料理が下手な人にはある特徴があるようです。

料理が上手な人は家族な男性にとって素晴らしい女性と思われています。

その反面、料理が下手で不味い人は、それだけで女性の評価を下げている可能性があります。

しかし、同じように作る料理に、なぜ、そんなに違いが出るのでしょうか?

実は、料理が下手で不味い人にはある共通の特徴があると言われています。

そこで今回は、料理が下手な人の特徴について解説します。

あまり料理が上手くない、料理下手と感じている方は、料理が上手くなるきっかけが見つかりかもしれません。是非、チェックしてみてください。



スポンサードリンク


料理が下手な人の特徴

料理が下手な人の特徴について紹介します

味見をしない

料理が下手な人の特徴の一つになんと「味見をしない」人が多いことがあります。

レシピ通りに作っているから大丈夫!と言って味見をせずに作ったら、結果的に全然美味しくないものができてしまった。

そんな人が多いようです。

料理を作る過程の中で味見は絶対に外せない大切な工程です。

レシピ通りに作っていても火の加減や調味料の種類、量などは少しずつ違ってきます。例えば、塩についても量が同じでも、種類により味は変わってきます。

さらに、美味しいと感じる味は、季節な温度などさまざまな要因が変わってくるものなのです。

極端なことを言えば調理器具によっても味は少しずつ変化します。

だからこそレシピ通りに作ったからと言っていつも美味しくできるわけではないのです。

必ず味付けの途中で味見をして、辛くないか、甘すぎないか、濃すぎないか、薄すぎないかなどチェックをしていきましょう。

手順を無視してしまう

料理が下手な人の特徴の一つに「レシピの手順を無視する」人が多いことがあります。

例えば炒物のレシピに、野菜が先で肉が後、といったように炒める順番などを丁寧に書いていありますが、そのレシピ手順をを無視して肉も野菜も一緒に炒めてしまったりします。

レシピにかかれている順番には意味があります。

火が通りやすいものから先に炒めていったり、あまり火を通す必要のない食材は後から入れたり。慣れていないうちは手順に沿って丁寧に作っていくべきです。

手順を無視すると仕上がりが悪くなってしまうことも多いので、レシピを参考にして作る場合は必ず手順は守るようにしましょう。

目分量で作っている

料理が下手な人の特徴の一つに「目分量で作っている」人が多いことがあります。

料理上手な人は「目分量で」とよく言いますが、その目分量もコツが掴めていなければ多すぎ・少なすぎになってしまうという結果を招いてしまいかねません。

目分量で作るのは、誰もが美味しいと言える料理が作れるようになってから。レシピを参考にして作る場合はちゃんとそのレシピにかかれている量を守って料理を作っていきましょう。

例えば「○○g」と書かれているのに測りが無いという場合は、ネットで検索して大体何gくらいかを調べてみましょう。

例えばじゃがいも200gと書かれていても何個使ったらいいのか解らないという場合に「じゃがいも 何グラム」と調べると1個当たりのグラム数の目安が掲載されています。こういった情報を参考にすれば測りが無くても作れます。

もちろん、測りを購入すればより正確に作れます。キッチン用のデジタルスケールは1,000円前後で手に入るので、購入しておくことをオススメします。

目分量でそれも味見もしないで料理を作れば、美味しい分けがありませんよね。

料理が下手な方は、まずはしっかりと材料と調味料は指示通りの量を確実に守って料理を作りましょう。

料理に時間が掛り過ぎる

料理が下手な人の特徴の一つに「料理に時間が掛り過ぎる」人が多いことがあります。

手際が悪かったり、性格を求めすぎて丁寧にやり過ぎるとどうしても作るのに時間が掛かってしまいます。

時間が掛かり過ぎてしまう料理は、火が通り過ぎたり、風味も落ちてしまいます。

料理上手な人はやはり手際もいいですし、時短テクニックを沢山持っています。料理がある程度できるようになってきたら「時短」も意識しましょう。

例えばスライサーなどを利用して簡単かつ時短に下ごしらえをしたり、何かを煮込んでいる間やお湯を沸騰させている間に別の食材を切ったり、数品の料理を同時進行で作っていけるようにしましょう。

例えばちょっと空いた時間に食材を切って保存したり、切った食材を冷凍しておいたりと料理の時間以外にすきま時間を使って下ごしらえをしておくことも時短のコツです。

料理が下手な人は、材料の下準備をしっかり行うことで料理の時間かかり過ぎを防ぎましょう。

レシピを勝手にアレンジしてしまう

料理が下手な人の特徴の一つに「レシピを勝手にアレンジしてしまう」人が多いことがあります。

いわゆる「メシマズ」と呼ばれる料理が下手で不味いものを作ってしまう人の特徴として挙げられるのが、勝手にレシピにアレンジを加えてしまう傾向があります。

「こうしたほうが美味しいかも」「これを入れてみたらいいかも」と考えるのは理解できますが、実力が伴っていないのに変にアレンジをしてしまうのは危険です。

レシピ通りにも作れないのにアレンジなんて100年早いと言えます。

料理に慣れてくれば食材と食材の相性や調味料との組み合わせ方なども解ってくるでしょう。

まだまだ料理経験が浅いうちから自己流でアレンジをしてしまうのはNG。

手順や分量をレシピ通りにちゃんと守って作るのと同様に、最初のうちはアレンジせずにレシピ通りに作ることをオススメします。

料理が下手な人は、まずはアレンジをせずに指示通り作りましょう、アレンジはレシピ通りに美味しく作れた後からです。

火加減を間違えている

料理が下手な人の特徴の一つに「火加減を間違えている」人が多いことがあります。

多くの人の失敗の原因になっているのが、火加減を間違えているという点です。

火加減が間違えていると、油料理など、からっと揚らない、水っぽいなどの上手く料理がが仕上がらないことが多くなります。

レシピによってはちゃんと弱火・中火・強火と書かれているので、ちゃんとそれに従って火加減も調節しましょう。

特に書かれていない場合は中火で作るというケースが多いので、基本的には「指定が無いなら中火」と覚えておくといいでしょう。

料理が下手な人は、火加減に注意しましょう。特に、揚げ物など場合などは、温度計などを使い温度を確認するのが良いかと思います。

料理が下手な人にもおすすめの便利家電

料理が下手な人に使える料理が上手くなる!?おすすめの便利家電を紹介します。

ちょっと料理が下手でもきっと大きな力になってくれるはずです。

多機能オーブン

料理が下手な人も本格的な料理が作れます。

最近は指示されたとおりに準備をして、オーブンに入れるだけで美味しい料理が完成する多機能オーブンが色々販売されています。

レシピが冊子としてついているというケースはもちろん、オーブンそのものにレシピの情報が入っているというものもあります。

火加減などを自分で調節する必要もありませんし、かなり失敗が少なくなります。

それなのに本格的な料理が作れるので料理に苦手意識がある方には非常にオススメのアイテムです。

電気圧力鍋

料理が下手な人も本格的な料理が作れます。

普通の圧力鍋でも長時間かかる煮込み料理などが時短できますが、おすすめは電気圧力鍋と呼ばれる家電です。

圧力機能に加えて色々な調理機能がついていて、色々な料理を自動で作れるようになっています。

食材の下ごしらえをして、鍋に入れてスイッチを押せば料理ができてしまう。というアイテムなので、料理初心者の方にも人気があります。

まとめ

料理が下手な人の特徴について紹介しましたが、いかがでしょうか?

料理が上手くなりたい!美味しく作りたい!と思っているなら、まずは基本的なことを間違えていないか、レシピ通りに作れているかを改めてチェックしてみましょう。

自分勝手に料理を作らないのが、一番、大事です。もちろん、味見は必ず行いましょう。

料理は経験による部分もあるので、今は、多少、料理が下手でも、徐々に上手くなってきます。

なにより、食べる相手の事を思ってくるのが最大の美味しさにつながるコツかもしれませんね。



スポンサードリンク