浮気には兆候が表れます。旦那の浮気を疑うなら兆候をチェックしましょう。

20代から50代の主婦に対して行ったアンケートでは「もしかしてこれって浮気…?」と疑ったことがあるという方はなんと約7割もいると言われています。

一度気になってしまうと、もやもやした気持ちになってしまうもの。

疑っている気持ちのまま過ごすのも苦しいですよね。だからこそ、白黒はっきりつけておきたいと感じるでしょう。

ですが少し怪しいと感じたくらいで「浮気しているでしょ?!」と詰め寄るのはNG行為です。

何もしていない場合は相手に嫌な思いをさせてしまいますし、もし本当に浮気をしている場合は浮気を疑われていることが解ると証拠隠滅されてしまうなんてこともあるんです…。

そこで知っておいて欲しいのが、「浮気をしている兆候」について。問い詰める前に改めて旦那の行動をチェックして、本当に浮気をしているかどうかを考えてみましょう。

そこで、今回は、浮気の兆候について解説します。

旦那の浮気が気になる方は、是非、チェックしてみてください。



スポンサードリンク


浮気をしている旦那に見られる7つの兆候

浮気の兆候としてよく挙げられる7つの項目を見てみましょう。

携帯電話にロックがかかっている

携帯電話に急にロックを掛けるようになったら要注意です。

浮気を疑うきっかけとして多い行動の1つ。元々ロックをかけている人であればあまり怪しくありませんが、急にロックをかけはじめたのであれば少し怪しいと思ってしまいますよね。

また、今時は、ロックを掛けるのか常識なりつつありますが、暗証番号を教えてもらえない場合もなんらかの負い目があるかもしれません。

ただ、個人のプライベートを守ることが正義でると言われる昨今は、パスワードを無理に聞き出す行為は、トラブルの原因となるので注意も必要です。

隠れて携帯電話を長々と使っている

わざわざ外に出てまで電話しているというのはかなり怪しい兆候だと思われます。

もちろん、仕事などの電話の可能性もありますが、急に頻度が増えたら注意が必要かもしれません。

また、常に電話を手元に置くようになったり、常に電話を気にするようになったり携帯に固執する傾向が出たら要注意です。

飲み会!?での外出が増えた

浮気をしていると言い訳として「今日は飲み会だから」という回数が目に見えて多くなる傾向にあるようです。

本当に飲み会での外出が増えることもあると思いますが、明らかに以前に比べて以上に飲み会の回数が増えた場合は少し怪しいかもしれません。

イベントの日に家に居ない

誕生日、クリスマス、バレンタインなどイベントの日に家に居ないことが多いという場合は、もしかしたら外で浮気相手と会っているかもしれません。

仕事上イベントの日が忙しいという場合を除いて、こういった兆候が見られたら怪しいと言えるでしょう。

ただ、イベント日の当日以外でも、前後の日の外出や帰りが遅いのも注意が必要です。

イベント当日は家で過ごし安心させ、日をずらして浮気浮気相手に会うのは良くある話です。

残業が多くなった

浮気の口実になりやすいのが「残業で遅くなる」です。

浮気をしている人の多くは、仕事の後に浮気相手に会っていると言われています。

そのため帰りが遅くなりがち。その言い訳として「残業」を使う人も多くなります。

とあるアンケートでは、「残業と嘘をついてしていること」として「パチンコ」「趣味」「買い物」といった項目が挙げられましたが最も多かったのは「浮気」という結果になっていました。

それほど残業は浮気の言い訳としてよく使われているということです。

残業がしっかりと給与に加算される会社では、給与を確認すれば、残業の多さについては確認できますが、サービス産業が多い会社などは、実際に残業かは確認が難しいと言えます。

身なりに気を使い始めた

急に身なりに気を遣うようになった場合も浮気の兆候だと言えます。

普段から身だしなみに気を使っている旦那さんの場合は別ですが、今までは全く興味が無かったのに急に衣服に気を遣うようになったら注意が必要です。

自分でこだわって服を選び始めたり、下着を新調したがるようになったといったことが起きたら少し疑わしいかもしれません…。

用途が不明な出費が増えた

急にお金を使うようになり用途不明な出費が増えた場合も浮気の兆候かもしれません。

浮気をしていると食事代やホテル代などの出費がどうしても増えてしまうもの。ですが、妻には言えるはずもないので用途不明な出費が増えてしまいます。

お小遣い制の場合は「今月チョット足りない」と言われることが多くなることがあるかもしれません。

クレジットの使用頻度が増えたりすることもあるでしょう。

浮気の兆候があった場合の対処法

浮気の兆候がある場合の対処について説明します。

浮気の兆候があったからと言って必ずしも浮気をしているとは言えません。

兆候が見られた場合でも詰め寄ることはせず、本当に疑わしいかどうかを再確認してみることをオススメします。

浮気の兆候があった場合の対処法として4つの方法をご紹介します。

携帯の通知画面をチェックする

携帯電話の通知をチェックすることでSNS、メールなどの通知からなんらかの変化を知ることができます。

携帯をロックを解除するのは難しいですし、その場面を見られてしまうと相手に浮気を疑っていることがバレてしまいます。

そこで機会をうかがってメッセージが届いたことを知らせる通知画面をチェックしてみましょう。

通知画面はトップの画面で上部を下にスライドさせると出てきます。

メッセージをまだ確認していなければここにメッセージの内容が出てきます。

ロックを解除する必要もありませんし、LINEの場合は既読が付くこともありません。

会社の関係者に聞いてみる

会社関係の事柄は関係者にさりげなく聞いてみる。

「残業」「飲み会」を嘘をついている場合は、旦那さんと同じ会社の人にさりげなく聞いてみましょう。

残業だと嘘をついていたり、会社の飲み会だと嘘をついている場合は矛盾が出てきます。

例えば、飲み会が多くなった?と感じた場合は「仕事の飲み会」と言われた場合は仕事先の人に、「友人との飲み会」と言われた場合は友人に本当に飲み会だったかどうかをさりげなく聞いてみましょう。

聞く際には「最近残業が多いみたいで、大変ですね」「いつも主人が飲み会でお世話になってます」といったように浮気を疑っていることを悟られないように聞いてみることを心がけましょう。

共通の知人がいないという場合「今日(昨日)の飲み会どうだった?」と聞いてみてもいいかもしれません。

そこで具体的に「何食べたの?美味しかった?私も食べたいな」「そのお店何時くらいまでやってるの?」といったように浮気を疑っているのではなく、何気なく聞くのがポイントです。

そこでハッキリ言えなかったり、言っていることと事実が異なっている場合は浮気が疑わしいと言えそうです。

SNSでチェックする

SNSで旦那さんの周辺を探ることで怪しい関係を探ることができます。

旦那さんがSNSをしていないと言っていても、浮気相手だと疑わしい人をSNS上で見つけたり、中にはSNS上で架空の人になりすまして旦那さんに友達申請して探ってみたりするという方もいるようです。

意外に浮気が発覚する際のツールになることが多いのがSNSです。

兆候が見られる場合は旦那さんの周囲の方のSNSをチェックしてみるのもよいかもしれません。

レシートやクレジットカード明細をチェックする

用途不明の出費があるかどうかをチェックするためには、レシートやクレジットカードの明細をチェックしてみましょう。

財布をチェックするのが難しい場合は、車の中などを探してみてもいいかもしれません。

中にはレシートではなくホテルのポイントカードなど、浮気が確定するような証拠が見つかることもあるそうです。

クレジットカードの明細はチェックしやすいですが、名義が旦那さんの場合は無断で封筒を開けて確認すると法律違反になってしまう可能性があります。

あくまでも同意のうえで確認するようにしましょう。

「最近不正利用とかあるらしいからチェックしてみたら?」「できるだけ節約したいから明細を見せて」というように切り出して確認している方も多いようです。

もし隠したがったりしている場合は要注意です!

まとめ

旦那の浮気の兆候について紹介しましたが、いかでしょうか?

もし兆候があったり、疑わしいと思われることがあってもまずは落ちついて行動しましょう。

浮気していてもしていなくても、いきなり問い詰めることはよくありません。

浮気が発覚した後、やり直したいのか分かれたいのかによっても適切な行動は変わってきます。

まずはどんな兆候が出ているのか改めてチェックして、それが本当に疑わしいことなのかどうかを考えてみましょう。

兆候が複数見られても、実は全く浮気などしていなかったというケースも少なくはありません。

早とちりして問い詰めないよう、十分注意することが大切です。



スポンサードリンク