布ナプキンにはどのような効果(メリット・デメリット)が有るのでしょうか?

布ナプキンは使い捨てのナプキンとは違い、洗って繰り返し使える生理用ナプキンです。

地球にも体にも優しいアイテムとして、徐々に人気を高めています。

一方で、布ナプキンがもたらす「危険性」も噂されているのをご存じでしょうか?

今回は、布ナプキンのメリット・デメリット、使い捨てのナプキンとの違いや、危険性について徹底解説していきたいと思います。

布ナプキンをご検討中の方、危険性が心配な方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。



スポンサードリンク


布ナプキンとは

布ナプキンとは綿などの布で作られた生理用のナプキンです。

使い捨てのナプキンとは違い、洗って繰り返し使用するという特徴があります。

ひし形や長方形など、さまざまな形の布ナプキンが販売されている一方で、自分で製作する人も増えています。

薄く小さいサイズのおりもの用もありますが、本記事では生理用の布ナプキンについて解説していきます。

布ナプキンのメリット

布ナプキンの効果とも言えるメリットをご紹介します。

付け心地があたたかい

布ナプキンで挙げられる最大のメリットは、その「あたたかさ」。

ビニール製の使い捨てのナプキンに比べて、布ナプキンはデリケートゾーンに下着を重ね着していることと同じ状態で、保温性に優れています。

布ナプキン利用者には、このあたたかさに魅了されている方が多くいます。

女性にとって体の冷えは大敵!。

布ナプキンに換えて冷えが改善され、生理痛が和らいだり、生理周期が整うなどのメリットも期待できます。

また体の冷えは不妊の原因のひとつとも言われています。

妊娠しやすい体作りの一環として布ナプキンを取り入れている女性も、少なくありません。

ムレない

布ナプキンは、通気性がよく、ムレずらいというメリットがあります。

使い捨てのナプキンに使用されているビニール素材は、経血の漏れを防止しますが、一方でムレの原因となると言われています。

ムレによるかゆみやかぶれを感じている人には、布ナプキンは肌ストレスの軽減に繋がるでしょう。

臭いが気にならない

布ナプキンは、使い捨てのナプキンに比べて匂いが気にならないというメリットもあります。

経血が臭いを放っているというイメージがありますが、実は排出されたばかりの経血は無臭!排出後、時間が経つにつれ菌が繁殖して臭いに原因となります。

使い捨てのナプキンは、吸収性のよいために、替えるタイミングが遅くなってしまうと、雑菌が繁殖して臭いを放ちやすくなります。

一方、布ナプキンは、使い捨てのナプキンほど吸収性に優れていないため、まめに替えるようになります。その結果、不快な臭いが軽減されるという特長があります。

ただ、布ナプキンはこまめに変えないと臭いが気になるので注意が必要です。

経皮毒吸収の心配がない

皮膚を通して、体の中に有害な化学物質が入ってくる「経皮毒」の心配がないのも、布ナプキンの人気の理由のひとつ。

経皮毒は、アレルギーや不妊などあらゆる不調の原因となると言われていきました。

使い捨てのナプキン使われている化学物質も例外ではなく、性器は腕に比べて約40倍も経皮吸収率が高いため、危険であるという考えが広まったのです。

そこで、化学物質を使用していない布ナプキンが、注目を集めてきました。

現在、経皮毒については賛否両論ありますが、不安を抱えたまま使い捨てナプキンを使うのはストレスの原因にもなります。

経皮毒が気になるという方には、安心できるアイテムといるでしょう。

経済的

使い捨てのナプキンに比べて、繰り返し使える布ナプキンは経済的。

市販されている布ナプキンは、1枚あたりの平均が1,500〜3,000円。

1サイクルの生理で10枚程度は必要になるので、初期投資はかかってしまいますが、長い目でみると使い捨てのナプキンに比べてお得になります。

手作りした場合は、さらにコストを抑えることができます。

毎月の生理にお金をかけたくない、という方にもおすすめです。

環境にエコである

使い捨てのナプキンとは違い、繰り返し使える布ナプキンは、ゴミを増やさないエコアイテム!

個人差もありますが1人の女性が一生で使う使い捨てナプキンの数は、約1万個にも及ぶと言われています。

体はもちろん、地球にも優しいというメリットは、布ナプキンの魅力のひとつです。

デザインが可愛い

布ナプキンの中には、ピンクや水色などカラフルなものや、ハートや花柄などの可愛らしいデザインのものもたくさん販売されています。

お気に入りのデザインの布ナプキンは、生理中のブルーな心に明るさをもたらしてくれるでしょう。

布ナプキンのデメリット

布ナプキンにはメリットもありますがデメリットもあります。

布ナプキンの洗濯手順例
  1. 経血のついた布ナプキンを、40℃以下のぬるま湯で軽く揉み洗いする
  2. 洗剤を溶かした水に、3時間~半日程、浸け置きする
  3. すすぎをして、汚れが残っている場合は洗濯機で洗う
  4. 干して乾かす



特に仕事や子育てで忙しい女性にとっては、大きなデメリットとなるでしょう。

干すのが恥ずかしい

干してあるナプキンを見られるのが恥ずかしい、というデメリットもあります。

「衛生上、しっかり天日干ししたいけれど、目が気になって室内干しになってしまう。」
「干してあるナプキンを家族に見られるのが恥ずかしい。」

このような意見が挙げられているのも現状です。

布ナプキンは、何枚もの布が重なってできているので、乾燥に時間がかかるという点も、問題をより悪化させていることでしょう。

吸収性が劣る

布ナプキンは使い捨てナプキンに比べて吸収性に劣るのがデメリットです。

使い捨てナプキンは、高分子ポリマーにより吸水性が高いのが特長です。

一方、使い捨てナプキンに比べて、布ナプキンは吸水性がやや劣ります。

特に、経血が多い日は、布ナプキンをこまめに替える必要があります。

布ナプキンの危険性とは

体に優しいといわれてきた布ナプキンですが、近頃では次のような危険性があると囁かれています。

どのような危険が潜んでいるのか、チェックしてみましょう。

雑菌が繁殖する危険

まず懸念されているのは「布ナプキンは雑菌が繁殖する」という危険性です。

繰り返し使用することで、雑菌が繁殖して身体に悪影響を及ぼすのではないか、といわれています。

事実、洗濯後に完全に乾かさないと、湿気と温度で雑菌は繁殖しやすくなってしまいます。

洗濯後は、完全に乾くまでしっかり干すことが大切です。

干すのが恥ずかしい場合は、乾燥器を使うなどして、生乾きのまま放置しないようにすることが重要です。

また、2〜3年使用して布が傷んできたら新しいものに買い替えるなど、常に衛生的な状態で使えるよう心がけましょう。

経血による感染症などの危険

経血による感染症などの危険も問題になっています。

B型肝炎、C型肝炎、AIDSなどのウィルスは、血液や体液を媒介し感染するので、経血の取り扱いにも注意が必要です。

浸け置き洗いをしている水に、家族が触れてしまい、感染が広がってしまうのではないかと懸念さえています。

このような問題が起きないように、次のような点に注意しましょう。

布ナプキン洗濯の注意ポイント
  • ナプキンや浸け置き用のバケツは、自分以外の人には触らせない
  • ナプキンを洗ったあとは、しっかりと手を洗う
  • ナプキンを洗った水回りも清潔に保つ

まとめ

布ナプキンの効果(メリット・デメリット)と危険性について解説しましたが、いかがでしょうか?

布ナプキンには、メリットもデメリットあり、注意しなければいけない危険な面々もあります。

なにより、洗濯など衛生面に注意が必要なので、時間のない方やめんどくさがりの人には向きません。

しっかりと、衛生を保てる自信のある方は、エコな布ナプキンにチャンレンジしても良いかと思います。


スポンサードリンク