年下、または年上と付き合う事のメリットとデメリットについて紹介します。

「恋や結婚に年齢は関係ない」とは言え、年下と付き合う場合、年上と付き合う場合について気になるという方は多いです。

特に、年下または年上の男性との交際を検討していて、メリットやデメリットを知っておきたいと言う方もいると思います。

そこで今回は、実際の体験談などから年下男性・年上男性とお付き合いするメリットやデメリットについて調査してみました、

年下、年上とのお付き合いを検討している方は、是非、チェックしてみてくださいね。



スポンサードリンク


年上と付き合うメリットとデメリット

年上と付き合うメリットとデメリットを紹介します。

「年上」といっても2歳年上と10歳年上ではかなり間隔が変わってきます。

3歳以上年齢が離れると「年上」として意識するという方が多いようです。

全体の年齢が上がると年齢差はどんどん気にならなくなるという傾向にあるということも解りました。

例えば25歳と30歳だと結構離れているように感じるという人が多いのですが、35歳と40歳だと年齢差は感じなくなる傾向にあるようです。

実際に年上と付き合っている、結婚している人の意見をもとにメリットとデメリットをまとめてみました。

年上と付き合うメリット

年上と付き合うメリットは次のコトがあります。

年上と付き合うメリット
  • お金に余裕がある
  • 包容力がある
  • 甘やかせてくれる
  • リードしてくれて安心感がある
  • 知識が豊富で頼れる



全体的に「甘えられる」「守ってくれる」といった意見が多くみられました。年齢の差が開くほど、甘やかせてくれる男性は多いようです。

また、金銭面でも年齢が高いと年収も高くなっているケースが多く、生活面でも頼れるという意見がありました。

年上と付き合うデメリット

年上と付き合うメリットは次のコトがあります。

年上と付き合うデメリット
  • 話が合わない
  • 子供扱いしてくる
  • 加齢臭がする
  • 偉そう
  • 従わせようとする



40歳くらいの男性になると、「加齢臭がする」「体力がない」といった身体的なデメリットを挙げる人もいました。

始めは「たのもしい」「引っ張ってくれる」などと感じていたものが、「偉そう」「従わせようとする」などと感じてしまう場合もあるようです。
また、食べ物が合わないという感想もありました。

こんな人には年上が合う!

年上と付き合う「メリット」や「デメリット」を踏まえたうえで、年上と相性がいい人の特徴をまとめてみました。

年上と付き合うのに向いてる人は、主に次のような人です。

年上と付き合うのが合う人
  • 自分で決めるより引っ張ってもらうのが好きな人
  • 相手を立てたり褒めるのが苦でない人
  • 甘えたいタイプ
  • 聞き上手、話し上手な人



年上の男性は、自分のペースで決めて引っ張っていきたがるので、それに従える人が向いています。

自分の意見を通したい人には向いていないかも知れません。

また、年上の男性はプライドが高いので、相手に悪い思いをさせないように話を上手に聞けて、上手く相手を乗せる話し上手なコトもポイントです。

もちろん、収入や経験から「ゆとり」や「落ち着いた」お付き合いや結婚を希望している人にもおすすめです。

年上と付き合うメリットとデメリット

年下と付き合うメリットとデメリットを紹介します。

年上男性の場合は1歳2歳くらいだとあまり年下だと感じないという意見が多かったのですが、年下の場合は2歳くらい離れているだけでもかなり「年下」だと意識するという方が多い傾向にありました。

実際に年下と付き合いしている・結婚している方の意見をもとにメリットとデメリットをまとめています。

年下と付き合うメリット

年下と付き合うメリットは次のコトがあります。

年下と付き合うのメリット
  • 自分ペースでリードできる
  • 周囲に羨ましがられる
  • 頼りにされる
  • 自分も若くいられる
  • 子供のように可愛いい



物事を自分のリードで思い通りに進めることができます。

また、「面倒を見てあげたい!」「甘えて欲しい!」という女性が多いようです。

さらに、頼りにされることで、充実感を得ることもできます。

年齢差があまりない場合は「そこまで年の差を感じない」「年下っぽくはない」という意見もありますが、5歳以上離れると「可愛い」という意見が増えているように感じました。

年下と付き合うデメリット

年下と付き合うメリットは次のコトがあります。

年下と付き合うのデメリット
  • 頼りがいがない
  • 子供っぽく感じる
  • 甘えられなくて辛い
  • 自分の老化が気になってしまう
  • 年収が少ない
  • 浮気が心配



最初は面倒を見るのが楽しかったのに、「期間が長くなるとしんどくなる」という方もいました。

女性の方が精神年齢が高い為、年下の場合はかなり子供だと感じてくる場合もあり、いざという場合に頼れない事もあるようです。

また、自分の年齢が高くなると「やっぱり若い子の方がイイのかな?」「自分も釣り合うように若くしていないと…」とプレッシャーを感じてしまうという方もいるようです。

こんな人には年下が合う!

年下と付き合う「メリット」や「デメリット」を踏まえたうえで、年下と相性がいい人の特徴をまとめてみました。

年下と付き合うのが合う人
  • 自分のペースでリードしたい人
  • 将来もバリバリ仕事をしたいと考えている人
  • 人に気を使うのが苦手な人
  • リーダー気質で頼られるのが好きな人
  • 若々しくアクティブに生活したい人

自分のペースで相手を引っ張り自分のペースで生活したい人は年下と付き合うのがおすすめです。

自分の仕事をバリバリとしたいと考えてる場合は年下か同じような歳が良いことが多いようです。

年上の男性だと、女性の仕事に関して理解が乏しく「仕事を止めて家庭に入って欲しい」と考える人もまだ多く、年下男性の方が柔軟な考えの様でです。

また、年下の方があまり気を使わなくていいので楽だという意見もあります。一緒にいて楽な人がイイという方には年下が合うかもしれませんね。

さらに、女性の母性本能から年下の面倒見たい、頼られたいと感じている方も年下と付き合うのが良いと思われます。

年上は結婚相手として女性からの支持が高い!

結婚を意識すると年上の方が支持されているというデータもあります。

年上と年下、それぞれどちらと付き合わのがイイのかは個人の好みによって変わりますが、いざ、結婚となると安定感のある年上が好まれるようです。

以前国が行った調査によると、未婚の女性が希望する男性との年の差は1位が1歳~2歳年上。2位が同い年、3位が3歳~4歳年上という結果でした。

4位以降も年上を指示する意見が多く、年下を希望する女性は全体の約4%でした。

昔に比べると同年代に近い男性との結婚を希望する人が増えているものの、結婚ということを考えるとやはり少しは年上の方がイイという方が多くみられるという結果になっています。

結婚すると金銭面の問題も出てきますが年上だと役職的にも落ち着いていて家庭を優先してもらえる可能性が高い、飲みに行く回数も少ない、といった生活面でのメリットを挙げている方もいました。

まとめ

年下、または年上と付き合う事のメリットとデメリットについて紹介しましたが、いかがでしょうか?

紹介したメリットやデメリットは、実際には人それぞれで全ては当てはまりませんが、一般的な傾向として参考にしてください。

年下、年上とのお付き合いを検討している方は、是非、チェックしてみてくださいね。

ただ、年下、年上の好みだけど、実際には自分には合っていないなんて事もあるで確認してみてください。


スポンサードリンク