近頃、旦那にイライラしてしまうことありませんか?

結婚当初は何も気にならなかったことが、月日を重ねるに当たって目に余るようになり、徐々にイライラが募ってくる……。

こんな風に感じているのは、おそらくあなただけではありません。

多くの妻が感じていることなのです。

今回は、「浮気やDVなどの深刻な問題はないけれど、なぜか旦那にイライラする」という状況にフォーカスして旦那にイライラしてしまう原因や、イライラの解消法をご紹介していきます。

旦那への怒りが爆発して深い溝ができる前に、ぜひ参考にしてみてくださいね!



スポンサードリンク


旦那にイライラするポイント

どのような部分にイライラしてしまうのか考えてみましょう。

家事・育児へのイライラ

旦那へのイライラに対して一番多いのが、次のような家事や育児への協力体勢への不満です。

家事・育児へのイライラのポイントは次のようなものです。

家事・育児へのイライラのポイント例
  • 家事を手伝ってくれない
  • 家事のやり方が気に入らない
  • 育児を任せっきり
  • 子供に甘すぎる
  • 自分の趣味に没頭して家族サービスがない

妻としては「家事や育児は一緒に協力してやってほしい」というのが本音ですよね。共働きの夫婦であればなおさら。

しかし、育メンやイケダンなどがもてはやされる一方で、「家事や育児は女性がやるもの」というイメージが払拭されていないのが現代の家庭なのです。

生理的な部分へのイライラ

旦那への生理的な部分でイライラしてしまうこともありますよね。

生理的な部分へのイライラのポイントは次のようなものです。

生理的な部分へのイライラのポイント例
  • 臭い
  • 食べ方が汚い
  • トイレやお風呂の使い方が汚い



このように、恋愛当初はむしろ「男らしい」と感じていた部分が、そのまま生理的なイライラに変わってしまうことがあります。

これは相手の無意識な領域なので、注意してもなかなか変えてもらえない部分。

一度気になりだすとより嫌悪感が増して、悪化するとセックスレスに繋がってしまうので早めに対処しておきたいところです。

態度の変化へのイライラ

「結婚前はこんなんじゃなかったのに!」という態度への不満も、イライラに繋がります。

態度の変化へのイライラのポイントは次のようなものです。

態度の変化へのイライラのポイント例
  • 話を聞いてくれなくなった
  • 休みの日にグータラしていて、どこにも連れて行ってくれなくなった
  • セックスレスになってしまった



このように「女として大切にされていない」という感覚も、イライラの原因です。

心を満たしてくれない旦那さんに不満が募ってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れ

イライラは旦那さんに対してではなく実は、生理前や更年期などのホルモンバランス乱れが原因ということもあります。

普段は気にならなかった旦那さんの言動や体臭が、生理前や更年期でホルモンバランスが乱れたときに気になってしまうのです。

この女性特有の体調不良は、男性にはなかなか理解されないのが辛いところ。

1ヵ月を通して精神的な波の少ない男性に、苛立ちを覚えてしまうのです。

イライラの解消法

このような旦那へのイライラを解消する方法をご紹介していきます。

家事・育児に手を抜く

家事・育児に協力的ではない旦那にイライラしてしまうのは、あなたが日々まじめに一生懸命取り組んでいるからです。

それはとても素晴らしいこと!

まずはこれまで家事・育児をがんばってきた自分を褒めてあげましょう。

そして、次に家事・育児を、少しだけ手を抜いてみませんか?

1品だけスーパーのお惣菜にする

洗濯が溜まっても気にしない

もっと汚れてから掃除する

このように、自分が許せる範囲で少しだけ手を抜いてみるのです。実際、多少手を抜いても、家族は意外と気がつきません。

家事・育児を完璧にしたかったのは、実はあなた自身だったと気が付くかもしれません。

旦那さんは、家事・育児を完璧にこなしてくれることよりも、少し手を抜いてもいいからあなたに笑っていてほしいはず。

「私はこんなに頑張っているのに、あなたはなぜ手伝ってくれないの!?」

という感覚になる前に、頑張りすぎないことが大切です。

冷静に話し合う

もし旦那さんが理性的で話し合いに応じてくれるタイプの方であれば、とことん話し合うのもおすすめ。

なぜなら、あなたの中にイライラが溜まっていることを、旦那さんが全く気づいていないことが多いからです。

「生理前でイライラしているんだろう」程度にしか感じておらず、まさか自分の一挙手一投足にイライラしているとは思ってもみないのです。

そこで、気に入らない部分や子育てへの悩みなどを、「冷静に」伝えてみるのです。

話し合いに応じてくれないと感じるのは、あなたがいつも我慢して怒りが沸点に到達したときにだけ話を持ち掛けるから。

あえて、自分も冷静なときに話し合いの時間を設けて、こんな風に感じていると伝えましょう

怒りにまかせずに冷静に相談されれば、旦那さんも言動を改めてくれるかもしれません。

子供だと思って対処する

旦那さんを大きな子供だと思って接するのも、昔からよくいわれている解決法のひとつです。

「子供だから仕方ないか」とどこかで諦められて、むしろキュンとする愛らしい生き物にさえ見えてくるかもしれません。

実際、毎日仕事でバリバリ働き、社会で闘っている大人の男性でも、どこか無邪気な少年のような部分が消えないまま残っていることがあります。

それは年齢に関係なく、男性が持ち合わせているピュアな一面。

現実的な女性にはいまいちピンとこない部分ですが、理解してあげましょう。

これは生理的なイライラを抱えている方や、趣味に没頭して家族サービスをしてくれないことにイライラしているという方におすすめ。

仕事内容や年収、年齢に関係なく、「男性は大きな子供だ」と心得ましょう。

趣味をもつ

没頭できる趣味を持って、意識が家族から少しだけ離れる時間を作るのも手です。

「忙しくてなかなか趣味に使う時間なんてない!」という方も、なんとかその時間を捻出してみるのです。

おすすめは「朝」!

朝活というワードが数年前からブームとなりましたが、家族が起きてくる前の朝の時間帯はとても静かでやりたいことに没頭するのに最適な時間です。

ヨガや英会話を始める、海外ドラマを心行くまで観る、読書をするなど、あなたがやりたかったことにトライしてみませんか?

今ではインターネットで簡単が在宅での副業もできる時期なので、得意分野でおこずかい稼ぎをしてみるのもいいかもしれません。

その趣味の時間がものすごく楽しいのであれば、旦那さんに対するイライラも薄らぐでしょう。

「楽しい時間を過ごしたから、優しくしてあげようかな」
「趣味に時間を使いたいから、家事をパパッと済ませてしまおう」

といったように、停滞していたエネルギーが回り出すのです。

好きなことをしてキラキラしているあなたに、自然と優しく接してくれたり、大切にしてくれるようになるかもしれません。

小さな贅沢を

家計をやりくりしている妻にとってはなかなか勇気が出ないしれませんが、小さな贅沢をしてこまめにストレスを解消するのもおすすめ!

ちょっと高いスィーツを食べる、自分だけいいシャンプーを使うなど、家計に響かない程度の小さな贅沢をしてみるのです。

余裕がある方は、日帰りの一人旅や女子旅など、家族以外の人とプチ旅もいいでしょう。

「旦那さんが働いてくれているおかげで、こんな楽しい気分になれた」と感じることができ、新たなリスペクトを生み出してイライラが解消できますよ。

ただし、家計に響かない程度の範囲で行いましょうね♪

ホルモンバランスを整える

自分の体のホルモンバランスの乱れを整えることも、旦那へのイライラ解消を軽減させる解消法のひとつ。

ホルモンバランスの乱れは、不眠、食生活の乱れ、加齢などさまざまな原因で起こります。

夜更かしをしない、栄養バランスのよいものを3食食べるなど、生活を整えることが大切です。

また、PMSや更年期の症状があまり辛い時には、婦人科や漢方薬局などに相談してみるとよいでしょう。

心と体は繋がっているので、体調を整えるとイライラも減るという可能性があります。

まとめ

旦那へのイライラの原因と解消法について解説しましたが、いかがでしょうか?

イライラしてしまうのは、あなたがまじめに家族を愛している証拠とも言えます。

「いい妻でいなくちゃ」「母はこうあるべき」という理想をゆるめ、家事や育児の手抜きをしたり、贅沢したり趣味の時間を持って、もう少し自分を解放してあげましょう。

楽しく過ごし、心に余裕ができてくると、子供のような一面がある旦那さんが「可愛いな」「愛おしいな」と思えるようになるかもしれません♪

イライラを溜め込む前に、これらを参考に、こまめに解消してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク