片思いなら好きな人がどう思っているのか、「脈ありなのか?」とても気になりますよね。

「脈があるのか?」、「脈がないのか?」、その判断の為には、「脈ありサイン」はひとつの指標となってくれます。

今回は、どのような行動が「脈ありサイト」なのかを、まとめてみました!

相手の気持ちが良く判らないで悩んでいるなら、是非、「脈ありサイン」をチェックしてみましょう!



スポンサードリンク


男性は女性よりも行動が単純で「脈ありサイン」が分かりやすい

男性の行動は単純なので「脈ありサイン」もシンプルで分かりやすい傾向にあります。

「ツンデレ」や、「押してダメなら引いてみる作戦」、これってすべて女性が行うものですよね。

男性は、恋愛を成就するために、このようなテクニックは意外と使いません。

男性は素直な気持ちが行動に反映されるので、実は脈ありかどうかは、案外分かりやすいのです。

しかし、分かりやすいサインなのに、受け取る女性側の方が深読みしすぎる傾向にあります。

「これってどうなの!?」
「私だったらこうするけど」

好きな人に対する過度な期待が、脈ありサインを難しくしているのです。

もっとシンプルに、彼の態度を見つめてみませんか?

「脈ありサイン」の行動パターン


脈ありだと思われるサインを早速みていきましょう!

ふと目が合う

よく目が合うのは「脈ありサイト」のひとつです。

好きな人をつい目で追ってしまうのは、男も女も同じ。

ふとした瞬間に目が合う回数が多いのは、とてもシンプルな脈ありサインのひとつと言えるでしょう。

  • 飲み会で遠くの席なのに目が合う
  • 仕事中、ふと顔を上げたらこちらを見ていた

このような場合は、脈ありサインかも!?

但し、自分も見ているので、目が合う回数が増えるのはあたり前ですよね。その辺は客観的に判断する必要があります。

「あの子、俺のことめっちゃ見てくるな……」

と不審がられないように自然に振る舞っている状況で、判断しましょう。

話しているとき体温が上がっていそう

好きな人と話すとき、ちょっと緊張して体温が上がる感覚ありますよね。それは男性でも同じです。

ただし、反応は人それぞれで、「テンション上がって楽しそうに話す人」と、「逆にぶっきらぼう」になったり、「照れて口数が少なく」なる場合などがあります。

一概に、話す態度で見極められないのが難しいところです。

自分と話しているときに、相手が次のような状態だと熱量があると判断できそうです。

  • 自分との会話がすごく楽しそう
  • ぶっきらぼうだけど、一生懸命会話しようとしている
  • 口数は少ないけれど、明らかに照れているのが見て取れる
  • 話すときに前のめりになっている

このような態度は脈ありサインかもしれません。

逆に、楽しそうな会話でもどこか上の空だったり、その場をやり過ごす為の中身のない相槌には、どこか空虚な冷たさを感じるはずです。

冷静に彼の会話の温度を見極めてみましょう。

返信が必ずある!ただしレスの早い遅いは人それぞれ

ラインやメールの返信が、必ずあるかどうかも重要なサインのひとつです。

好きな女性からのメールをスルーする男性などいませんよね。

ただし、レスの早さはひとそれぞれ。早いから自分を好きとか、遅いから嫌われているというわけではありません。

ラインの「既読」に関しても、一喜一憂するのは早とちりかもしれません。

仕事が忙しくて、とりあえず既読だけしてゆっくり時間のあるときに返信する男性もいれば、とにかく「既読」したら誰にでも速レスを心がけている男性もいるからです。

大切なのは、必ず返信があるかどうか。

ただし、数日既読スルーされることが続いたり、返信が欲しい内容に対して意味不明のスタンプのみが返ってくるようであれば、距離を置きたいサインかもしれません。

その返信に愛があるかどうかをしっかり見極めてくださいね。

帰宅後、心配や気遣いのメールをくれる

飲み会やデートのあと、「帰り大丈夫だった?」「無事、家についた?」などと連絡をくれる場合も立派な脈ありサインと言えるでしょう。

大抵の場合、大人ですから家には無事帰れるものですよね。

そこをあえて心配するようなメールをくれる。

気のない女性に、そこまでの気遣いはしませんよね。

心配をしながらも、連絡を取りたがっている心理といえ、大きな「脈ありサイト」かもしれません。

次の約束をしてくる

デートの後や電話やメールの会話で次の約束をしてくれるのも重要な脈ありサインです。

「もう一度会いたい」と思っていなければ、次の約束はしません。

ただ、次の約束があまりにも先だったり、「また連絡するね」と社交辞令を言っただけの場合もあります。

思いの強い好きな人には明日にでも会いたいものです。

すぐにどうしても、すぐに会いたいと、思わせる場合には、「脈ありサイン」の可能性が高まります。

話した内容を覚えてくれている

気になる相手には興味があるので話した内容は覚えているものです。

人の脳は、自分に必要ないと判断されたことは、どんどん忘れるように出来ているそうです。

そのため、好きではない女性の情報は、おそらくあまり覚えていないもの。

逆に、好きな女性の情報は、ちょっとした会話からでもしっかり覚えているものです。

「あのアーティストが好きっていってたよね」
「来月、誕生日だよね」

と言ったように、自分でも話したことを忘れるような何気ない会話を、覚えていているようなら脈ありかもしれません。

「えー!そんなこと覚えてくれてたの!?」が連発するようであれば、脈ありの可能性があるでしょう。

これに加えて、自分に対して質問が多いのも脈ありサインのひとつと言えます。

好きな女性のことを知りたいと思うのは必然です。自分に対して興味があるかないかを、ジャッジできるポイントです。

誰にも褒められたことのないポイントを褒めてくる

誰にも褒められたことのないポイントを褒めてくれるのも、脈ありサインのひとつと言えます。

例えば、背が高い人に「背、高いねぇ」、かわいいひとに「かわいいね」と言うのはただの感想。

それよりも、「実は、あの仕事がんばってるよね」「意外なギャップがいいね」といったような、しっかり観察していないと気が付かないような長所を褒められたのならば、自分をしっかり見ていてくれる証拠です。

あまりにも的外れな場合は論外ですが、自分でもまんざらでもないポイントを褒められたら、脈ありサインの可能性があります。

大した用事がないのに電話がかかってくる

大した用事がないのに、わざわざ電話がかかってくるのも脈ありサインのひとつです。

特に、お酒に酔うと、ついつい気が大きくなってしまったり、人恋しくなることがあります。

そんなとき、「好きな人の声を聴きたい」と電話をかけてしまう場合があります。

その内容が、事務的な連絡ではなく、明らかに「ただ話したいだけ」だったら、あなたと話したかっただけかもしれません。

脈ありサインと受け取ってみてもよいでしょう♪

まとめ

男性の脈ありサインについて解説してきましたが、いかがでしたか?

恋をしているときは、相手を冷静に見られないこともありますが、やはり脈ありサインを見つけるには冷静になるのが一番です。

「あ、あの人はあの子が好きなんだ」って、周囲の人なら意外とわかるものですよね。

好きな男性に対しても、時に冷静になって、大切なサインを見逃さないようにしましょう!

その恋を、そろそろ一歩進める背中を押してくれるのは、あなたが見つけた「脈ありサイン」かもしれません。


スポンサードリンク