セレモニースーツのおすすめとその選び方を紹介します。

「セレモニースーツ」は冠婚葬祭、特に春になると活躍する機会が増えます。

入園式・卒園式・入学式・卒業式などで着用するため、お子さんのいる方は特に新調しようと考えている方も多いでしょう。

セレモニースーツと言っても色々な形のものがあり、どれを選ぶべきなのか迷ってしまいがちです。

そこで今回はセレモニースーツの種類と、特徴、おすすめの人などを解説していきます。

どのタイプのセレモニースーツを選ぶべきか迷っている方は参考にしてみてくださいね。



スポンサードリンク


セレモニースーツの種類

セレモニースーツは大きく分けると以下の3つに分類されます。

セレモニースーツの種類
  • 【セパレートタイプ】スーツタイプとも呼ばれる上下が別々のもの
  • 【ワンピースタイプ】ワンピース形になっているもの
  • 【パンツタイプ】スカートではなくパンツスーツやオールインワンのパンツタイプ


長さやデザイン別に分けるとさらに細かく分類できますが、今回はこちらの3種類に分けて特徴などを紹介していきます。

セパレートタイプ

セパレートタイプはスーツタイプとも呼ばれる形のもので、上下の組み合わせが自由に行えるというメリットがあります。

基本的にはジャケットとスカートがセットになっていて、プラスしてコサージュなどの小物がついていたり、ブラウスがセットになっているものもあります。

セパレートタイプはこんな人におすすめ!

セパレートタイプは上下の組み合わせを自由に行えるので、色々なコーデを楽しむことができます。そのため以下のような方におすすめです。

セパレートタイプがおすすめ人
  • 手持ちの服と合わせてコーデを楽しみたい
  • 複数のセレモニーに参加するが、その都度違うコーデで参加したい
  • 定番のセレモニースーツを選びたい



最も定番のスタイルなのでどれにしようか決められないという方には特にオススメ。

例えばお子さんが複数いて、入園式と卒園式が両方ある!といった場合でもセパレートタイプのスーツを持っていれば安心。

ジャケットだけ変えて参加したり、スカートをパンツに変えて参加する…といったように組み合わせをちょっと変えるだけで違った着こなしが楽しめます。

雰囲気に合わせてスカートのデザインを選ぼう

セパレートタイプのスーツの場合は、スカートのデザインによって違った雰囲気になります。

スカートのデザインにはいろいろなものがありますが、セレモニーなのでひざ丈が人気です。

可愛らしい雰囲気が好きな方や、身体のラインがあまり目立たないものがイイという方はフレアスカートなどふんわりとしたシルエットがオススメ。

落ち着いた印象にしたい方はタイトスカートなどぴったりとしたシルエットのスカートが適しています。

ワンピースタイプ

ワンピースタイプは可愛らしく女性らしい雰囲気のものが多いです。

ワンピースとジャケットがセットになったものが一般的ですが、すでにジャケットを持っているという方がワンピースだけを買い足す事もできます。

ワンピースとスカートとジャケットの3点セットを購入して組み合わせて使うという方も多いです。

ワンピースタイプはこんな方におすすめ!

ワンピースタイプは以下のような方に特におすすめです。

ワンピースタイプがおすすめ人
  • 女性らしい雰囲気を演出したい
  • 1枚でさらりと着こなしたい
  • セレモニー以外にもいろいろな場面で使いたい

ジャケットを羽織らずにも着用できるワンピースは入園入学などのセレモニーシーンだけではなく、ちょっとだけかしこまった「セミフォーマル」な装いとしても活躍します。

スーツを着るまでではなくても、正装に近い服装が好まれる「親戚の集まり」「お祝いごと」「保護者会」「仕事での会議」といったシーンでも活躍します。

せっかく購入するなら色々な場面で使える物を選びたい!と考えている方にとても適しています。

パンツタイプ

近年人気が高まっているのでパンツタイプです。

スタイリッシュでかっこいい女性に適しています。

ジャケットとパンツのセットになっているものか、オールインワンとジャケットがセットになっているものが主流です。

オールインワンもオシャレなデザインで人気がありますが、着脱やお手洗いの際に面倒なので小さいお子さんがいる方は着脱しやすいパンツタイプがオススメです。

ジャケットとスカートとパンツの3点がセットになったものもあり、シーンに合わせて色々な着こなしが出来るものもあります。

パンツタイプはこんな人におすすめ!

パンツタイプは以下のような方におすすめです。

パンツタイプがおすすめ人
  • スカートが苦手
  • 普段着ではほとんどスカートを履かない
  • スタイリッシュな雰囲気が好き
  • 動きやすい服装がイイ



スカートと比べてかなり動きやすいので、小さいお子さんがいる方には特にオススメです。

1歳や2歳くらいのお子さんと一緒に参加する入園式などでは動きやすい方が使い勝手がいいのでパンツタイプを選ぶ方も多いです。

「カッコいい女性」といった印象になるので、フェミニンな雰囲気よりもスタイリッシュな雰囲気が好きな方には特に適したデザインです。

流行に合わせたパンツを選ぶのもおすすめ

>パンツスーツはストレートタイプが一般的ですが、近年ではワイドパンツの流行もあり、ガウチョタイプやワイドタイプのパンツスーツも増えています。

定番の形はイヤ、他の人と被りたくない!というかたは流行に合わせたデザインのものを選ぶといいでしょう。

セレモニースーツの色や柄選びのポイント

セレモニースーツの色別の印象や特徴などについてご紹介します。

セレモニースーツのタイプが決まったら、今度は色や柄で悩むという方も多いでしょう。

ブラックは無難で使いやすい

ブラックカラーは一番定番のカラー。一つは用意しておきたいカラーです。

とりあえず一着色々なシーンに使えるスーツを持っておきたい、という方はブラックカラーを選ぶといいでしょう。

形によってはお悔みなどのシーンにも使えるようにデザインされているものもあり、セレモニーから冠婚葬祭まで幅広く使えるスーツとして活躍します。

ブラックを選ぶ場合は、セレモニーだと少し暗くなるので小物で明るい色を取り入れることをオススメします。

華やかな印象にしたいならホワイトやベージュがオススメ

セレモニースーツでブラックの次に多いのがホワイトやベージュなどの明るく華やかな印象のカラーです。

女性らしいフェミニンな印象にもなるのでオススメ。

春先の雰囲気にも会うので、入園式や入学式にオススメのカラーです。

スカートは黒でジャケットはホワイトやベージュを選ぶという方も多いです。

顔周りが明るい色ならあまり暗い印象にもならないのでオススメです。

高級感を出したいならツイードがオススメ

ツイード素材は高級感を出したり、上品な印象を与えることができます。

ジャケットだけをツイードにするのもいいですし、ツイードのセットアップも人気があります。

幅広い年代の女性に選ばれているので若い方から40代・50代の方にもオススメです。

まとめ

セレモニースーツの選び方やおすすめの人などを紹介しましたが、いかがでしょうか?

セレモニースーツ選びで最も大切なのが、スチュエーションに合わせて選ぶことです。

葬祭などには、落ち着いたブラックの落ち着いたセレモニースーツが必須です。

お祝い事には、少し華やかなカラーやデザインでもOKです。

その場に合うカラーやデザインを選びながら、自分なりのセレモニースーツを選びましょう。



スポンサードリンク