不倫で後悔しない為にそのリスクと恐ろしい結末を紹介します。

恋は盲目・・・。

自分の恋だけは別だと思っているかもしれませんが、どんな不倫にも必ず恐ろしい結末が待っています。

それは、今、あなたと相手がどんなに愛し合っていてもです。

そこで今回は、不倫で後悔しない為に、実際にあった不倫のリスクや恐ろしい結末をいくつかご紹介していきます。

不倫で後悔したくない方は、是非、チェックしておいてください。



スポンサードリンク


自分の恋は「不倫」ではないと思う理由

不倫をしている人の多くが、この恋は「本物の恋」と思っているようです。

不倫をする多くの女性が、「不倫」と言う言葉を嫌悪します。そして、「自分の恋愛は不倫ではない」と言うのです。

なぜでしょうか?

それは、その恋愛が、“本物”だからです。あなたも本気で相手を愛しているし、相手もあなたを大切にしてくれている。

だから、世でいう「不倫」なんていう言葉で、自分たちの恋愛を汚されたくない、そう思っているようです。

しかし、一方で、未来のない恋愛に絶望感を覚え、1人淋しい夜を重ね、どこかやりきれない毎日を過ごしていませんか?

二人の恋愛が“本物”であるからこそ、招いてしまう恐ろしい結末があるんです。

だからこそ訪れる恐ろしい結末をどうぞご覧ください。

不倫のリスクと恐ろしい結末

不倫に後悔しないように不倫のリスクと恐ろしい結末を紹介します。

仕事を失う!

不倫が発覚すると「仕事を失う」リスクがあります。

不倫が原因で仕事を失った芸能人を多く見かけますが、それは人気商売の芸能界に限ったことではありません。

私たち一般人にも、仕事を失った人は沢山います。

  • 会社の上司との不倫関係が明るみになり、仲の良かった同僚たちからも陰口をたたかれるようになり、最終的に会社にいづらくなって辞めてしまった女性。
  • 相手の奥さんに会社を辞めるように言われて、退職した女性。
  • 取引先の会社にいる相手が、不倫関係が明るみになるのを恐れて、仕事の取引を減らされてしまった女性。
  • 相手から「関係は続けるから、会社を辞めてほしい」と言われ、退職後、結局会ってもらえなくなり、仕事も恋愛も失った女性。

残念ながら、一家の大黒柱である男性側よりも、家庭を持たない女性側が、仕事の被害を受けるパターンが多いようです。

仕事関係の相手との不倫をしている方は特に注意してください。

相手の仕事に悪影響が出る!

不倫が発覚すると「相手の仕事に悪影響が出る」リスクがあります。

不倫は自分の仕事に限らず、相手の仕事にも、少なからず悪影響を及ぼします。

企業の中には、管理職のトップの人材を選ぶ際、過去の女性関係をチェックする会社もあります。

不倫をしてこなかった、クリーンな人材を出世させるそうです。

また、相手が完全に恋に溺れてしまい、仕事の時間をあなたとの連絡やデートに当てようとして、仕事がおろそかになるパターンもあります。

奥さんが会社にFAXを送り、不倫が会社に明るみになり降格させられた男性や、教職員という立場から退職した男性もいます

相手がイキイキと仕事をする姿に惚れ込んだあなた。実は、そんなあなたの存在が彼の仕事を脅かしているかもしれません。

相手の奥さんから慰謝料を請求される!

不倫が発覚すると「相手の奥さんから慰謝料を請求される」リスクがあります。

不倫相手の奥さんは、法律的に、相手やあなたに慰謝料を請求することができます。

それは、あなたと相手が一緒になれなかったとしても、関係ありません。

明確な慰謝料の金額は決められていませんが、不倫行為によって受けた精神的苦痛に対して支払われ、50〜300万円が相場だと言われています。

その不倫がきっかけで別居に至ったか、離婚にいたったか、はたまた、何も変わらず夫婦が一緒に暮らし続けているかで金額も変動してきますが、相手にも、あなたにも別々に請求できるのは事実です。

ただでさえ、辛い日々を送っているのに、更に慰謝料まで請求されるなんて理不尽な気もしますが、法律は、決してあなたを守ってくれません。

300万、捨てる勇気はありますか?

友達が減る!

不倫していると「友達が減る」リスクがあります。

不倫と友達とは一見関係なさそうですが、知らず知らずのうちに友情にヒビを入れてしまうこともあります。

なかなか人に話せない秘密のでも、仲の良い女友達くらいには、話を聞いてほしいですよね。

そうやって、彼との恋や奥さんへの恨みをあけすけに話しているのを、実は友達はいい気分で聞いてくれていません。

初めの頃は親身になって聞いてくれても、長引く不倫話に聞いている方も疲れてくるのです。

大切な友達であるあなたをいつまでも苦しめる相手にいい感情を持てず、未来のない恋愛にエールを送ることもできずに、苦笑いで相づちを繰り返しているだけ。

そして、“人の男を寝取る女”というレッテルを密かに貼られ、いざとなったら自分のパートナーとも関係を持たれるのではないかと不安視されることだってあるんです。

大切な友達が、心から応援してくれる恋愛。あなたを幸せに導いてくれるのはそんな恋愛かもしれません。

奥さんに子供ができる!

不倫中に「奥さんに子供ができる」場合があります。

不倫中の最悪な結末の1つとして、「奥さんに子供ができて別れる」というパターンがあります。

「妻とはもう何年もしていない」

不倫をしている男性は、口を揃えてそう言いますが、それを鵜呑みにしては危険です。

かつて不倫をしていたという知人男性に話を聞いたところ、「実は妻にバレないように、逆に、回数が増えたり、優しくなったりする」とも言っていました。

「子はかすがい」というように、離婚へのかすかな期待を寄せていても、子供ができてしまえば、離婚する可能性はかなり低いと言えます。

あなたのことは可愛くても、実の子供にはかなわないのです。

奥さんと二人だけの夫婦、子供のいる家族、そして親を交えた大家族など、様々な家族形態がありますが、人数が増えるにしたがって、離婚率も低くなるのが現状です。

不倫相手が、何事もなかったように、幸せな家庭を築いていくのを見ながら、相手との決別をしなければいけない事になってしまいます。

婚期を逃す!

不倫により結婚できない相手との恋愛は、「婚期を逃がす」可能性があります。

20代〜30代前半の結婚適齢期といわれる世代は、同世代の男性がまだ社会的な立場を確立していないために頼りなく、仕事ができて金銭的に余裕のありそうな年上の男性に惹かれ、不倫関係に陥ることが多いと言われています。

適齢期になり幸せな家庭を築きたいからこそ、仕事や金銭面に魅力を備えた男性がステキに見えてしまう。

その自然な欲望が、不倫への道に誘い、逆に婚期を遠ざけてしまうということもあるんです

結婚できても、夫が信じられない!

不倫による後遺症で「結婚しても夫が信じられない」という思いに陥ります。

晴れて辛い不倫の恋を卒業し、幸せな結婚をした後でもあなたの心には後遺症が残っています。

それは、「男性不信」という名の傷。

結婚している男性が、外でどんな時に女性を口説き、どのように体の関係を持ち、どのように連絡を取り合うのかなど、すべてを知り尽くしてしまったあなたは、目の前のあなただけを愛してくれる夫を心の底から信じることができません。

「会社の飲み会で、部下と何か起こるのではないか」
「私がお風呂に入っている間に、こっそり連絡を取っているのではないか」

あなたがやってきた不倫のシーンを、目の前の夫と重ねてしまい、本当の幸せを感じられない体質になってしまうのです。

どんなに短期間の不倫関係だったとしても、あなたの心にはしっかりと傷はついているのです。

まとめ

不倫で後悔しない為に不倫のリスクと恐ろしい結末について紹介しましたが、いかがでしょうか?

恋愛は人それぞれで、不倫から幸せな生活を送ている人もいますが、それはほんの一部であることを理解しましょう。

大抵の人は、紹介したような恐ろしい事態になってる人が、ほとんどだと思います。

不倫は悪い事だと考えている人がほとんどで、それを知った上での行動だと思いますが、その場だけの気持ちで気軽な行動は避け、未来の事や周りへの影響など考えて行動するようにしましょう。

自分だけの気持ちだけを優先するするような行動はやめましょう


スポンサードリンク