誰もがドキッとするような「女性らしい人」ってステキですよね。

そのような女性には、一体どのような特徴があるのでしょうか?

今回は、容姿やしぐさ、話し方、などあらゆる視点から、「女性らしい人」の特徴を徹底リサーチしてみました!

女性らしい人には、いくつかの共通点があるようです♪

「女性らしい人」になりたいと思っている方、是非、チェックしてみてくださいね♪



スポンサードリンク


「女性らしさ」は3つの要素でできている

「女性らしさ」とはそもそもどのような事なのでしょうか?

「女らしさ」には基本的に、次の「3つの要素」があると考えられます。

女らしさの3要素
  • 清潔感
  • 柔らかさ
  • 母性


それぞについてチェックしていきましょう。

「女性らしさの要素【1】清潔感

女性らしさにおいて、まず大切なのが「清潔感」です。

不潔な雰囲気は、だらしなく、がさつな生活が垣間見えてしまい、女性らしさは感じられません。

中でも、清潔感が表われやすいポイントが次のような点です。

清潔感のポイント
  • 匂い
  • ヘアスタイル
  • 持ち物


このような点の清潔には特に気を配り、清潔感を保つこと大切です。

「女性らしさの要素【2】柔らかさ

思わず触れてみたくなるような「柔らかさ」も女性らしさの要素のひとつです。

ゴツゴツと骨ばった体や、厚くて硬い肌、荒々しい言葉などの「硬さ」は男性らしさを象徴しますよね。

一方で肌や服の素材、言葉などに宿る「柔らかさ」は、女性らしさを象徴します。

「女性らしさの要素【3】母性

母性は女性らしさになくてはならない要素のひとつです。

「相手への思いやり」や、「心の穏やかさ」、「芯の強さ」などです。

ふっとした瞬間に、それらが顔を出し、相手に母性を感じさせて、女性本来の「女性らしさ」が垣間見えるのです。

女性らしい人の特徴


それでは、女性らしさの要素「清潔感」、「柔らかさ」、「母性」の3点を踏まえ、具体的な特徴をみていきましょう♪

不快な体臭・口臭がしない!

不快な体臭や口臭がしないことは、【清潔感】 を感じる上でとても大切なポイントです。

女性らしさをイメージすると、つい「いい匂いがする」ということに意識が向きがちですが、大切なのは「不快な臭いがしないこと」です。

特に、体臭の少ない日本においては、強い香水をつけても、あまり清潔感は感じられません。

近頃では、優秀な消臭アイテムがたくさん発売されています。

体臭や口臭が気になる方は、次のようなアイテムを取り入れてみるとよいでしょう♪、

体臭・口臭を解消するアイテム
  • 頭皮の臭いを抑えてくれるシャンプー
  • ワキガや加齢臭をケアによいボディソープ
  • 口臭ケアをしてくれる歯みがきを

肌や髪にツヤがある!

肌や髪にツヤがあると【清潔感】と【柔らかさ】を感じられとても女性らしい印象を与えます。

肌の日焼け具合や、髪の長さは、実はあまり関係ありません。
色が黒くても、髪が短くても女性らしい人はたくさんいらっしゃいます♪

一方で、色が白くてもカサカサしていたり、髪が長くてもパサパサしているような、ツヤのない状態では、清潔感も柔らかさも感じられず、女性らしさは生まれないのです。

ここで、肌と髪のツヤを出す方法を以下にまとめておきますので、よかったら、参考にしてみてください♪

肌にツヤを出す方法

肌のツヤをよくするには、次のような方法が有効です。

肌にツヤを出すポイント
  • 肌を清潔に保ち、ニキビや吹き出物を作らないようにする
  • 水分と油分でしっかり保湿する
  • 添加物の多いインスタント食品やファーストフードは避け、バランスの良い食事を心がけ、肌のターンオーバーを正常にする
  • UVケアをして、シミや乾燥を防ぐ

髪にツヤを出す方法

髪のツヤをよくするには、以下のような方法が有効です。

髪にツヤを出すポイント
  • 髪は1日1回きれいに洗う(※洗い過ぎは、余計な皮脂を分泌させてしまうので注意しましょう)
  • 風量の多いドライヤーでしっかり乾かし、最後に冷風で仕上げる
  • 紫外線の多い季節は、帽子やスプレーなどで、UVケアをする

「先端」に意識が届いている!


毛先」や「手先」「足先」など、つい荒れがちな“先端”に気が配られていると「女らしさ」を感じるとことが出来ます。

次のような、あらゆる“先端”が整った状態は、【清潔感】と【柔らかさ】を感じること出来て女性らしさを感じられます。

先端に意識が届いてる例
  • 毛先がしっとり潤っている
  • 長すぎず、美しいネイルが施されている
  • ネイルはしていなくても、清潔に整えられている
  • 靴は丁寧に手入れされていている


次のように、先端に意識がない状態では、清潔感も、柔らかさも、母性も感じられません。

先端に意識が届いていない例
  • 毛先がパサパサして、枝毛がある
  • 爪が伸びすぎている
  • ネイルが剥げている
  • 爪の先が尖っている
  • 靴の先がボロボロ

しぐさに品がある!

品のあるしぐさは、【柔らかさ】や【母性】が感じられ、女性らしい印象を与えます。

次のような品のある姿勢や手の動きをすることによって、女性らしさを演出することができます。

品のあるしぐさの例
  • 柔らかく物に触れる
  • 佇まいや歩き方が美しい
  • 音を立てない


次のような品のないしぐさには、柔らかさや母性がなく、女性らしさを感じられません。

品のないしぐさの例
  • 物の扱いが雑
  • ガニ股歩き
  • 音を立てる
  • 手をバタバタさせる

品のあるしぐさの演出

品があるしぐさの演出方法について紹介します。

逆側の手を使う

次のような時、触れるものの近くの手でなく、逆側の手を使い、体と手がクロスさせると、女性らしいラインが際立ちます。

逆手を使う場面の例
  • ピアスに触れる
  • 髪をかき上げる
  • 電話を取る
中指と薬指を揃える

バレリーナのような指先のように、中指と薬指を揃えると、自然と人差し指と小指が上に上がり、しぐさが柔らかく品があるように見えます。

身の回りが整頓されている!

身の回りがキチンと整理されていると【清潔感】や【母性】が感じられ女性らしい印象を与えます。

身の回りの部分がごちゃごちゃしていると、がさつな生活が透けて見えるようで、女性らしさは感じられませんが、すっきりと整頓されていると、清潔感や母性が感じられ、女性らしい印象を与えます。

特に、次のような部分は、人目に付きやすいので、注意しましょう。

整理整頓の注意箇所
  • デスク回り
  • バックの中身
  • 財布の中身
  • パソコンのデスクトップ


ここで、身の回りの整頓術のちょっとしたコツをご紹介しますので、苦手な方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

物の定位置を決めて、使ったら毎回戻す

整頓が苦手な人の特徴として物を使った後、元に戻さないという癖が見られます。

【物の定位置を決めて、使ったあとは、毎回そこに戻す】という単純なことを繰り返すだけで、常に整頓された状態を作ることができます。

不要なものは処分する

既に不要になっているものを、たくさん抱えていると、身の回りがごちゃごちゃしてしまいます。

レシートや過去の書類、開封済みのメールなど、この先、使う機会がない物を溜め込む前にこまめに処分していくことが大切です。

聞き上手である!

聞き上手であることも女性らしさを表すひとつの要素です。

一方的に、自分の話ばかりしたり相手の話を全否定するような女性は自分勝手でわがままな女性だと思われてしまいます。

一方で、相手の話を上手に引き出したり、話している内容を優しく聞いてあげられる女性は、とても心が柔らかく、【母性】に溢れた印象を残します。

会話で女性らしさを表現したい場合は、この「聞く」というところを意識しておくことが大切です。

まとめ

「女性らしい人の特徴」について解説しましたが、いかがでしたか?

「清潔感」、「柔らかさ」、「母性」をポイントに、女性らしい6つの特徴をご紹介してまいりました。

容姿やしぐさ、心の在り方まで、女性らしさが現れる部分はたくさんあります。

これらを参考に、あなたも「女性らしい人」と呼ばれるような自分に、アップデートしてみませんか?


スポンサードリンク