2014317155431
頭痛薬を多用すると、それが原因で頭痛をさらに発生させる事があります。

このように、薬物の使用頻度が多い場合に、起こる頭痛を「薬物乱用頭痛」を呼ばれています。

今回はそんな「薬物乱用型頭痛」の予防と治療法とについて解説します。



スポンサードリンク


薬物乱用型頭痛は頭痛薬の飲みすぎから始まる!

薬物乱用型頭痛になる人の多くは、偏頭痛に市販のバッファリンなどの頭痛薬を飲んで対応している人です。

女性に多い慢性頭痛の偏頭痛は強い痛みがあるので、発作がおきると仕事どころではなくなります。

大切な打ち合わせがある朝などに、気合を入れるついでに予防のつもりでバファリンなどを飲んでいると、薬物乱用型頭痛になる可能性があります。

偏頭痛などの慢性頭痛に加えて生理痛が強い女性は、鎮痛剤を飲む回数が増えがちなので、とくにハイリスクです。

頭痛薬の飲み過ぎで、痛みが出る回数が増えて、薬の効き目がわるくなるのが薬物乱用型頭痛です。

偏頭痛は痛みが出てからなるべく早く薬を飲む必要があります。とくに市販薬の場合は早めに飲まないと効き目が良くありません。

しかし、この用心が「痛みに敏感になる」→「薬を飲む回数が増える」→「薬が効きにくくなる」→「さらに痛みに敏感になり頭痛の回数が増える」という悪循環を生みます。

この悪循環が薬物乱用型頭痛なる大きな理由になっています。

薬物乱用頭痛が疑われる目安

薬物乱用頭痛だと疑われる目安は次のような場合です。

薬物乱用頭痛だと疑われる状態
  • 月に15日以上頭痛がある。
  • 3カ月間以上、月に10日以上頭痛薬を飲んでいる。
  • 以前は効いていた頭痛薬が効かなくなる。
  • 痛む場所や程度が日によって違うことがある。
  • 朝から頭痛がする。



毎朝薬を飲まないと不安だ」というほどになると重症の薬物乱用型頭痛で、場合によっては入院して治療する必要があります

痛風もちの男性がロキソニンを手放せないというのは、乱用の心配はありません。痛風の発作はせいぜい年に数回だからです。

しかし、女性の偏頭痛は月に何回かは発作が起き、生理痛はもちろん毎月あります。いつもハンドバックにバファリンやロキソニンを入れておかないと不安だという人は注意する必要があります。

市販薬が必ずしも薬物乱用型頭痛の原因だという訳ではありません。

しかし、市販薬は手に入りやすく、トリプタンなどの専門の偏頭痛薬に比べると効き目が弱いので、乱用しやすいということは心得ておきましょう

201488511433

薬物乱用型頭痛の治療法

治療法のポイントは次の2つです。

飲んでいる鎮痛剤の服用を2ヵ月間中止する! 

頭痛外来などを受診して医師の管理の下で治療する!



薬を止めるととうぜん強い痛みにおそわれるので、自力でそれを乗り越えるのはたいへんです。病院にかかってもある程度「断薬」の苦しみはありますが、予防薬などでそれを軽減することができます。

「鎮痛剤を予防的に飲むのは良くない」という先ほどの話と矛盾するようですが、医師は現在服用しているものとは別の、今の症状を悪化させる心配のない薬を処方してくれます。
もちろん、自分でバファリンをロキソニンに変えれば良いという話ではないので、念のため。

乱用の原因となった薬を中止すると、1~2週間後からはじょじょにひんぱんな頭痛がおさまってきます。偏頭痛が治るわけではありませんが、乱用型頭痛からふつうの頭痛持ちに戻ることができます。

薬物乱用型頭痛を治療する診療科は、頭痛外来、神経内科などです。内科でも対応しますが、なるべく専門の医師にかかるのが良いでしょう。

薬物乱用型頭痛の予防法

月に10回以上頭痛薬を飲まないなど飲む回数を減らす

市販の頭痛薬の飲む回数を出来るだけ減らすように心がけましょう。

市販の頭痛薬を止めて病院で処方する薬を飲む

病院で処方するスマトリプタンなどの偏頭痛の治療薬は、市販の薬より効き目が確実で、痛みで出てからある程度時間がたっても効果があります。その分痛みに対する恐怖心が小さくなるので、乱用の心配が少なくなります。

スマトリプタンは神経伝達物質のセロトニンに作用して血管を収縮させる作用があり、拡張した血管が周囲の神経を刺激して痛みを発生させる偏頭痛の症状をやわらげます。頭痛にともなう吐き気をおさえる効果もあります。

頭痛ダイアリーをつけて、服薬した日時を記録する

ダイエット法に食べたものを記録するだけでやせる「レコーディング・ダイエット」があるように、頭痛薬を飲んだ日を記録しておくだけでも乱用を防ぐ効果があります。

痛みが出た状況なども記録しておくと、日常生活での注意事項などが分ってくることも期待できます。

偏頭痛の前兆があるときは早めに薬を飲む

偏頭痛は目の前にチカチカする光が現れるなどの明らかな前兆がある場合があります。この前兆の段階で薬を飲むとよく効くので、服用量を減らす、痛みに過敏になるのを予防する、などの効果があります。

頭痛の痛みの回数や強さを軽減する日常生活の工夫

偏頭痛は月経のある年代の女性に多い慢性頭痛です。原因はよく分っていなく、遺伝的な要素が多い病気です。根本的な治療法はありませんがうまく付き合っていくしかありません。

日常生活で頭痛の発作を防ぐ工夫には次のようなものがあります。

ビタミンB2を摂取する

日本頭痛学会は「ある程度の片頭痛予防効果が期待できる」ものとして、マグネシウム,ビタミン B2 ,フィーバーフュー(ハーブの1種)を推奨しています。

ビタミンB2は、細胞内のミトコンドリアを活性化することで偏頭痛の発作を減らす効果が確認されています。頭痛外来で補助薬としてサプリメントが処方されることもあります。マグネシウムは神経の興奮をおさえることで発作を予防する効果があるとされています。

マグネシウムはナッツ類や大豆、ごま、緑黄色野菜に豊富に含まれています。フィーバーフュー(夏白菊)は昔からある片頭痛予防の民間薬で、医学的にも効果が認められています。

逆に偏頭痛を起こす可能性がある食物もあります。その代表格はチョコレートですが、これはチョコレートに含まれるポリフェノールに血管拡張作用があるからだと考えられています。

しかし、ポリフェノールは抗酸化作用がある健康食品としても有名です。偏頭痛の誘因になる食品は個人差が大きいので、「頭痛ダイアリー」をつけるのはどんなものを食べたときに頭痛がおきたかを知るうえで役に立ちます。

参考:ビタミンB2を多く含む食品

ストレスをためない

ストレスがたまると自律神経の交感神経が優勢になります。交感神経が優勢になると血管が収縮するので一見偏頭痛を起こしにくいようですが、強いストレスから一時的に解放されたときに頭痛の発作が起きることがあります。

週末に偏頭痛の発作が起きることが多いのはこのためです。偏頭痛の頻度を減らすためには、ふだんからストレスをため込まない工夫が必要です。

充分に睡眠をとる

睡眠を充分とって不規則な生活にならないようにすることも、自律神経を安定させて頭痛の頻度を減らす効果があります。深夜にラインやフェイスブックなどのSNSで何時間も費やすのもよくありません。

まとめ

5年も10年もひんぱんな頭痛に悩まされて、飲み過ぎを心配しながらも市販の鎮痛剤に頼っている人は少なくありません。

そういう人は薬を飲むこと自体が痛みの回数を増やしている可能性が大きいので、できるだけ早く専門医を受診することをおすすめします。



スポンサードリンク