「国際結婚したい!」と考えてる方に知って欲しいメリットとデメリットを紹介します。

国際結婚は、今では珍しくなくなりました。

国際結婚と言うと、古くは中国人妻・フィリピン人妻など若い外国人女性と日本人の男性が結婚するケースが多かったようです。

しかし、近年は欧州やドイツ・フランスといった様々な出身国の外国人男性と日本人女性のカップルの国際結婚の数は増えています。

しかし、国際結婚にはメリットもありますがさまざまな。デメリットも有る様です、

そこで今回は、「国際結婚したい!」と考えている人に国際結婚のメリットやデメリットなどを実際に国際結婚している人の声を紹介します。

また、それに加えて体験談をもとに外国人男性とどのようにして出会うのか、その出会いの場所についてもご紹介します。

Twitterやブログ等の体験談はもちろん、ブラジル人と国際結婚をした著者の知人にも気になるそのメリット・デメリットを聞いて詳しく調査していますので参考にしてみてください!

現在、外国人男性とお付き合いしている方はもちろん、将来外国人男性と国際結婚したいと考えている方も是非チェックしてみてくださいね



スポンサードリンク


国際結婚のメリット

国際結婚のメリットについて紹介します。

大変なこともある中で、「やっぱり国際結婚してよかった!」と感じている人の声をチェックしてみましょう。

国際結婚では主に「子育て」においてのメリットを感じている人が多いように見られました。

2つの国の文化や言語を楽しめる

国際結婚では、日本人同士では体験できない海外文化を体験でるメリットがあります。

日本人同士の結婚では体験できないような、外国の文化を楽しめるという意見も見られました。

2つの国の良いところをより実感できるというメリットがあるといえるでしょう。

日本語では表現できない気持ちを外国語で言えるようになった、など2つの国の文化や言葉をお互いに共有できれば素晴らしいですね。

結婚式では日本らしい和服に加えて、旦那さんの国の民族衣装などを着たという方もいます。

ハーフの子供が産める

国際結婚ではハーフの子供を生むことができます。

日本人女性はハーフの子供にあこがれを持っている人が多いんです。

日本で活躍するモデルや芸能人もハーフが多く、日本人離れした容姿や雰囲気はとても魅力的に感じられるよう。

見た目だけのメリットではなく、ハーフだと両親の言語を身に着けて「バイリンガル」になれる可能性もかなり高くなります。

子供に様々な文化を身に着けて欲しいから子供はハーフがイイという意見もありました。

日本人にはない魅力がある

外国人男性には「日本人にはない魅力がある!」と言うメリットがあります。

やはり文化の違いがあると、性格や考え方、行動や態度も変わってきます。

一番良い意見として多いのは「愛情表現がストレート」「日本人男性の様に偉そうにしない」といったものです。

もちろん国によってその特徴は様々ですが、「自国の男性にはない魅力」を結婚したメリットとして感じている方も多くいました。

国際結婚のデメリット

メリットがある一方で、やはり国際結婚ならではのデメリットもあります。

具体的にどんなことをデメリットとして感じているのか調査してみました。

言葉の壁がある

国際結婚の大きなデメリットとして言葉の違いがあります。

相手が日本語を学んでいたり、こちらが相手の母国語を学んでいて会話ができたとしても微妙なニュアンスなどを伝えるのが難しいこともあります。

特に喧嘩の時に感情的になるとうまく言葉が出てこなくて困る、といった声がありました。

また、言葉の壁のせいでお互いが勘違いをしてしまってトラブルになる…ということもあるでしょう。

里帰りが大変

国際結婚のデメリットとして里帰りや行き来が大変な点があります。

アジア圏ならそこまで不便を感じないかもしれませんが、お相手が遠い国の人だった場合、里帰りが大変です。

ブラジル人と結婚した知人は、年に1度だけですがブラジルにお子さんを連れて帰っています。

ブラジルへは片道約24時間以上かかるためスケジュールを立てるだけでも大変だとのこと。

また小さいお子さん連れでの飛行機の長時間移動は想像以上に大変で、到着しても観光なんてできないくらい疲れているとか…。

反対に自分が外国に住むことになると、なかなか日本には帰ってこれないことも考えられます。

自身や相手の仕事の都合や、家族の都合などをよく考えて結婚を検討しなければなりませんね。

文化的違いや価値観の違いでトラブルにも

国際結婚のデメリットとして文化の違いや価値観の違いでトラブルになることがあります。

育ってきた文化が違うというのは、考え方が根本的に違うということにもつながります。

考え方の違いを理解し合い、お互いに有意義な生活ができればいいのですが、一筋縄ではいかないこともあります。

価値観が違うというのはもちろん、生活のちょっとしたことでも日本ではありえないと思うようなことが当たり前で、長い時間一緒にいると苦痛になってしまうこともあるとか…。

国際結婚には文化の違いが合っても受け入れられる大きな器と度量が必要ですね。

国際結婚をするにはどうすれば?どこで外国人と出会うの?

国際結婚した人は相手とどこで出会ったのか調査し紹介します。

国際結婚をしたい!と考えている女性が一番気になるのは「どこで外国人の男性と出会うの?」という点だと思います。

実際に国際結婚をした人はどこで男性と出会っているのか調査してみました。

留学やワーキングホリデー

外国で男性を見つけるなら、やはり留学やワーキングホリデーがオススメです。

実際に国際結婚して海外移住する人の多くは語学留学やワーキングホリデーなどでお相手を見つけています。

ただし外国に行って相手を見つけたいと思うなら自分がしっかりとした語学力があり、コミュニケーションがとれる状態でなければ難しいでしょう。

外国人が多い街に住む

日本で外国人男性に出会いたいなら、外国人が多い町に住んだり、外国人がよく来るお店に出入りするという選択肢があります。

ただし、外国人が集まるバーやクラブでは「日本人にモテるから」という理由で遊び目的で訪れる外国人男性も多いとか。

「外国人だから」と簡単についていかないようにすることも頭に入れておいてくださいね。

SNSを利用する

ネットで出会って結婚に発展するカップルは近年増えつつあります。

日本国内のカップルだけではなく、SNSやインターネットが外国人男性と出会うきっかけになるというケースもあるようです。

日本文化に興味のある外国人男性の多くはFacebookやインスタグラムなどで個人アカウントを持っているケースも多く、コメントをしたのがきっかけで出会うということもあるようです。

ただしこの方法もバーやクラブなどで出会うケースと同様に、不用意に相手を信じすぎるのはNG。

実際に合うとなった場合は2人きりではなく、複数人で合うようにする、名前や職業などはちゃんと把握しておくといった基本的なことをチェックするようにしておきましょう。

まとめ

国際結婚のメリットやデメリットについて紹介しましたが、いかがですか?

国際結婚には様々なメリットもあり、憧れる方も多いでしょう。ですが文化の違う人とずっと一緒に過ごすというのは大変な部分も沢山あります。

「外国人だから」という理由ではなく、ちゃんとその人と一生一緒に居たいと思えるか、お互いが尊敬し合える関係になっているかということが重要です。これは外国人でも日本人でも同じこと。

日本人同士の夫婦では考えられないようなトラブルに遭うこともあるかもしれません。

ですが私の知る限りでは国際結婚をしている女性たちはとても幸せそうで、一様に「国際結婚してよかった」と言っています。

決してミーハーな気持ちではなく、本当にすてきな人と出会うことができれば、きっと素晴らしい結婚ができるはずですよ!


スポンサードリンク