気分が落ち込んでいるときも、口角を上げて笑顔を作ってみてください。

ふっと気持ちが軽くなるのを感じられることでしょう♡

まとめ

笑顔の効果について紹介しましたが、いかがでしょうか?

たかが笑顔、されど笑顔。

笑顔には驚くべき素晴らしい効果がたくさん潜んでいましたね!

笑えないときでも、まずは作り笑いでもOK。脳をだまして、周囲も自分も幸せにしちゃいましょう♡


スポンサードリンク