201247334260
足のむくみで多くの女性が悩んでいます!

サロンやマッサージ店で行う施術で解消できたとしても、むくみは定期的に発生してしまうので、その都度、通わなければなりません。

でも、そんな費用や時間が無いの現実です。

そんな方のために自宅で手軽にできるむくみをとる方法をご紹介します。

毎日のむくみ対策で美しい脚を目指しましょう!


モモモモ

私も足のむくみがひどい~!どうしたらよいのか知りたい!


エリ先生エリ先生

女性はみんな足のむくみで悩んでるよね!女性は体質的に男性よりむくみ易いのは知ってる?、足のむくみはそのままにしてると足が太くなることもあるので、早めにケアしたほうがイイよ!



スポンサードリンク


まずはマッサージでむくみを取り除きましょう

プロのマッサージでなくても、自分で出来るマッサージで簡単にむくみをとることが可能です。

マッサージでむくみをとる方法のリンパマッサージを紹介します。やり方は難しくないので是非試してみましょう。

美脚効果大のリンパマッサージを試してみよう

リンパの流れを良くすることで老廃物を排出させて、むくみを解消させます。

リンパマッサージの手順
  1. 足湯やフットバスなどで脚を温める
  2. マッサージオイルやクリームを塗る
  3. くるぶしの下のへこんでいる部分からふくらはぎにかけてこすりあげるようにマッサージします。
  4. 膝のうらは特に入念に、膝を裏から持ち上げるようにしてマッサージします。
  5. 膝の下のへこんでいる部分も老廃物が溜まりやすいので手をグーの状態にしてよくもみほぐします。
  6. 膝から太ももにかけて手をグーの状態にして円を描くように動かし、ほぐしながらマッサージします。
  7. 全体がある程度ほぐれてきたら足首から膝までをこすりあげて完了です。



00masaji

ツボ押しマッサージでむくみ解消!

足のツボを押してあげることで血行などがよくなり、むくみが解消されます。

リンパマッサージと一緒に取り入れてむくみをとる効果を高めましょう!

むくみとり効果のあるツボとは、足の裏の中央より少し上にある「湧泉(ゆうせん)」です。

排尿を促してむくみの原因となる溜まった水分を取り除く効果があります。両手の親指で湧泉をぐっと押して刺激してあげましょう。

yuusen

食事でむくみの原因を取り除く

体の中からむくみを改善する方法として様々な栄養素の摂取をオススメします。

日ごろ不足しがちな栄養素ばかりなので意識して摂取することでむくみ知らずの体を目指しましょう!

血液をサラサラにするビタミンB1・B6とポリフェノール

血液がドロドロになり血行が悪くなると、水分がうまく回収されずにむくみやすくなってしまいます。

ビタミンB群は代謝を促進させる効果があるのでむくみ対策には非常に適した栄養素ですが、中でもビタミンB1やB6は血液をサラサラにする作用が高く、むくみへの効果が期待できます。

ビタミンB1は豚肉、大豆などに豊富に含まれており、ビタミンB6はにんにく、鶏肉、牛肉などに豊富に含まれています。

ビタミンB1を多く含む主な食品
  • 豚肉
  • ハム
  • 大豆
  • うなぎ
  • きなこ
  • たらこ

ビタミンB6を多く含む主な食品
  • にんにく
  • まぐろ
  • 牛肉
  • かつお
  • 鶏肉
  • 酒粕



またポリフェノールも同様に血液をサラサラにする作用が高く、むくみ対策に効果的です。

ポリフェノールはブルーベリーやコーヒー、緑茶や赤ワインなどに多く含まれています。

ポリフェノールを多く含む主な食品
  • ブルーベリー
  • お茶
  • 大豆
  • コーヒー
  • ブドウ
  • 赤ワイン

水分の量をコントロールしてくれるカリウム

水分の量を調節する栄養素としてカリウムがあります。

塩分の排出を促して水分量をコントロールし、むくみの原因を取り除いてくれます。

カリウムは、ほうれんそう、サツマイモ、アボカドなどに豊富に含まれています。

カリウムを多く含む主な食品
  • ほうれんそう
  • にんにく
  • サツマイモ
  • アボカド
  • バナナ
  • 日本茶

2013151845488

サプリメントの服用も検討してみよう

むくみに効果的な栄養素は食事でしっかり補うことが基本です。

しかしどうしても不足しがちだと感じる場合や忙しくて食事に気を遣えない場合もあるでしょう。

そんな時はサプリメントの服用で栄養を補ってみるのも1つの方法です。

あくまでも重要なのは食事から栄養を摂ること。サプリメントは栄養補助として取り入れて賢く使いましょう。

ストレッチやエクササイズもむくみをとる効果的な方法

マッサージ以外にもストレッチやエクササイズもむくみをとる方法の一つです。

特に高い効果のある方法を2つご紹介します。

寝ながらできるストレッチ方法

寝ながらできるので、夜就寝前などに行うといいでしょう。

やり方は簡単ですしキツイ動きもないのでオススメです。

寝ながらできるストレッチ方法の手順
  1. 仰向けになり、天井に向かって足を上げます。
  2. 足首を曲げたり伸ばしたりします。
  3. 足を元にもどします。(寝ている状態になる)
  4. ①~③までの工程を15回繰り返します。
  5. 仰向けで寝ている状態に戻し、両手を広げてまた足を天井に向かって上げます。
  6. 足を開脚し、Vの字になるようにします。5秒はキープしましょう。
  7. 足を戻して5秒キープし、またVの字に足を開脚します。
  8. ⑥~⑦を10回繰り返します。

内ももを鍛えて美脚効果もあるエクササイズ

内ももを引き締めて美脚効果も得られる方法なのでぜひ試してみて下さい。

こちらも寝ながらできる方法です。

内ももを鍛えて美脚効果もあるエクササイズの手順
  1. 仰向きで寝て天井に向かって足を上げます。
  2. つま先を外側に向けて軽く膝を曲げます。
  3. 内ももを意識しながら足を開いて閉じるを20回繰り返します。

むくみとりグッズを使ってみましょう

ストレッチやマッサージではなく、楽にむくみを解消させたい!という方にオススメなのがむくみとりグッズの活用です。

様々なアイテムがあるので自分に合ったものを見つけてみましょう!

着圧ソックスやタイツ

足の血行を促進してリンパの流れをよくしたり、老廃物の除去にも役立つ着圧ソックスやタイツ。着用することでむくみを予防してくれます。

就寝時に履くタイプのものもあれば、普段塚出来るアイテムとして使えるものもあります。履くだけでむくみとりや予防ができるので非常に人気の高いアイテムです。

サイズが合っていないと逆効果になる可能性もあるので商品選びには注意しておきましょう。

cyakuatu

フットマッサージャー

足専用のマッサージ機器を使えば、マッサージ店でのマッサージに近い効果を得られます。

特にむくんでパンパンになったふくらはぎをほぐすのに効果的だと言われています。

マッサージャーの種類によって効果は違いますが、近年は足全体を覆うタイプのマッサージャーやクッションのようになっていて寝ながら足を挟むだけで使えるタイプのものが人気です。

masajya

トレーニングスリッパ

強制的につま先立ちの状態にさせることで脚の筋肉を鍛え、むくみにくい脚を作ることができる「トレーニングスリッパ」というものがあります。

かかとの部分が独特の形をしていて、履くと強制的につま先立ちの状態になります。

ふくらはぎを鍛えてむくみにくくするだけでなく、腹筋や背筋にも力が入るのでダイエット効果や姿勢を意識することが可能なので美しいボディラインづくりにも役立ちます。

suripa

脚枕

横になる時などに枕に足をのせて足の位置を心臓よりも高くします。そうすることで脚に溜まってしまた水分を心臓に戻し、血行を促進することが可能です。

脚専用の枕も販売されていますが、クッションや普通の枕、バスタオルなどを使って自作することも可能です。

20㎝前後の高さの枕が最もむくみとり効果があると言われています。

asimakura

まとめ

むくみが気になるせいでスカートがなかなか履けない、スキニーなどのタイトなパンツが履けない、といった悩みを持っている方も居ます。

むくみがあると見た目の部分だけではなく倦怠感も生まれてしまうので一刻も早く解消させなければなりません。

グッズを使えば忙しくてもむくみ対策ができますし、夜寝る前やお風呂上りなどの時間にアロマを焚きながらマッサージやエクササイズをすれば息抜きをしつつむくみをとることができます。

今回ご紹介した方法を生活の中に上手く取り入れて、むくみ知らずの美脚を目指しましょう!