老眼は早めの回復・改善法で進行を防ぐことが期待できます。

「老眼」はまだ若いと思っている「40歳」くらいから老眼が出始めます。

近くが見えづらくて困ることが増えてきます。

老眼鏡を掛けたり外したり、とても面倒です。

出来れば、何とか老眼を少しでも回復させ改善したいのです。

そこで今回は、少しでも老眼を何とかしたいと思う方に老眼の回復・改善法について解説します。



スポンサードリンク


老眼の原因は眼が老化し機能が低下したから

老眼の主な理由は眼の老化により機能が低下したことによるものです。

目の水晶体はレンズの役目をしていて、近くを見るときは厚くなり遠くを見るときは薄くなります。

このピント合わせをしているのが水晶体の上下に付随している毛様体という筋肉です。

老眼は加齢によって水晶体が硬化して、毛様体の機能が低下してくるのが原因です。

それによって、近くのものにピントが合いづらくなります。

老眼は早い人は40歳前後から、遅くとも45歳過ぎには誰もがある程度自覚します。

また、最近は10代、20代の若者に、スマホを長時間見つめることによる「スマホ老眼」が増えているといいます。

若くて柔軟な水晶体と元気な毛様体があっても酷使すると一時的にピント調節の機能が弱るのです。

長期間スマホ老眼の状態が続くと、ほんとうの老眼になる年齢が早くなる可能性もあります。

老眼の初期症状は「疲れ目」に似ている

老眼の初期症状は「疲れ目」とよく似ているので注意が必要です。

40~50前後の方で普段から次のような症状があれば、老眼の初期にさしかかっていると考えられます。

老眼の初期症状
  • 近くの文字が読みにくい
  • 小さな文字が読みにくい
  • うす暗い所では文字が読みにくい
  • 遠くのものを見た後に近くのものにすぐピントが合わない
  • 本を読んでいるとすぐに疲れる
  • 夕方になると目の調子が悪くなる
  • 肩こりや頭痛が増えた

近眼から老眼になった場合の症状

近視の人は老眼になりにくいと言いますが、目の老化現象である老眼は近視の人にも生じます。

近視は近くのものにしかピントが合わない症状なので、メガネをはずすと手元の字ははっきり見えますが、メガをかけた状態では見にくくなります。

これはやはり老眼で目の調節機能が衰えているからです。

文字がかすんで見えにくかったり、目が疲れやすいときに、老眼だけでなく白内障も併発していることがあります。

40歳を過ぎたら半年に1度くらいの眼科検診を受けることをおすすめします。

老眼の進行を遅らせるには

水晶体の硬化はひと言でいうと老化現象ですが、老化の進行に深くかかわっているのが「酸化ストレス」です。

紫外線や食物の影響などで体内の活性酸素の発生が増えると身体のいろいろな組織にダメージを与えて、老化を早めるのが酸化ストレスです。

酸化ストレスを減らして老化を遅らせるのがアンチエイジング(抗老化)ですが、そのためには日常生活での次のような心がけが必要です。

酸化ストレスを減らすと白内障の進行予防にもなります。

老眼の進行を遅らせるには
  • 抗酸化作用がある食品を積極的に食べる。抗酸化作用があると言われる食品成分には、ポリフェノールやビタミンC、Eなどがあります。過酸化脂質を含まない新鮮な食品を食べる。
  • 睡眠を充分にとる。
  • 目だけでなく皮膚に浴びる紫外線をできるだけ少なくする。
  • 運動不足に気をつける。
  • 精神的なストレスをためない。
  • タバコを吸わない。

老眼の回復・改善方法

老眼は老化現象なので完全に治すことは難しいですが目のトレーニングで多少の回復・改善が期待できます。

老眼の視力を回復する一般的な方法は老眼鏡をかけることです。老眼用のコンタクトもあります。

最近は手術によって老眼を治療する方法もいろいろと開発されています。

また、眼のトレーニングで目の機能を回復・改善させることも可能です。

特に、老眼が出はじめた30代後半や40代の初期の老眼の人には、効果が高く進行を遅らせる事も期待できます。

老眼を回復・改善する目のトレーニング

老眼の回復・改善する目のトレーニングを紹介します。

老眼を回復する目のトレーニングはネットや書籍にいろいろ紹介されていますが、もっともポピュラーな「焦点切り替えトレーニング」と「3D立体視トレーニング」を紹介します。

焦点切り替えトレーニング

近くのものと遠くのものに交互に焦点を合わすことをくり返すという「焦点繰り替えトレーニング」があります。

具体的には次のような方法です。

焦点切り替えトレーニング
  1. 目の前15㎝に人差し指を立てて指の先端を見る(ピントが合わなくてもOK)。
  2. 次に、顔小動かさずに窓の外の遠くを見る(できるだけ遠くのものがよい)。

これを1~2秒間隔で往復20回くり返します。これを1セットにして、1日に4~5回行ないます。


この方法は単純で簡単な方法ですが習慣化すればかなりの効果が期待できます。

初めは、目が疲れたする場合もありますが、無理せずに続けるのがポイントです。


3D立体視トレーニング

面白くて飽きないのが「ステレオグラム」という画像を使う「3D立体視トレーニング」です。

目の焦点の合わせ方をふだんと変えるちょっとしたコツをつかめば、壁紙のような画像から立体的な別の画像が浮かび上がってきます。

パソコンやスマホの画面から離脱して空中に浮かび上がっているような画像を観るのは感動的でもあります。

このトレーニングはユーチューブなどにアップされているステレオグラムを使って行います。スマホには立体視トレーニングの無料アプリもあります。

パソコンで「立体視トレーニング」などのキーワードで検索すると、立体視の方法をトレーニングできる多くのサイトが立ち上がります。そのいくつかで試してみると立体視のコツはすぐにつかむことができます。

参考:視力回復、老眼改善!画像と動画で『立体視トレーニング』に挑戦

立体視には、「平行法」と交差法」という2つの方法があります。平行法より交差法の方がやりやすいという人が多いようです。

3D立体視トレーニングは近視にも老眼にも効果があると言われています。

医学的な臨床報告はないようですが、子ども視力が回復したなどの体験例はいろいろ報告されています。

平行法

「平行法」は左右の目の視線を平行にして、右の眼は画像の右側だけを、左の眼は左側だけを見ます。

ふだん左右の眼は協力して1点に焦点を合わせますが、遠くを見るようなつもりでぼんやり対象を見ると「平行視」できます。


出典:視力回復と視力検査「視力回復画像の見方


交差法

「交差法」は右の目は画像の左側を、左の目は画像の右側を見るという方法です。

そんなことはできそうもない気がしますが、寄り目で物を見ると自然にそうなります。

目の前に指を立ててそれに焦点を合わせると寄り目になるので、その後で画像に目を移します。


出典:視力回復と視力検査「視力回復画像の見方

老眼の手術

近眼だけでなく老眼もレーシック手術で回復します。

片眼を近距離に焦点が合うようにし、もう一方の眼を遠距離に合うようにするのが老眼のレーシック手術です。

レーシックとは、角膜をレーザー光線で削り、角膜のカーブを変えることで目に入る光の屈折を調整する手術法です。

白内障の手術のときに入れる人工の水晶体を調節することでも老眼は回復します。

片方の目は近距離に焦点が合うように、もう片方は遠距離に焦点が合うように水晶体を調節します。

老眼鏡を作る

老眼になったら日常生活で困らない為にも老眼鏡を用意しましょう。

老眼鏡には次のような種類があり、症状や用途にあわせて選ぶことができます。

老眼鏡の種類
  • 【近用単焦点メガネ】もっともシンプルな老眼鏡で、読書や手元の細かい作業のときに使います。
  • 【近々両用メガネ】手元とパソコン画面など、デスクまわりをカバーするメガネです。
  • 【中近両用メガネ】会議のときに資料とホワイトボードを交互に見るときなどに便利なメガネです。
  • 【遠近両用メガネ】遠方も近くも手元も見える多焦点レンズの遠近両用メガネもあります。


シンプルな老眼鏡は100円ショップでも売っていますが、合わない老眼鏡は疲れ目の原因になるので、設備の新しい眼科医や大手のメガネ専門店でできちんと測定してから作ることをおすすめします。

まとめ

老眼の回復・改善法について解説しましたが、いかがでしょうか?

老眼の進行を完全にくい止めることはできませんが、生活習慣で進行を遅らせたり、トレーニングである程度回復することは可能です。

「早すぎる老眼」を容認したくないはチャレンジしてみてください。

ただ、老眼で近くが見えないのに無理して、老眼などを利用しない人がいますが、しっかりと仕事をしたり生活を送るためにも、老眼鏡は用意した方が賢明です。

今時は、「おしゃれな老眼鏡」も作れるのでチェックしてみてくださいね。



スポンサードリンク