ココアの効果は素晴らしいとよく聞きますが、どのような効果があるのでしょうか?

ココアは、やさしくて甘い味わいで、女性に人気のある飲み物です。

人気のココアですが、魅力はその美味しさだけに留まりません。

ココアには、あらゆる健康や美容に良い効果が沢山、潜んでいます。

そこで今回は、ココアの効果を徹底解説!合わせて効果的な飲み方もご紹介していきます。

うれしい効果がたっぷり含まれているココアで、ほっとリラックスしませんか?



スポンサードリンク


ココアとはどんな飲み物?

ココアはカカオ豆から作られる飲み物です。

ココアは、カカオ豆から作られる「カカオマス」からココアバターを搾った残りから作られます。

カカオマスとは、カカオ豆の胚乳を発酵、乾燥、焙煎 、磨砕したものです。カカオ豆の外皮と胚芽はこの工程で除去されます。

液体のものをカカオリカー、冷却・ 固化したものをカカオマスと呼びます。

ちなみに、チョコレートもこのカカオマスから作られていて、カカオマスにさらにココアバターを加えたものが純なチョコーレートとなります。

つまり、ココアとチョコレートは成分的には非常に近いものと言えます。


引用元:【原料は一緒!?】意外に知らない!<チョコレート>と<ココア>の違いとは?

ココアの効果

それではさっそく、ココアの効果をご紹介していきましょう。

カカオポリフェノールによる美肌効果

ココアには、女性にうれしい美肌効果が期待できます。

秘密はココアの主成分である「カカオポリフェノール」。

これはその名の通りポリフェノールの一種で、活性酸素を除去する働きが期待できます。

活性酸素とは、ストレス、紫外線、大気汚染などあらゆる理由で増える強力な酸素。

活性酸素が増えすぎると、正常な細胞を傷つけてしまう美容の大敵となり、シミやしわ増やして、肌老化を早めてしまう原因となります。

カカオポリフェノールは、この活性酸素の除去が期待できます。

肌トラブルを予防して、美しい肌をもたらしてくれるのです。

冷え性改善の効果

ココアには、多くの女性を悩ませる「体の冷え」を改善する効果も期待できます。

冬だけでなく、夏場もクーラーの中にいると手足が冷え切ってしまうという女性も少なくありませんよね。

そんな辛い体の冷えを改善してくれるのが、ココアのうれいし効果のひとつ。

そこには2つの成分が関わっています。

ひとつは、ココアに含まれる苦み成分「テオブロミン」。

テオブロミンは、毛細血管の血流を促進する効果があり、冷えを改善します。

そしてもうひとつは、カカオポリフェノール。血管を広げて血流を促進して、冷えを改善します。

ホットココアを飲んだ途端に、手足がポワンと温かくなった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?。

その即効性も、冷えやすい女性にうれしいポイントですね。

リラックス効果

ココアには心を癒しストレスを解消するリラックス効果が期待できます。

ココアが温めてくれるのは、体だけではありません。ストレスで凝り固まった「心」も温めてくれる作用もあります。

ココアに含まれているテオブロミンには、ストレスを軽減する働きがあります。

さらに、テオブロミンには神経伝達物質「セロトニン」の働きを強める作用もあります。

このセロトニンは“幸せホルモン”などとも呼ばれ、心に安らぎをもたらす成分です。

これらの効果により、ココアはストレスの軽減やうつ症状の改善に効果を発揮!ストレス社会の現代で頑張る女性の強い味方になってくれることでしょう♪

動脈硬化を予防

ココアには、動脈硬化を予防する効果も期待できます。

ココアに含まれるカカオポリフェノールが、LDLコレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防するのです。

動脈硬化は、心疾患や脳卒中などの生活習慣病に繋がる恐ろしい症状。

いつまでも健やかに過ごしていくために、動脈硬化を予防することはとても有効です。

便秘解消の効果

ココアには、女性に多い「便秘」を解消する効果も期待できます。

ココアに含まれる食物繊維が便秘解消をサポートしてくれます。

実に2人に1人の女性が便秘の症状を感じているといいます。

食物繊維は、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維に分類されますが、ココア含まれるのは、後者の不溶性食物繊維です。

「リグニン」と呼ばれる不溶性食物繊維が、便のかさを増し、腸の蠕動運動を促進する効果があります。

この便秘の解消効果をより高めたい場合は、朝の空腹時に飲むのがおすすめ。

朝はデトックスの時間帯。体の老廃物が便とともに排出されやすいタイミングなので、朝の空腹時に飲むことでより腸に刺激を与えることができます。

便秘は、肌荒れやイライラ、肥満をはじめ、あらゆる不調を引き起こす原因になります。

便秘でお悩みの方は、ココアの便秘解消効果を取り入れてみてはいかがでしょうか。

貧血改善の効果

ココアには、女性の悩みのひとつ「貧血」を改善する効果も期待できます。

女性は、月経により毎月血液を排出しているため、貧血になりやすいという特徴があるのです。

貧血にはいくつか原因がありますが、中でも大きな割合を占めるのが鉄分不足。

鉄分は、赤血球の中の「ヘモグロビン」の生成に欠かせない成分で、不足するとヘモグロビンが作られなくなってしまい、貧血を引き起こすことになります。

そこで鉄分が含まれているココアが、貧血の改善のサポートになるというわけです。

貧血は、だるさやめまい、肩こりなど、あらゆる不調を引き起こします。

貧血だと判断されていなくても、なんとなく体がだるい「隠れ貧血」の方も増加しているのが実状。

貧血を改善するには、レバーやかつお、ほうれん草や小松菜など鉄分の多い食材を中心に、バランスの良い食事が大切です。

しかし、忙しくて毎日自炊できないという方は、手軽に鉄分を補給できるココアのパワーも取り入れてみてはいかがでしょうか。

ピロリ菌に対する効果

ココアにはピロリ菌の殺菌効果が期待でるという研究もあります。

ココアに含まれる遊離脂肪酸「カカオFFA(Free Fatty Acid)」にはピロリ菌を殺菌する働きがあり、感染のリスクを下げることに繋がると言われています。

ピロリ菌は、胃の粘膜に感染すると炎症を引き起こし、感染が広がると慢性胃炎になります。また、ピロリ菌は胃がんの原因とも言われています。

ピロリ菌退治といえばヨーグルトの乳酸菌(LG21など)のが有名ですが、同じくココアにも同じような効果があるのは、あまり知られていない事実ではないでしょうか。

ココアには歯周病菌を始め多くの抗菌効果が知られています。
このレポートでは、ココアのHelicobacter pylori(以後、ピロリ菌と呼びます)に対する抗菌効果について説明します。
ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍に密接にかかわり、胃癌の危険因子としても認定されています。
2000年11月に「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」患者のピロリ菌除菌が保険適用になり、また、2013年2月には「慢性胃炎」でのピロリ菌除菌が保険適用に加えられました。身近な食品であるココアを飲むことで、胃の中のピロリ菌に対しても抗菌効果が期待されるのではと考えて、研究を開始しました。

日本人は、世界でも胃腸が弱い人種をいわれています。

ストレスが多い方、食べるのが大好きな方、ココアで強い胃腸を育んでみるのもよさそうです。

ココアの飲み方

ココアの効果的な飲み方について紹介します。

販売されているココアには、いろいろと種類がありますがココアの効果を高めたい場合には、「純ココア100%」の商品を選びましょう。

ミルクなどが配合されココアの純度が低い場合は、効果はやはり低下してしまいます。

しかし、純ココア100%は、成分が濃いので「飲みずらい」と感じる方も多いようです。

ただ、最近は「純ココア100%」以外にも、飲みやすいのにカカオの配合量を高めた商品も登場しているので、そちらを選んでも良いかもしれません。

純ココアの基本的な飲み方

純ココアの基本的な飲み方を紹介します。

純ココアは、ココアそのままなので、通常はそのままお湯を注いだだけでは飲めません。

いつも飲んでいるようなココアにする為には、少し調理する必要があります。

基本的な飲み方
  1. 小鍋に純ココア(5g)と砂糖(7g)、水(10mg)を入れます。
  2. 泡だて器で混ぜながら弱火で熱します。
  3. ペースト状になるまで良く練ります。
  4. そこに牛乳(120ml)を少しずつ混ぜながら入れます。
  5. 混ぜながら温め沸騰の直前になったら出来上がりです。

参考:純ココアの美味しい飲み方


アレンジして飲む

基本的なココアをアレンジすれば効果アップも期待できます。

ココアのアレンジ例を紹介するので参考にしてみてください。

砂糖は入れない

カロリーが気になる方は、砂糖を入れずにつくりましょう。
ココアとミルクのコクで、十分美味しいココアを作ることができます。

生姜を入れる

冷え性改善効果を高めたい場合は、すりおろし生姜やチューブの生姜を、ティースプーン1杯分加えてみましょう。

生姜にも冷え性改善効果があり、Wの作用で効果をアップします。

豆乳で作る

女性には牛乳を豆乳に変えるのもおすすめ。

豆乳には、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。更年期症状や生理不順の緩和のサポートとなるでしょう。

飲みすぎの注意

うれしい効果のあるココアですが、飲み過ぎは要注意!

飲み過ぎてカロリー過多になってしまったり、お腹がゆるくなることもあるので注意しましょう。

さらにカフェインも入っていますので、1日1~2杯程度に留めておきましょう。

まとめ

ココアの効果について解説しましたが、いかがでしょうか?

ホット一息つけて美味しいココア。

美味しさだけではなく、女性にうれしい効果がたくさん秘められています。

純ココアを使ったり、アレンジを加えるなどのひと工夫で、より効果を高めることができます。

心身ともに健やかであるために、日々の生活にココアの魔法を取り入れてみてはいかがでしょうか?。



スポンサードリンク